相互リンク先の更新情報!

【友達】お尻にハマってしまった俺【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


半年前の話になります。

私は、1人平日のポルノ映画館へ向かいました。

平日だけあってガラガラだったので、人が居なそうな後ろの端の方へ座り

エッチな映画を見ていました。

映画が始まって間もなく、薄汚れた服装の中年男性が入って来てキョロキョロした

と思うと、私の方へ向かって来ました。

おじさんは、3席隣に座るとジッと映画を見始めたんです。

何だか気になりましたが、私もおじさんの方を見ない様にして、映画の続きを見ていました。

男と女が抱き合い乱れるシーンになると、おじさんがズボンファスナを開け中から、

チンポを出しシコシコと手で摩り出したんです。

余りのチンポの大きさに思わず見とれると、おじさんが近寄って来て”大きいか”と言うと

私のお尻辺りを擦って来ました。

驚きのあまり声を失っていると、おじさんが今度は体を触りだし”色白な綺麗な肌だ!”と言うんです。

変な気分でした。何だか怖くて抵抗も出来ないまま、おじさんに触られていると、おじさんが私の頭を

押え自分の股間へ当てて来ました。




余りに突然で、不意を突かれた感じで、私はおじさんが剥き出しにしているチンポに顔が辺り

ました。おじさんの力も強く、遂にはチンポを口の中に入れられました。

何とも言えない感触と、ツンっと来る匂いに吐きそうでした。

頭をグイグイ動かされている内に、何故か股間がムクムク大きくなってしまい、頭の中が真っ白。

今度は、おじさんが私のズボンのベルトを外すと、ズボンを下げられお尻を摩ったと思うと

”変態だな!みんなに教えてあげようか!”と脅してくるんです。

思わず首を横に振ると”じゃ、大人しく俺の言う事を聞いてろ”と言われ、首を縦に動かしました。

おじさんは、お尻の穴の辺りをゆっくり撫でほぐすと、ゆっくり指を入れて来ました。

変な異物感に何だか漏れそうな感覚、でも少しずつ動かされる内に、股間はMAXに膨れ上がり

我慢汁まで出る始末。指は1本から2本になり、でも痛みはありませんでした。

間もなく、おじさんのチンポから大量の精液が口の中に放出され、私は呑み込まされたんです。

男の精子など口にした事はありません。(誰でもそうでしょうけど・・・)

吐きそうになりながら、私はおじさんに連れられトイレへ向かいました。

水で口を注ぐと、おじさんに大の方へ連れ込まれズボンも下げられると、後ろからお尻にチンポを入れられ

中で出されました。出し終えると、”また、来たら入れてやる”と言い残しおじさんは出て行きました。暫く茫然とトイレで休み、ムズムズするお尻を押えながら、帰りました。

その日から、お尻に目覚めオナニーはいつもお尻に指を入れたり、異物を入れています。

男が好きな訳では無いのですが、これまで味わった事が無い興奮と気持ち良さが忘れられず、

映画館に足を運んでしまうんです。

一番後ろの席で待つおじさんの隣に座ると、直ぐに大きくなったチンポを咥えます。

おじさんは、そんな私のお尻に指を入れグイグイ刺激して来ます。

2人が最高に興奮した所で、トイレに行きおじさんのチンポをお尻で受け止めます。こんな生活が半年!

おじさんが最近、変な事言い出しています。

”今度、家へ来ないか?部屋でゆっくり可愛がってやる!外でもやりたいな!お前を縛ってみたいんだ”

どうしていいのか?変な世界へ連れて行かれそうで怖い気持ちと、試てみたいと言う興奮が入り交じり

今日も、映画館へ向かう予定です。


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】お尻にハマってしまった俺【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ