相互リンク先の更新情報!

【友達】親友妹のK2と【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


38親友妹のK2と…削除依頼

投稿者:しげ ◆AU/OjWxByc 2009/10/21 14:51:38(TOFbZeou)

投稿削除



私は九州の一番田舎○賀県、K島市というところに住んでいる26歳なんですが、先日、中学の時からの大親友(A)の八歳下の妹めぐみちゃんK2と関係を持ってしまいました…

Aの家は、A、母、妹の三人家族で、母はスナック勤務で夜は間違いなく帰ってこないんです。

昔はAが家にいない時も、自宅に遊びに行けるぐらい馴染んでましたが、大学~福岡勤務で、久しく足を運んでなく、転勤になったついでに挨拶も兼ねて久しぶりに家に遊びに行きました。

久しぶりに母や、大きくなった妹メグミちゃんと再会しました。

昔は小学生だったメグミちゃんも、今はりっぱな女子○生で、少しムラッとした気持ちのまま、その日は家を後にしました…

後日、Aが付き合ってる彼女と北海道旅行に行って不在なことを知ってながらも、わざと母もいない夜を狙って遊びに行きました。

『おっ、メグミちゃん。Aいるかな?』っと、わざとらしく尋ねると体操服姿のメグミちゃんが、

『兄ちゃんは、旅行で何日か帰ってこないです…』と小声で、答えました。

メグミちゃんは、はっきり言って、可愛くない…かと言って…スタイルもぽっちゃりチビで良くない…。。肌もテニス部なので真っ黒…まあ、クラスでもよく居る地味組に属する娘だろうと思う。

しかし、そこはスケベな大人にとっては問題なし…若いというだけで性の対象なのだ!

『じゃあ、ちょっとトイレだけでも借りて行こうかな』と返事すると、『どうぞ』と一言だけ言って、いつも通り茶の間にてテレビを見てた。




トイレをする演技をして、茶の間に行って『久しぶりだね』とか『可愛くなったね』とか『彼氏は?』とか、どうでもいい話をしていた。

しかしながら、このムラムラと、立ちっぱなしのチンポさんが、どうにも言うことを聞かず『ねぇ…キスしない?』と言って、返事を聞かず半ば無理矢理な感じでキスをしたら、嫌がらなかった。

多分、日頃地味組なんで、男と会話することさえない自分がキスされてることに混乱してたのかなっと思う…。

三分ぐらいキスをして、そのまま一気に体操服上に手を入れブラに手をかけた。

抵抗なし!っちゅーか、どうしたら良いのかわかってないのだろう。

これはイケる!と核心して、ブラ越しにぽっちゃりの胸をムサボった。そして、上着を脱がせると、地味な真っ白なスポーツブラ…しかし、真っ黒な肌に真っ白なスポブラが、かなりエロ心をくすぐりこれまた、超興奮!

それから、10分程、胸を堪能し、いよいよメイン!

体操服の下に手をかける。

これには、メグミちゃんは少し抵抗したが、弱い力であり、楽々脱がすことができた。すると、上下揃いの地味な白いパンツ…これまた黒い太ももに白いパンツはかなり興奮もので、パンツフェチな自分は、脱がすことなく、ブラパンツ共着けたままかなり長時間愛撫した…その間もメグミちゃんはどうしていいか分からず、私がすることをジックリ見ながら『はぁ…はぁ…うっ…』と言ってるだけだった。しかしながら、手マンした時に、凄まじい匂いに気が付いた…やばい…今まで経験してきた中で断トツ一番臭かった…。ちなみにマン毛は濃くもなく、薄くもなく普通ぐらい。愛撫も、もう充分だろうという約一時間後時、もうチンはMAX勃起状態!



…省略されました。全部表示する

私は九州の一番田舎○賀県、K島市というところに住んでいる26歳なんですが、先日、中学の時からの大親友(A)の八歳下の妹めぐみちゃんK2と関係を持ってしまいました…

Aの家は、A、母、妹の三人家族で、母はスナック勤務で夜は間違いなく帰ってこないんです。

昔はAが家にいない時も、自宅に遊びに行けるぐらい馴染んでましたが、大学~福岡勤務で、久しく足を運んでなく、転勤になったついでに挨拶も兼ねて久しぶりに家に遊びに行きました。

久しぶりに母や、大きくなった妹メグミちゃんと再会しました。

昔は小学生だったメグミちゃんも、今はりっぱな女子○生で、少しムラッとした気持ちのまま、その日は家を後にしました…

後日、Aが付き合ってる彼女と北海道旅行に行って不在なことを知ってながらも、わざと母もいない夜を狙って遊びに行きました。

『おっ、メグミちゃん。Aいるかな?』っと、わざとらしく尋ねると体操服姿のメグミちゃんが、

『兄ちゃんは、旅行で何日か帰ってこないです…』と小声で、答えました。

メグミちゃんは、はっきり言って、可愛くない…かと言って…スタイルもぽっちゃりチビで良くない…。。肌もテニス部なので真っ黒…まあ、クラスでもよく居る地味組に属する娘だろうと思う。

しかし、そこはスケベな大人にとっては問題なし…若いというだけで性の対象なのだ!

『じゃあ、ちょっとトイレだけでも借りて行こうかな』と返事すると、『どうぞ』と一言だけ言って、いつも通り茶の間にてテレビを見てた。

トイレをする演技をして、茶の間に行って『久しぶりだね』とか『可愛くなったね』とか『彼氏は?』とか、どうでもいい話をしていた。

しかしながら、このムラムラと、立ちっぱなしのチンポさんが、どうにも言うことを聞かず『ねぇ…キスしない?』と言って、返事を聞かず半ば無理矢理な感じでキスをしたら、嫌がらなかった。

多分、日頃地味組なんで、男と会話することさえない自分がキスされてることに混乱してたのかなっと思う…。

三分ぐらいキスをして、そのまま一気に体操服上に手を入れブラに手をかけた。

抵抗なし!っちゅーか、どうしたら良いのかわかってないのだろう。

これはイケる!と核心して、ブラ越しにぽっちゃりの胸をムサボった。そして、上着を脱がせると、地味な真っ白なスポーツブラ…しかし、真っ黒な肌に真っ白なスポブラが、かなりエロ心をくすぐりこれまた、超興奮!

それから、10分程、胸を堪能し、いよいよメイン!

体操服の下に手をかける。

これには、メグミちゃんは少し抵抗したが、弱い力であり、楽々脱がすことができた。すると、上下揃いの地味な白いパンツ…これまた黒い太ももに白いパンツはかなり興奮もので、パンツフェチな自分は、脱がすことなく、ブラパンツ共着けたままかなり長時間愛撫した…その間もメグミちゃんはどうしていいか分からず、私がすることをジックリ見ながら『はぁ…はぁ…うっ…』と言ってるだけだった。しかしながら、手マンした時に、凄まじい匂いに気が付いた…やばい…今まで経験してきた中で断トツ一番臭かった…。ちなみにマン毛は濃くもなく、薄くもなく普通ぐらい。愛撫も、もう充分だろうという約一時間後時、もうチンはMAX勃起状態!

フェラしてほしかったが、無理かなぁっと思いフェラを諦め、パンツ履かせたままずらしてそのまま挿入…

やばいほどの締め付けと、不細工な顔が苦痛に歪んでる表情、また真っ黒な肌に白い下着姿にかなり興奮し、5分程正常位でキスしながら腰振ってたらあえなく発射…

かなり大量に射精した…

真っ黒な肌に真っ白な精子という、この状況にも興奮した…。

一戦終えたあと

『ゴメン』と言うと、いきなり『気持ちよかった…』との返答!

えっ…とビックリしてると、同級生に彼氏がいて(こちらもかなりの地味組オタクな彼氏)、かなり性欲が強く週に3回はセックスしてるとのこと…

正直かなりビビりましたが、これは良いセフレが出来たと喜んでます。

その後も大体、1月に一度はセックスしてます…

後から気付いたけど、地味と思ってましたが、かなり変態でした…(笑)

他にも衝撃プレーがありますので、読みたい方がいらっしゃいましたら、コメントしといて下さい。。。



なんか、信じられない様な話だけど全部実話なんです…(泣)


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【友達】親友妹のK2と【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ