相互リンク先の更新情報!

【友達】ある日の帰り道④【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


どうも、このシリーズの投稿者です。

続きをば。

そんな不可解な夢の事もいつしか忘却の彼方へといった、手術から1週間経ったある日。自分は、小5からの知り合いの男子に「そっちはどんな様子だ?」とか、「教室の様子は?」などとメールを打った。その時ふと、ある感情がわいた。「Nに会いたいな・・・。どうしんてだろ・・・。」。別に変な思いはないのだが、なんとなく。まあ、そんなこともありながら治療の方も順調に進み、さらに1週間後、自分は無事に退院。翌週の月曜から学校に復帰。そして、その週の水曜日。ついに、英会話教室に復帰。Nと会うのを楽しみに。自分はそれまで通り教室に早くに行き、メンバーが来るのを待っていた。数分後、誰かが来た。教室の入口のドアが開く。入ってきたのは・・・、まさしくNだった。しかし、その様子に自分は内心動揺することになる。Nは、それまでのセミロング(?)ヘアから、ショートヘアに髪型を変えていてしかも制服姿で来たのだ。(大人っぽいな・・・)という主観的な感想は死んでも言えるはずもなく。

そのあと、教室ではつつがなく授業が進み、あっけなく終了。大した、Nとの会話も無く、その日は帰宅した。

それから学校の授業についていくのに必死になり、ちょっと疲れも出始めた1週間後。自分は習慣的に教室へいつも通りの時間に来た。普段通りに待っていると、Nが来た。ちなみに今日も制服である。そして、いつも通り授業は「ムードメーカ的存在の男子(not自分)」により楽しく進行し、終了。一足早く、帰宅していたその時。後ろから、誰かの走っている足音が。なんだと思っていると、それはNの足音だった。しかも、「Y(=投稿主)あるくの速~い。」とか言いながら、自分の横ほぼ0距離にピタリと並ぶ。まあ、この「時々一緒に帰る」事自体、今に始まった事じゃないので今更驚きやしないが。(そりゃ、初めての時は驚いたさ)そこから、他愛もない話で盛り上がった自分たちは、投稿主の家の前で「バイバイ」等とあいさつを交わし、別れた。

時々、ふと思うことがある。それは「Nはそばで見ていると、なんか惹かれるな(性格とか、笑顔とか・・・)」という事。長い間接してきた事で、Nがどんな人かが漠然とだがなんとなくわかった。しかし本当に、その人の事を理解するには大変な気力と時間がいると思う。そうやって、お互いを知ろうとし、ケンカもしながらも互いに対する愛を深め合っていこうとする関係を世の中では「恋愛」とか、もしくは「交際」という、言葉等で形容することがある。自分は、今までそういう「一部の人しかできない、特別な事」には無縁の生活を送ってきたため、その辺の事はよく知らないが、でも、お互いを大切に思い、知ろうとすることは、いかなることでも必要な事だと思う。

話が少しずれることを許してほしい。(というか大分ずれるが・・・)

Nが自分と、時々だが、一緒に帰ってくれるのは、「Yは少なくとも危ない人ではない」と思ってくれているからではないのかと思う(自意識過剰だなきっと・・・)。また、自分も「Nはいい人だし、明るくてなんか魅力的な女子」と思ってるので、別に一緒に帰ることぐらいどうってことはないのだ。

自分は、ここまで考えてある一つの気持ちを見つける。         ・「結局どんな事があっても自分は、Nの事が好き」だという事。この気持ちは、たぶん一生ものだと思う。この気持ちをその人に打ち明ける術は今はないが、機会があればしてみたいと思う。                        ===================今まで、このシリーズを読んでくださった方、本当にありがとうございました。ちぐはぐな文章で、毎回長文で(今回もです、はい・・・)何が言いたいのか分からない文章で、滔々(間違った等々だ・・・)ありますが何より完結できて歓喜雀躍の思いです。他のこれに類似した短編も書いて見たのでそちらもよろしければ、どうぞ。(文の構成が似ているのですぐわかると思いますが)それでは、またいつしか会う日まで。

                              さようなら!!(ちなみに、この物語及びストーリー、シリーズはすべてフィクションです。登場した投稿主の気持ち等々、アルファベット文字等々、

 シチュエーション等々も含めすべて架空の設定です。)


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】ある日の帰り道④【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ