相互リンク先の更新情報!

【友達】友人の母【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


僕は25歳。友人の母46歳(香織さん)。旦那さんとは40歳の頃に離婚したそうです。友人は学生の頃からおとなし目で、あまり友達がいませんでした。僕は比較的友達は多かったほうです。4年ほど前、友人の家で遊んでいるときに初めて香織さんを見て、美人系の顔で年齢より若く見える人でした。友人はほとんど家に友達を連れてくることがなかったらしく、香織さんはとても喜んでくれて、昼ご飯をご馳走してくれました。度々お菓子などを持って部屋に入ってきて、一緒に世間話をしたりしました。気づけば夕方6時頃になっていたので帰ることを告げると、夕御飯も食べていってとまたご馳走になりました。時間はあっという間に過ぎて、夜10時になっていました。僕は朝方に帰ることは珍しくなかったため、親は特に心配するほどではありませんでした。さすがに友人の家とはいえ、これ以上居座ることは迷惑だと思い、帰ることを告げました。しかし、今度は泊まっていきなさいと言われ、僕の家にわざわざ電話をして泊まることを伝えてくれました。その時は、よっぽど友達が家に来たことが嬉しいんだなと思い、泊まることにしました。夜も12時になって眠たくなり、友人と一緒に部屋に戻り適当に寝そべって眠りにつきました。ものの5分で友人は熟睡に入っていました。しばらくして部屋のドアが開いたのが分かり上体を起こすと、香織さんが小さな声で、まだ起きてる?と聞いてきました。僕が、はい!と答えると、こっちに来てちょうだいと言ってきたので、リビングに案内されました。いろいろ話をしましたが、結論はこれからも友達でいてちょうだいねとの話でした。話は終わったと思い、部屋に戻ろうと立ち上がったとき、香織さんが僕の腕を掴み、彼女さんはいるの?と聞いてきました。僕は彼女と別れて半年ほどたつと答えました。香織さんは、離婚して以降は男性との付き合いがないことを告げてきて、恥ずかしそうに性欲が溜まっていることを話してきました。そういう話がでてくることは予想もしていなかったので、正直ビックリしました。香織さんは、僕の側に密着してきて、腕や体をまんべんなく触ってきました。そのときの香織さんの格好は、膝くらいのスカートを履いていて、香織さんが動く度にスカートが上がって太股が見えたりパンティーが見えそうになりました。僕は既に勃起していました。僕の目を見つめながら、小声でおばさんだけど私とSEXしてちょうだいと言ってきました。僕はその色っぽさに我慢できなくなり、むさぼるように胸やお尻を触りました。途中で香織さんの寝室に連れていかれ、また胸やお尻を触り続け、乱暴にキスや舌を入れまくりました。香織さんはものすごく色っぽい声を出し、もっと乱暴にしてと言ってきました。既にたまらなくなっていた感情が更に高まっていくのが分かりました。勃起したチンポをいやらしく触ったり、強く掴んでシコシコしたり、もうたまりませんでした。まるで犯してるように香織さんのマ○コに出し入れし、僕と香織さんのいやらしい液でビショ濡れ状態でした。香織さんは中に出していいのよ。もっと激しく突いて!もっと!もっと!を連発しとても淫らでした。結局、その日だけで、3回SEXを楽しみました。友人は朝まで熟睡して全く気づいてしませんでした。それからというもの、僕と香織さんは時々連絡を取り合い、飽きることなくSEXを楽しんでいます。年齢を重ねるごとに色気を感じていて、オナニーするときも香織さんを想像しています。


告白体験談関連タグ

|||

【友達】友人の母【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ