相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】露出癖 3【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


ミチを初めてここへ連れて来たのは彼女が10歳の時だった。

大冒険だった。

二人だけできたのだから。

やはり夏だった。

列車に乗り窓の外を見ているとミチが囁いた。

「短くないかな?」

しきりにスカートの裾を気にしている。

もうすぐ降りるのだ。

スカートが短いのは上の方で穿いてるからだ。

下着は着て無い。

僕も。

駅には祖母が来ていた。

この人は何時も着物だ。

駅前の店で昼を食べさせて貰い買い物して帰った。

荷物を部屋に置くと早速泳ぎに行く。




フルチンだ。

ミチも素っ裸で着いて来る。

夕方帰り風呂に入る。

二人一緒だ。

僕は薄毛が生えていた。

そいつを剃る。

ミチはツルツルだった。

この風呂は母屋と離れていた。

なので裸で母屋に戻る。

夕食後祖母が浴衣を出してきてミチに着せた。

続いて僕にも。

下着は無だ。

3日後祭りがあるのだ。

ミチが祖母に聞いた。

「パンツはいいの?」

「良いんだよ・・。」

祖母は着物を捲った。

何も穿いてない。

僕が浴衣を脱ぐとミチも脱いだ。

僕達は部屋に戻り宿題をした。

ミチに言った。

「ミチここでは裸でいろ・・。」

「分った!」

次の日から朝宿題し泳いで昼の後また泳いだ。

祭りの夜。

三人で出かけた。

浴衣は直されミニになった。

僕は甚平。

見て歩くうちにミチが金魚すくいをしたいと言う。

取れないとくやし泣きした。

僕もやったが駄目だった。

回りを見ると小学生やもっと幼い子が見ている。

ほとんどが素っ裸。

ミチも脱ぎもう一度やると言う。

今度は取れた。



次の日。

僕とミチは裏山に行くことにした。

水筒と菓子だけ持った。

頂上まで一時間。

もちろん裸で歩く。

すぐ汗が出てきた。

頂上には小さな祠がある。

僕はミチに言った。

「また来ような・・。」

ミチは頷いた。

僕達の滞在は一カ月に及んだ。

裏山へは何度か登った。

初めてキスしたのも裏山だ。

街へ行ってみようと誘って見た。

二日後祖母の許しを貰い出かけた。

僕は半ズボン。

上は裸。

ミチはノースリーブのシャツとスカート。

バスに乗り街へ。

ミチはバスの車内でシャツを脱いだ。

胸は平だ。

髪も短いので少年のようだ。

続いてスカートも取った。

生まれたままの姿になった。

平然と窓の外を見ている。

街へ行くと決まってミチが言った。

「ハダカがイイ!」

ミチは解放感の虜になっていたのだ。

バスが着いた。

ミチは降りて行く。

回りは何も言わない。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【人妻・熟女】露出癖 3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ