相互リンク先の更新情報!

【友達】〇メセクにハマった女達【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


N子と私は三日と空けずSEXするようになりました。オマンコの奥でイクN子にとって、オナニーだけの毎日は辛かったとの事。半年ぶりに味わった私のチンポでのアクメに、忽ち虜になってしまいました。

N子は離婚後は実家で暮らしていました。

会うときは事前にメールで指図します。買い与えたピンヒールを履き、太ももの上までスリットの入ったタイトスカート。

黒のガードルにストッキング、もちろんパンティなどは穿かせません。上は薄手の白のブラウスでノーブラです。恥ずかしい部分は、恥丘の上部に少しだけ毛を残したほとんどパイパン。逆に腋毛は伸ばさせています。

実家の前まで車で迎えに行くとN子にメール。近所の目が気になるみたいで、素早く車に乗り込みます。少し車を移動し人通りの少ない場所でチェックをします。

〝タイトを捲り上げ股を広げな!”ハイ・・・

もうN子は私の(チンポの)言いなりです。ダッシュボードに大きく広げた両足を乗せ、スカートをお尻まで捲り上げます。自分でオマンコを広げ〝如何ですか?”と聞きます。スリムな割には濡れやすいN子・・・。

オマンコの下部からアナルに掛けて、透明な液体がヌラヌラと光っています。はじめの内は控えめの化粧をしていたN子。今では私と会うときは、別人と見紛うほどの濃い化粧をさせています。

スリムで上品な顔立ちのN子には、少し下品なくらいの濃い目の化粧が似合います。年こそ30を過ぎていますが、まるでクラビアから飛び出てきたモデル。

そんな女が卑猥な服装で、オマンコをヌラヌラ光らせているのですから最高です。

私はN子のオマンコに口を付け、愛液を啜ってやります。

N子の愛液は粘度が低く量が多い・・・。軽く唇を当て吸うと〝ズズッ・・・”と音を立て口に中に薄い塩味が広がります。〝ああっ・・・”私は啜り上げたN子の愛液を、口移しでN子に味あわせてやります。N子と舌を絡ませると、N子の愛液が潤滑剤になり、お互いの舌先がヌルヌルと絡まり合います。

私がN子のオマンコに指を当てると、二本の指を簡単に呑み込んで行きます。アン・・・んんんっ・・・。そのままGスポを擦ってやると、N子は私の首ににしがみ付き、〝ああっ・・・イッ・・・感じますぅ・・・”指を少し上に向け奥まで抉ってやります。子宮頚部を通り過ぎ、N子の好きな奥の突き当りを指先でたたいてやります。はああっっっ…アン、アン、アン、あっ・・・っ、あっ!”私の指の動きに合わせ、N子の腰が前後にうねり出します。そのまま奥をたたいてやると、入口が締ってきました。

まるで、オマンコが私の指を食い締めて行くみたいです。同時に本気汁が溢れてきて、どんどん滑りが良くなって行きます。指の動きのピッチを早くしていきます。

N子はシートから腰を浮かせ、より感じようと当たる位置を調整しています。




あっ、あっ、あっ、あっ・・・イク・・・イクっ・・・オマンコいっちゃゥ、イッくぅ・・・・!”私のの首にしがみつき、アクメの絶叫を上げながら果てるN子・・・。腰は別人みたいにビックン、ビックン!と痙攣させています。

痙攣と合わせてビュッ!ビユッ!と潮を噴きながらのアクメ・・・。

助手席のダッシュボードに降りかかるN子のアクメ潮・・・。

少しして落ち着いたN子に、私はカプセルとペットの水を渡しました。

〝先に飲んどきな!”ハイ・・・。N子は嬉しそうに微笑み、カプセルを含むと飲み込みました。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【友達】〇メセクにハマった女達【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ