相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】私の大切な人3【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


少しだけ書くつもりでしたが、書き始めるともっと話したくなります

大矢君とのことは誰にも言えないことなので、ここに書くとほっとします

私がどこの誰だなんてわかりませんよね。

だからここでいっぱい言わせて下さい。

大矢君とは10年の付き合いと言いましたが、その間欠かさずに交渉を持っています

大矢君には奥さんや男のお子さんが2人(中学生1年と3年)がいます。

今は私も大矢君と一緒に仕事をしているので、会ったことがあります。

私の主人は大矢君と一度会っています。お互いに挨拶しました。

大矢君と主人が挨拶して「家内がお世話になっています」と言うのを聞いて複雑でした

大矢君とは主人とはしたことがないようなこともいっぱいしています

私にとって夫はただの生活の道具でしかないのです。

身も心も大矢君だけしか受け入れていません。

この十年の間に結婚後3年間子供ができませんでしたが、2人の子供に恵まれました

もちろん大矢君の子供です。

大矢君とする時はいつもピルを飲んで中に思い切り出してもらっていますが




子供を作るときだけはピルを飲まずに意識的に妊娠しました

そういう日は、夫にお酒を飲まして、セックスします。

何回かセックスして厭ですが中に出させます、さも偶然妊娠したように装っています

私は大矢君の子供ならあと2人産んで、大矢君の奥さんよりもたくさん愛されたと思いたいのですが

甲斐性なしの夫の稼ぎでは十分な教育もできませんから、これ以上はあきらめました

最近、子供がおおきくなって大矢君の顔に似てきたような気がます

だから、最近は大矢君と夫を会わせないようにしています。

健康食品の販売店の中に入っているような感じなので、今は一人で販売していると言ってあります

でも、能力もないのに他人の子供の養育費を稼いでいる夫をみると哀れでもあります

一度、冗談半分で偽子作りセックスの時に脚で男性自身を踏みつけてやりました

彼は痛がる様子もなく私の足の裏を舐めはじめて、次第にヴァギナのほうに舌を這わせてきました

こんなやつにと思って、場所を代えてと風呂場に連れて行っておしっこをかけてやったら喜ぶような情けない男です

セックスの時にも酔っ払っていましたが、睡眠薬を飲ませてべろべろにして爆睡した後で大矢君を招き入れました

馬鹿な夫がいびきをかいて寝ている横でのセックスは最高でした

大矢君は私のアナルにも大きな男性自身を差し込んで私の名前を呼びます

隣に聞こえるくらいに大きな声で、千恵ちゃん、千恵ちゃんと呼んでくれます

中に出した後でアナルから男性自身を抜き出して、大いびきをかいている馬鹿な夫の口に差し込みました

夫は舌で押し出そうとしているようですが、ちょうどグランス?を舐めるようになって大矢君も感じているようでした

大矢君が感じているのを見ると腹がたってきて、私は彼のペニスを口いっぱいに頬張りました

大矢君は私にうつ伏せになった夫の下腹部にまくらを二つしいて私に夫をまたがせて、私のヴァギナを吸いました

そして、夫のアナルにローションをたっぷりつけたかと思ったら、一気にアナルにペニスを入れてピストンし始めました

私はそんな奴にそんあことするのは気持ち悪いというと、「千恵ちゃん、こいつのことをもっと嫌いになれ。

お前の初めての男は許せないんだ」と言って中に出したようです。

そういうことをしているうちに夫のことをいたぶることが当たり前のようになってきました。

最近は収入も良くなった(写真の投稿でも何万円かもらってます)ので、こっそり安アパートを借りました

昨日はお仕事が休みだったので大矢君が私の手足を縛って猿轡をし、脚はM字開脚状態で大きめの椅子に縛って出かけてしまいました。この時、ドアは閉めていますが、鍵はかけていません。しばらくすると帰ってきますが、彼以外の人だったらどうしよう心配な気持で彼のことを待っています。

もしかしたら、そういう気持ちがよけに大矢君が自分を救い出してくれる唯一の人と思わせるのかもしれません

その後で、アナルに大きなバイブを入れられて、口には彼のペニスを咥えた時にはこのまま死んでもいいと思うくらいです


告白体験談関連タグ

||||||||

【浮気・不倫】私の大切な人3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月7日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ