相互リンク先の更新情報!

【友達】釜山出張【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


先月取引先の韓国の現場視察のため韓国釜山へ上司と行き、初日の視察を終え、上司はなんとかホテルのカジノに行き、俺は向こうの社長の付き人の人とカラオケに行く事になった。室内はコの字型にソファーが置かれ真ん中にテーブルであった。お互い通じてるのか解らないが片言の英語でジェッシャーで話をして28歳ながらテレサテンなどを歌い付き人キムさんは1人熱唱。わけもわからず身体を揺すって聞いていた。そのうち歳にして40位の女性が部屋に付き酒や果物の切り盛りを始め、俺の隣に付いた。勿論日本語は通じず、訳の解らない時間が過ぎた。時間の経過と共に隣にいる女性の左手が内ももをさすりはじめてきた。酔っていたせいか日本の飲み屋のネーチャンのスキンシップ位に考えていた。トイレに行きたいと言うと腕を持ってトイレに連れていってくれ、部屋に戻った時にキムさんは熱唱していた。向かいにキムさんこっちに俺と女性と配置だったがトイレ後は席を移動しコの各辺に座ると何故か女性が又隣に来た。言葉が通じないのでどうしようもなくとにかく肩に手を回すと確実にチンコをさすってきた。微妙なタッチで勃起し、着ていたコートで肩から下を隠して脇の下から乳をまさぐった。キムさんはそこにいて唄ってる。こっちは完璧エロモード。自らチャックを下げると生でシゴイテき始め口をチュッの形にするとキスをしてき、舌を絡めてきた。キムさんの酒を作り立ちあがり座るときにミニをたくしあげ尻の下に手を回しストッキング越しにマンコに指を絡めてさするとシコシコのスピードがあがり、口でフェラのジェッシャーをしてみるとためらいもなくくわえてくれた。何事もないようにキムさんの唄を聞いていたが、余りにも不自然なコートの上下運動にキムさんも見てみぬ振りをしてくれた。ストッキングに手を入れてパンティーの中に、申し出にびちゃびちゃに。指を入れてかき回すと、指がトロトロになるのが感じる位だった。このまま入れずにいってしまうのか、流石にキムさんがいては入れられない。チンコから顔を離し、ソファーの手前に座らせ方膝を上げでクリと穴を行き来させると唇を噛み、腕を握りしめてきた。その時キムさんが片言でトイレといい不気味な笑顔と右手をあげ部屋をでると、女性は自ら片足ストとパンを脱ぎ俺はズボンを下ろし一気にいれた。首に手を回し腰を振り続け、イキそうになったので身体を離そうとすると首から手を離さないので中でだすとおてふきをパンに挟めていなく


告白体験談関連タグ

||||

【友達】釜山出張【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ