相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】ナイロントリコットパンティのクロッチに【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


私は43歳のごく平凡なサラリーマン。妻は1つ年上44歳の何処にでもいるタイプの専業主婦です。最近、様子がおかしいなあと思ったら浮気していたんです。中学一年の男の子が一人います。

浮気がわかったのは近所のお婆さんから「奥さん、駅で会ったけど挨拶しようと思ったけどご主人じゃなかったからやめたわ」「えっ!どういう事ですか」「50歳くらいの男の人と腕組んであるいていたからあなたばかりと思ったけど…。気をつけた方が良いわよ。あら、余計なこと言ったかしら」と言って立ち去って行った。

暫くぼんやりとして信じられない……

まさか……

ヘェ……

と言う感じだった。平凡で派手な感じはなくただ、何となく様子がおかしかったのは確かです。

何となく結婚して20年近く経つとわかるんです。空気みたいなものだとよく言いますが、臭うんです。問い詰めても白状するわけありません。

興信所もあたりたいと思います。妻は1日何をしているかはっきり言って不明です。

セックスも週一回位ありましたがここ二ヶ月前くらいから何の理由もなく拒否するんです。ただそんな気分にならない……と

どうしたもんだろう今日は気分が優れないので欠勤してます。女房は買い物に駅前のスーパーに買い物に行くと言うので一緒に行くと言うとゆっくりして家にいなさいとさっさと家を出ていきました。洗濯物が飛ぶかと思うくらいの風が吹いています。

ヒラヒラとナイロン系のショーツが

あのギャザーで波打ったクロックに接する私だけが知っていたはずの大事な女房の秘部を自由にしている奴がいるのかと思うといてもたってもいられなくなった。干してあるショーツを手にとると柔らかくクロック部分の裏布は微かに黄ばんだ染みがあり洗濯では落ちないくらいに汚したのか

妻の下着なんか興味がなかったが……?あのクロッチに当たるおまんこをと思うと嫉妬で狂う。

やはり、一度それとなしに問いただそうと思う。何か良い方法はないものか。

女房は痩せ型で顔は平凡でしかし正上位でのセックスを好み必ずかにばさみのように足を腰に絡ませ逝くときは「いっぱい流し込んで」と言い腰を激しく振る。




何とかしなければ……?


告白体験談関連タグ

|||||||||

【人妻・熟女】ナイロントリコットパンティのクロッチに【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ