相互リンク先の更新情報!

【友達】ヒッチハイク【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


出張先から高速道路で帰宅中、SAでヒッチハイクしている女性2名を発見。

行先は帰り道だったので、声を掛けてみると中国人だった。

ちょっと恐怖心が出てきたが、笑顔がとても素敵だったので乗せてあげました。

彼女達の行先まで3時間程かかる道のりだったので、なぜヒッチハイクしているのかなど、

色々話をしながら高速を走っていました。

しばらく話をしていると、後部座席に座っていた彼女Aが

「お兄さん優しいし、私好きだよ」と言われました。

正直ドキッとし、照れていると、助手席に座った彼女Bが

「明日お仕事ですか?」と聞いてきた。

出張の次の日は有給を取っていた為、

「明日は休みだらか、ゆっくり休むつもりだよ」と答えた。

すると、

「実は、ヒッチハイクしてて2日間お風呂に入ってなくて、お風呂入りたい」と言ってきた。

「お兄さんも運転疲れてるんなら、近くのホテル寄って休んで行かない?」

と誘われました。




近くのインターで降りてみると、いきないラブホ街…

まぁ、インター付近なんてそんなもんだなと思っていると、

彼女達は「いっぱいあるね!お兄さんの好きな所入っていいよ~」

とりあえず適当に空いているホテルを選び3人でチェックイン。

部屋に入ると、彼女達は「一緒に入る?」と言ってきました。

自分は冗談だと思い、「入る入る~!」と笑って言うと、

彼女達は俺の目の前で脱ぎ始めて、全裸になると、「お兄さんも脱いで早く入るよ!」

「えっ、マジ?」と言うと「マジマジ!笑」

恥ずかしながら脱いで風呂に入り、かなり大きい風呂だったので大人3人余裕で入れました。

2人共、2日ぶりの風呂でかなり喜んでいて上下隠す事なく体を洗っていました。

なるべく意識しないようにしていたのですが、さすがに息子は正直でした。

彼女A「お兄さんも体洗えば?洗ってあげようか?」

自分 「もう少ししたら洗うから、先上がって寝てていいよ」

彼女B「ダメ!洗ってあげるからこっち来て!!」

息子をタオルで隠しながら彼女達の方に向かうと、いきなりタオルを奪い取られ、

ガチガチになった息子を凝視されました。

彼女A「お兄さん元気ね!!しかも大きいね!!笑」

自分 「ごめんなさい…」

彼女A「謝らなくていい!!男だからしょうがないよ」

自分 「ははは…」

その後、話をしながら体を洗ってもらい、ベッドに戻ると、

彼女B「2人でマッサージしてあげるからうつ伏せになって」

自分 「お言葉に甘えて、お願いしまーす!」

彼女A「とりあえず、バスタオルとって全裸になって」

自分 「はい」

しばらく、肩→腰→足と普通のマッサージをしてもらい、ウトウトしていると、

彼女A「次逆向いて!」

自分 「はい」

もうどうでもいいやと思い、全裸のまま仰向けになると

彼女A「次のマッサージは特別だからね!」

自分 「?」

彼女Aは息子を舐め、彼女Bはマ○コ触ってとおねだりしてくる。



彼女Aのフェラは上手くはなかったが、気持ちよく、彼女Bは大洪水になっていた。

彼女B「入れるね」

彼女A「じゃ次は私の舐めて」

と選手交代し、騎乗位しながらのクンニをした。

彼女Bのアソコは締まりがよく、5分くらいでイキそうになり、

自分 「もう出そう…」

彼女B「出していいよ!そのまま出して!」

と彼女Bの中で果てました。

彼女Bもイッたらしく、満足した顔で横になりました。

次は彼女Aです。

彼女A「もう1回出来る?元気にしてあげる!」

と再度フェラしてきました。

以外に回復は早く、すぐ元気になりました。

彼女A「入れるけど大丈夫?」

自分 「大丈夫!次は俺が上になる!」

正上位から挿入して、2回戦目は頑張った!

彼女A「ダメ!イキそう!」

自分 「いいよ!いつでもイッていいよ!」

彼女Aは果てました。しかし自分はまだ元気です。

彼女A「お兄さんもイッて!私頭おかしくなる」

自分 「うん。どこに出したらいい?」

彼女A「そのまま中で出していいよ」

自分 「分かった!」

ガンガン突いてると、また彼女Aはイッてしまい、

ヨダレを垂らしながら、喘いでいます。

自分 「イキそう。出すよ!」

彼女A「うん。出して!」

自分は彼女Aの中で果てました。

息子を抜くと、ドロドロと精液が流れてきました。

彼女Bを見ると、マンコから精液を垂らしながら眠りに入っていました。

彼女A「気持ちよかった。朝またしようね!」

と言い眠りに私も眠りに入りました。

朝方、起きると彼女Aがコソコソと私に、

彼女A「彼女Bまだ寝てるから、お風呂場でもう1回しない?」

自分 「うん!しよ!」

部屋に備えつけてあったローションを使い、ヌルヌルプレイをしながら、

エッチをしました。

その後、3人でチェックアウトし、彼女達の目的地まで送り届けて帰宅しました。

電話番号を交換したので、休みの日には彼女達に会いに行って、

今でもヤリまくってます。

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

||||||||||

【友達】ヒッチハイク【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ