相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】ダイエット中に調教された妻 その2【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


風呂から上がると、先に上がっていた果帆が

ソファーのうえで携帯を持って、

ニヤつきながら、手招きして携帯の画面を差し出してきます。

早速、谷からメールのようです。



(果帆ちゃん、さっきはごちそうさま!美味しかったよ、

一人暮らしには家庭の温もりはヤバイね、

ウェアもすごく似合ってて可愛いかったよ、あとランニングシューズはいつ渡そうか?

もし良ければ、来週の水曜皇居走るから、近くで会って履いてそのまま一緒に走らない?)



ふーん、、んで何て返事するの?



「え!?それより可愛いだってよ、ふふふ、久しぶりに言われた」



はいはい




いいじゃん、職場近いんだし、行ってくれば?

俺もうしばらく仕事遅くて相手出来ないし



「・・・ていうか、妬かないの?可愛いとか言われてんのに」



それぐらいじゃ妬かないよ、まぁこれから妬かせる様な事してみてよ

(それぐらいで妬くことも有りますが、その時はH直後のいわゆる賢者モードだったので)



「うー、じゃあ行くかな」



それより果帆はあいつのことどうなの?



「谷くんって古くから知ってる同級生みたいだし、仲良くなっちゃうかもよ

それに、、あたしの事、あれなんでしょ?」



ああ、身体はどストライクだとよ

俺の嫁じゃなければ口説いてたって



「からだぁ?、身体限定?」



w怒るなよ

ほらあいつ濃い顔好きなんだよ、それも沖縄系の濃いの



「ねぇもし、あたしが谷くんと何か有ったとしても、嫌いにならないで

もっと妬いてくれるんだよね?」



うん



「・・・じゃあこれからOKって返事しちゃうね」



谷は俺に

果帆を誘った事も、OK貰った事も律儀にメールして来ていました。



そして約束の水曜の朝。

いつも朝は果帆が先に家を出るのでその日も玄関まで見送りました。

サブバックにはランニングウェア入れ、あとはいつもの仕事スタイルで出勤です。



「あ、今日、夕食は作れないから、よろしくね」



ん、頑張って走ってきてね、谷にもよろしく。

果帆のダイエット本格的にスタートです。





、2人がもう会って走っているであろう夜、

残業しながら、やはりソワソワして何回も携帯をチェックしてしまいました。

センター問い合わせも何回もしてしまいます。

一度、トイレに籠ってオナニーもしてしまいました。

会社のトイレでオナニーするなんてまさにNTR依存症ですね。



帰りの電車の中で、谷からのメールを受け取りました。



「俺さんお仕事お疲れ様です。今日は一周だけ流して来ました。

果帆ちゃんだいぶ頑張って走ってましたよ。

あとは柔軟しながら、話していましたが、

果帆ちゃん俺さんに大事にされていないと心配してました。

慰めて、、キスもさせて貰いました!!



・・って言ってもペットボトルの間接キッスでした

驚きました!?

でも次一緒に走れたらキスはいけそうです」





俺早速返信

おつかれ〜

報告ありがとうな

キス行ってくれても良かったのに



谷返信

いやぁ、行けるチャンスは有ったかもしれないんですが

なんか果帆ちゃんと話してたら、俺の事を好きになって欲しくなりまして笑

じっくり攻めてイイですか?

あ!あと

この前着替え見てたの果帆ちゃんに怒られましたよ〜

それは内緒にしといてくださいよ笑

でも怪我の功名で

その流れでおっぱい揉ませて貰いましたけどね

凄いいいもの持ってますね



俺返信

なぬ!!

わかったとりあえず

もう家に着くからまた後でメールする!

ありがとう



果帆は風呂上りのすっぴん笑顔で玄関で出迎えてくれた。

「おっかえりー」

汗と埃っぽい俺に抱きついてくる。

ベタベタしてくる果帆は珍しいので、

わかったわかった早く会話しようね、と交わして風呂に直行、行水で直ぐ上がると

脱衣場でバスタオルを持って満面笑顔で待ち伏せしている果帆に

身体を拭いてもらいながら、

やけにサービスイイじゃん、デートどうだったの?

と聞くと

「デートじゃなくてダイエットですよ、でも凄い楽しかったよん、今日だけで0.5kgも痩せたしw」



お、いいね、続けられそう?

「うん、来週も約束して来た、いいでしょ?」

うん、どう?谷のコーチングは?

「うん、身体硬いって怒られたぁ、柔軟一杯やらされたよ」



果帆は言いながら、俺の股間を摩ってくるが

ふにゃふにゃなままだ。



それだけ?俺が嫉妬する様な事は無かったの?

「んー好き、好き言われたよw、今度ドライブしようって言われたから彼女の許可取りなさいって言ったw」

「そしたら、普通の人は俺さんとは違いますよ!だってw」



ははは、それだけ?妬かないんだけどw



「もー・・・ボディータッチは凄かったよ、ストレッチの時は基本手繋いでるし」

それで?

「背中くっつけ合ったり、背中押されたり」

「あ、どさくさでちょっと胸も触られた」

(やっと白状したか)



俺が勃起したら、果帆も盛り上がってHの流れだったと思いますが、勃たなかったので

その後、晩酌してひと段落して谷にメールしました。



俺送信

今度走るコースとストレッチとかする場所教えておいてくれるか?

できたらこっそり覗きに行きたい!



翌日

谷返信

お疲れ様です。

おそらく丸の内側からスタートで、ストレッチするのもスタート付近の○○公園だと思います。

携帯持って走るので俺さん来るなら教えてください、更に頑張っちゃいますよ笑



と絵文字だらけでテンション高いメールが返って来た。



俺返信

ありがとう

なんか楽しくなって来たよ

ぜひ頑張ってみてくれwでも無理はしないでなw





本当に楽しみだった。

果帆が酒の場以外で男とイチャイチャする姿を見たことが無いし

アパレル会社の外から覗いた以来の興奮が味わえるかもしれない。

参照セクハラに堕ちた妻

それに、谷も果帆も俺の公認ということで

罪悪感というブレーキは掛からないから更に期待出来た。



そして当日、外出先から直帰して

予定よりかなり早く仕事を切り上げてしまったw

谷には、今日○○公園に行きます、先に園内に居ると思うから、来る直前で携帯鳴らして

と頼んであった。

虫除けスプレーを買ったり、時間を潰しながらひたすら待ち・・・



時計が21時を指す直前。

空メールが入った。

谷だ!



すっと立ち上がり

広場、小広場、ベンチなど2人組が居るか歩いてチェック

すると、入口門から2人が横並びで歩いて入ってきた。

果帆は長い巻き髪をポニーテールっぽくまとめていた。

全身ランニング時のスタイルになった果帆を見るのも初めてだったが

サマになっていた。



そのまま、段差を使ったストレッチなど始めたので、

果帆に気づかれないように会話が拾える距離まで接近する、俺は耳の中まで心臓がバックバック言っている。

やっと談話談笑が聞こえてきた。

果帆の方が一方通行で喋り、谷がそれに付き合ってる感じだ。

職場の事、ドラマの事、いつも夕食時に俺に話すような内容を話していて

急に果帆に悪い事したなぁ、話す相手欲しいよな、お前おしゃべりだもんな、と軽い罪悪感に囚われたが

それはそれとして、今は唾を飲みながら2人に注視した。



2人はどちらからともなく手を繋ぎ、お互いに脇下を伸ばすストレッチを始めた。

「ふぅーーー気持ちいーー」と果帆が言う。

谷は数をカウントしている。

次は背中合わせで谷の背中に乗る

「あははーー」と何故か果帆が高い声で笑う

次は谷が背中に乗ろうとするが、「ムリムリ〜」と笑って離れた。

もう俺は勃起していた。



次はコンクリート上に座ってのストレッチだ、

最初2人は向かい合って開脚し両手を引きあっていた。

「イタター」と果帆が言っている。

すると、谷が手を離して

「息を吐いて〜」といいながら

果帆の背中に回り、肩甲骨の当たりを押し始めた。

押しながら谷が周りをキョロキョロしている

どうやら俺を探しているようだ、

「果帆〜ほんと硬いな〜」

ん?呼び捨てになってる、一瞬違和感抱いたが、ま果帆と谷は同学年だしok

それより果帆が「やさしくしてーーー」とか媚びた声を出していた矢先。

「キャハハーーー」

と急な笑声と共に

谷が果帆に抱きついた。

シルエットしか見えないが多分胸を揉んでいるのは確実。

「ハッハハハーーもーーきゃー」

谷は離れない。

俺はスラックスの上からチンポを触ったら発射してしまう程ガチガチになっていた。



やっと谷が離れると

「もー、、今、来ると思ったぁ、隙あらば触ってくるね、だから身体目当ては困るw」



「身体目当てだったらとっくに食ってるってwでも果帆、俺の彼女になるなら、身体硬すぎ!胸柔いのにw」



「なーりーまーせーん、ダイエット終わるまでの付き合い〜」



客観的に見て完全にカップルに見える2人にどうしようもない疎外感

なのに勃起は収まらない、息も乱れ出してました。



ふと谷が立ち上がり果帆の手を取り

ベンチの方へ歩いてくる

俺が居る場所だと近過ぎるので少し離れた陰へ移動、勃起が痛い。

谷が先に大理石の腰掛けに座り、どうやら果帆にも座るよう言っているようだ。

俺が居る場所からは声まで聞き取れないがこれ以上近寄りようがないので様子だけ観察した。



谷は果帆を自分の右太ももに座るよう言っているようだ

2人は手を繋いだまま、笑いながら押し問答している様子。



時折

谷はくいくいと手を引っ張っていたが、手を離した。

そして会話をし始める2人



移動するのかと思っていたら

また谷の手が果帆に伸び、手を引くと、

ストンと

・・・果帆は谷の太ももに座ったのだ

そう、極めて従順に谷の太ももに腰掛ける果帆、



間も無く

2人は顔を近づけ

キスをし始めた、、期待し望んでいたことで有りながら眩暈がする。

エロいモノを見た興奮というよりか、いけないものを見てしまった感覚が大きい。

谷はキスだけでなく、左手で胸を強く揉んでいる。

キスも唇が離れる事がなく、かなり濃厚で情熱的なものが長い時間続く



果帆が谷の首に腕を回したところで

俺は興奮が最高潮でスラックスに手を伸ばすと、数回擦った途端に射精してしまいましたが

2人から目を離すことが出来ません、呼吸も苦しく、顔も熱い、特に耳が異常に熱い。



唇が離れては、何か話して、またキスをするの繰り返しで

30〜40分近く経った頃

ようやく2人は立ち上がり手を繋いだまま、公園を出て行きました。

俺は後から追いかけると曲がった所の

自動販売機前で2人が

ジュースを買っているところに危うく出くわしそうになりました。

そのまま、手を繋いで駅方面へ向かう姿は本物のカップルでした。



電車で一緒になってはマズイ気がしたので

少し時間を潰し、パンツ内の精子の処理に迷いながら帰りました。

帰宅すると、果帆がさっきの格好のまま

「あっおっかえりー・・これからお風呂なんだけど、一緒にはいろ!?」

果帆のいつも通りの笑顔はありがたかったですが

俺はパンツの処理もあったので

わかった、先に入っといてと言い

その間、パンツをゴミ箱に捨て、気持ちを奮い立たせてから風呂に入った。

いつも通りを心掛けて、

浴槽内の果帆の後ろに回り込んだ。

デートどうだった?



「ダイエットね、、、楽しかったよ、、

でももう皇居走るんじゃなくて、家の近く1人で走ろうかな、あとマイクロダイエット注文したし

それで食事制限もすればイイかなぁと思って」



そうなんだ、それ谷には言ったの?

(あんなに楽しそうだったのに、、女心はわからないなぁ)



「ううん、言ってない、

なんかね、谷くんと居て楽しいけど、あたしはあなたの奥さんだし

あなたは認めてくれてても、あなたの両親とか、自分の親とか浮かぶんだよね、」



そっか、そうなるのか、、

(どうやら谷と喧嘩した訳でもなさそうだ)



果帆が後ろに手を回して、俺のペニスを握ってくる

「ねぇねぇ、今日、なかよししよ?、先にベッドで待ってるから」



ん、わかった



風呂から上がると、谷からメールが入っていた。

「お疲れ様です。

唇ごちそうさまでした!

最初は遠慮してましたけど、途中から本気のチューしてくれましたよ。

俺さん見てくれましたよね?

ちなみに今日の事、果帆ちゃんと秘密にしようって約束したんですけど

守ってますかね?」



谷が調子付いてるのが若干鼻についたが

俺返信

とりあえずお疲れ様!

また明日メールするわ





ベッドルームにはタオルケットに包まった果帆が待っていた。

無言でタオルケットを分けて入って行く

最初から果帆の両足の間に顔を埋め

クリトリスを舐め、吸い、膣内に薬指を入れ上部をこする。

「はぁんん、んはぁー、○○ーイイー」と珍しく俺の下の名前で喘ぐ

そこからへそを舐め、おっぱいを舐め、乳首を舐め、首筋を舐めながら挿入。

「んああああぁぁぁ○○〜」と潤んだ目で俺を見つめ

両手でがっちり俺の顔を固定して

「ん、あのね、○○、今日ね、キスしちゃったのぉ!」

俺無言でピストン

「ごめん、だから、今日は○○のつば、いっぱいちょうだぁい」

俺は舌だけ出して、果帆に吸わせた、

その後、口を与えると果帆は媚びるように、俺の口内のあらゆるところを舌で掻き混ぜてくる。

ここまで興奮し乱れる果帆は珍しい、



俺も思わず溢れ出す言葉。



果帆、好きだ、愛してる。

「○○、愛してる」

俺の硬いだろ?今妬いてるからだよ

「うん、やばい、、気持ちいいぃぃ」

俺も最高に気持ち良いよ、これは谷のおかげでもあるんだよ

「うん」

でも果帆がやめたくなったらいつでもやめればいい

「うん、うん、わかった」

今日はこのままイッてもいいか?

「うん、ちょうだい、赤ちゃん作ろ」



、、、振り返ると子作りを始めたきっかけはこのsexでした。

熱いモノを果帆の中に大量に出したあとしばらく抱き合っていました。

NTR要素が無いと、心も身体も絡み合うsexが出来ないのも情けない男ですが

付き合って寄り添ってくれる果帆が愛おしくてたまりませんでした。



しかしこれでハッピーエンドとは行かないものです。

自分で撒いた種ですから仕方ないですが


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【寝取られ】ダイエット中に調教された妻 その2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ