相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】女子大生 果歩 5 【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


36





・・・ハァ・・・



カチコチに硬くなったペニスの茎部分を果歩の白く柔らかい手が上下にリズミカルに扱きあげている。



富田 「慣れてきたな、果歩ちゃん。」



果歩 「・・・ちょっとは・・・。」



しばらく続けていると、富田のペニスの先端部分から透明な液体がトロ〜っと溢れてきた事に気付いた果歩。



秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、その先っちょから出てきたの、何か知ってる?」






果歩の疑問をもった表情に気付いた秋絵が声をかけた。



果歩 「い・・・いえ・・・。」



山井 「我慢汁って言うんだよ、ホントに聞いたことない?」



果歩 「・・・聞いた事は・・・あるかもしれないですけど・・・これがそれだとは知らなかったです・・。」



秋絵 「フフ・・・男の人はね、気持ちよくなるとオチ○チンからこの我慢汁を出すのよ。」



果歩 「そう・・・なんですか・・・。」



富田 「そっ!果歩ちゃんだってオナニーする時、気持ちいいとヌルヌルしたのオマ○コから出てくるだろ?」



果歩 「・・・イヤだ・・・富田さん・・・。」



直接的な言葉で果歩の自慰行為について触れてくる富田に対し、果歩は口ではそう言っていても、特別嫌がっている様子ではなかった。



恥ずかしいのは当たり前だったが、ここにいる三人に自分の性経験をほとんど曝け出してしまった今、普段から下ネタが多い富田にどんなにイヤらしい事を言われても嫌悪感を抱く事はなかった。



秋絵 「果歩ちゃん、その我慢汁、ちょっと触ってごらん。」



果歩 「え・・・触るんですか・・・?」



果歩は秋絵の言葉を聞き、富田の顔を見て無言で触っていいのか確認する。



富田 「ハハッ、どうぞどうぞ!」



果歩 「・・・じゃあ・・・あの・・・失礼します・・・。」



そう言って、恐る恐るといった様子で、人差し指を亀頭の鈴割部分に近づけていく果歩。



ペト・・・



赤黒く巨大な亀頭の先端に触れた指。



ヌルっとした感触。



一度液体に触れた指をゆっくり離していくと、ツ〜っと糸を引く富田の我慢汁。



我慢汁が着いた人差し指を、親指を合わせる様にして、その感触を確かめる果歩。



なんとなく・・・自分のあの時、自慰行為の時に出てくる液体と似ていると果歩は思った。



秋絵 「果歩ちゃん、どんな感じ?」



果歩 「なんか・・・ヌルヌルしてます。」



秋絵 「フフ・・・富田さんが果歩ちゃんの手で気持ちよくなっている証拠よ。」



果歩 「気持ち・・・いいんですか・・・?」



上目遣いで富田を見てそう聞いた果歩。



富田 「めちゃめちゃ気持ちいいよ、果歩ちゃんの手は。できれば動きを止めないでそのまま続けてほしいなぁ。」



果歩 「あ、はい。」



富田の要望に応えるべく、果歩は再び止まっていた手を上下に動かして、富田の肉棒を扱き始めた。





富田 「あ〜ほんと気持ちいいわぁ・・・」



山井 「うわ〜マジうらやましいっス富田さん。」



肉棒を扱きながらその亀頭部分、先端を見つめる果歩。



そこから溢れるヌルっとした液体は次第にその分泌量を増やしている。



秋絵 「フフ・・・我慢汁、いっぱい出てきたね。」



果歩 「はい・・・すごい・・・いっぱい・・・。」



秋絵 「じゃあね、果歩ちゃん・・・その我慢汁、ちょっと舐めてみてごらん。」



果歩 「え!?舐めるん・・・ですか?」



思いもよらなかった秋絵の提案に、驚きの表情を見せる果歩。



富田 「ナイスアイデア秋絵ちゃん!果歩ちゃん頼むわぁ、先端をちょっとだけペロっと、な?」



果歩 「そんな・・・舐めるなんて・・・。」



山井 「男はそうされるともっと気持ちよくなるんだよなぁ。」



果歩 「・・・・・・。」



富田 「果歩ちゃん、ちょっとだけ頼む・・・な?」



果歩 「そんな・・・。」



正直なところ、果歩は我慢汁を舐める事自体に抵抗はなかった。

むしろ、舐めるとどんな感じなのか、舐めたら男の人がどんな反応を示すのか興味があった。

しかし、人前でそんな事をする事に恥ずかしがりやの果歩は抵抗があったのだ。

ましてや相手は彼氏以外の男なのだから。



秋絵 「果歩ちゃん、これも練習だと思って、みんなやってる事だし、果歩ちゃんも経験しておいた方がいいわ・・・ね?」



果歩 「・・・・・・・わかりました。」



少し考えた様子を見せたあと、果歩はそう返事をした。



秋絵の説得、そして何より性への大きな好奇心が果歩をそう答えさせていたのかもしれない。



富田 「よ〜っしゃあ!じゃあ果歩ちゃん、ペロっと!おっ願いしま〜す!」



酔いも回ってきたのだろうか、段々調子付いてきたような富田の返事を聞いた果歩は、小さく頷いて冨田の股間に顔を近づけていった。



小さな可愛らしい口から、ピンク色の舌をペロッと出す。



赤黒くグロテスクな男根の先端にその汚れを知らない綺麗な果歩の舌が近づく。



・・・ピト・・・



ヌルっとした感覚と富田の熱い体温を舌で感じた果歩。



そして果歩は亀頭にあてた舌を下から上に動かしペロっと舐め上げた。





37



果歩は口の中でネットリとした感覚と塩味を感じていた。



富田のペニスに舌を伸ばし、生まれて初めて口で味わった男の体液。



秋絵 「フフ・・・どう?富田さんの我慢汁のお味は。」



果歩 「・・・しょっぱいです・・・。」



富田の体液を舐めても不思議と果歩はむせ返るような気持ち悪さや、不快感は感じなかった。



秋絵 「おいしかった?」



果歩 「・・・おいしいかどうかはちょっと・・・・わからないです・・・。」



秋絵 「でも、嫌じゃないでしょ?」



果歩 「・・・・・ハイ・・・。」



秋絵の質問に正直な感想を答える果歩。



富田 「ハハッ、まぁこれで果歩ちゃんのエッチ度もひとつステップアップしたってことだな!」



果歩 「・・・ステップアップ・・・ですか・・・?」



富田 「そう、果歩ちゃんもちょっとはエッチ度も上げて男を気持ちよくさせるテクニックくらい知っておかないとな!」



果歩 「・・・テクニック・・・。」



富田 「そっ!それにもっとステップアップすれば、果歩ちゃんのこれからの性生活も充実するってもんだぜ?」



果歩 「・・・・・。」



性生活。

彼氏である友哉とは遠距離恋愛中の今はともかく、初めて交わってから約半年、回数も少なく淡白な性生活を送っていたと言える果歩。



充実した性生活とはいったいどんなものなんだろう・・・



富田 「じゃあ果歩ちゃん、せっかくだし今日はもう一つ二つくらいステップアップしてくか?」



ステップアップ・・・その言葉の意味を果歩は十分理解していた。



富田のその言葉に乗るという事は、おそらく果歩にこれまで以上の淫らな展開が待っているという事。



知りたかった。



体験してみたかった。



自分が知らない世界を。







秋絵には果歩にはない大人の魅力がある。大人の女性への階段を登りたかった。



淫らでエッチで、果歩の身体を熱くさせる魅力的な大人の階段が目の前に用意されているような気がした、ここにいる年上の3人はその登り方を教えてくれる。



そして少し考えた様子を見せた後、果歩の口は開いた。



果歩 「・・・ハイ・・・。」



富田 「よ〜し!じゃあとりあえず、さっきの続きで俺のチ○ボをシコシコしてくれる?」



果歩 「・・・は、はい・・・。」



富田の言う事に素直に従い、ゆっくりと手を伸ばし、再び富田のペニスを握り締め扱き始める果歩。



淫らな階段を登り始めた果歩。



しかし、その階段は一度登ったら引き返す事ができない階段だという事に、今の果歩は気付くはずもなかった。



登ったと思った階段の先にあるのは蟻地獄のように抜け出す事ができない冨田の罠だったのだ。







クチャ・・・グチャ・・・クチャ・・・



亀頭の先端から溢れ出てくる我慢汁が茎の方まで流れてきて果歩の手まで濡らしていた。



粘り気のあるその液体のおかげで果歩の手がペニスを扱く動きがスムーズになるのと同時に、粘着質なイヤらしい音が部屋に響いていた。



手が富田の我慢汁で汚れていくのも構わずに手を動かし続ける果歩。



山井 「うっわ富田さん、我慢汁出しすぎっすよ!」



富田 「ハハッ仕方ないだろ?果歩ちゃんの手コキだぜ?だれでもいっぱい出ちゃうって我慢汁。」



果歩 「・・・富田さん・・・エッチですね・・・。」



最初と比べれば気持ちが開放的になってきたのか、果歩は少し笑みを浮かべながらそう言った。



富田 「ハハッそうだよ〜俺はエロいぞ〜!でも・・・果歩ちゃんも人の事言えねぇんじゃね?」



果歩 「え?」



富田 「果歩ちゃんも出てきちゃってるんじゃないの?俺の我慢汁みたいにトロトロした液体が、果歩ちゃんのオマ○コからよ。」



果歩 「え・・・・し、知らないです!」



顔を赤くして動揺した様子の果歩を見ながらニヤニヤ笑う3人。



冨田 「ま、果歩ちゃんのマン汁が出ちゃってるかどうかは置いといて。果歩ちゃん、さっきみたいに亀頭ペロペロ舐めてくれない?」



果歩 「え・・・ペロペロ・・・ですか?」



冨田 「そっ!キャンディ舐めるみたいに舌伸ばしてペロペロして。」



果歩 「・・・わかりました・・・。」



先にしたように、ピンク色の小さな舌を出し、冨田の我慢汁で汚れた赤黒い亀頭をペロっと舐めあげる果歩。



冨田 「そう、手の動きも止めないでな。」



果歩は片手で肉棒を扱きながら、舌で亀頭を次々と溢れてくる冨田の体液を掬い取るように舐める。



ペロペロ・・・・ゴク・・・



途中舌の上に溜まった冨田の我慢汁を当然の様に飲み込んでしまう果歩。



果歩のその様子を見て冨田は満足そうな笑みを浮かべていた。



冨田 (フン・・・こりゃもう確実にいけるな・・・)



一心不乱に自分のペニスを扱き、舐め続けている果歩。



冨田の心の中には確信にも似た感情が沸きあがってきていた。



普段あれだけ清純なイメージを放っている果歩が自分の肉棒から出た我慢汁を飲んでいるのだ。



そして、この現実にこれ以上ない程自分が興奮している事に気付いた富田は、心に決めたのだ。



冨田 (へへ・・・果歩・・・一つ二つステップアップどころか今日教えてやるよ、本当のセックスを・・・)



冨田は果歩に気付かれないように山井に目で合図を送る。



山井もそれに気付き、小さく頷く。



ソファに座り、富田への淫行為を続ける果歩の後ろにそっと近寄る山井。



冨田 「あ〜果歩ちゃん上手だねぇ、ホント気持ちいいよ。」



果歩 「フフ・・・なんか・・・うれしいな・・・。」



自分の手コキと口淫で男性を喜ばせていることに、本能的にうれしい気持ちになる果歩。

恥ずかしがり屋の果歩も、今となってはその気持ちを隠そうとはしなかった。



冨田 「でもなぁ・・・なんか俺だけ気持ちよくなるのも悪いから、果歩ちゃんもさ・・・おい、山井。」



山井 「はいよ〜!お任せください!」



果歩 「え?」



いつの間にか果歩の後ろに来ていた山井が、突然果歩に抱きついた。



果歩 「キャっ!や、山井さん!?」



そして山井は物言わず両手で果歩の胸の膨らみを揉み始めたのだ。





38



果歩は思いもよらぬ突然の出来事に拒否反応を示した。



果歩 「や、山井さん!ん・・・・や、やめてください・・・。」



後ろから伸ばした山井の手に、着ていた白のワンピースの上から胸の膨らみを揉まれる果歩。



果歩 「ん・・・だめ・・・困ります・・・山井さん・・・やめて・・・。」



果歩は手を冨田のペニスから離し、胸を揉む山井の手を両手で掴んで引き離そうとする。



しかし、果歩の力では大人の男性、ましてやスポーツジムのインストラクターでもある山井の力に敵う(かなう)わけがなかった。



山井 「果歩ちゃんそんなに嫌がらないでよ、ほら、モミモミされて気持ちよくない?」



果歩の抵抗を無視して、柔らかな果歩の胸を揉みしだく山井。



冨田 「ハハッ果歩ちゃん、まぁ俺を気持ちよくしてくれたお礼だと思ってくれればいいからさ。」



果歩 「そんな事言われても・・・んっ・・・。」



秋絵 「果歩ちゃん大丈夫、この2人は女の子の身体の扱いだけは天才的に上手だから。」



果歩 「秋絵先輩・・・大丈夫って言われても・・・。」



先程までは富田達が提案する淫らな行為に抵抗することなく乗ってきた果歩だが、それが突然自らの身体に及んできた今、初めて小さな抵抗を示し始めた果歩。



それは女性の本能的な自己防衛の行動なのかもしれない。



彼氏でもない男性に身体を触られる事への抵抗。





・・・ダメ・・・こんな事・・・





しかし、その気持ちとは裏腹に果歩の身体は、早くも山井からの胸への愛撫に敏感に反応をし始めていたのだ。



冨田 「ハハっおいおい秋絵ちゃん、だけってなんだよ〜。でもどうよ?果歩ちゃん、山井にオッパイモミモミされて気持ちいいだろ?」



果歩 「そ・・・そんな事・・・ん・・・ぁ・・・・」



・・・あぁ・・・ダメ・・・



前に悪戯で知子に胸を触られた時の感覚とは全く違う。



男の手・・・



服の上からとはいえ、その男の大きな手に乳房を揉まれることに、果歩は確かに身体の奥から沸き上がる興奮を感じていた。



山井 「うわ〜果歩ちゃんのオッパイ服の上からでも超柔らかいのわかるわぁ。」



激しく乱暴のようで、乳房を愛撫する山井の手の力加減は絶妙だった。



痛くはない、しかし擽(くすぐ)ったくもない。



果歩が山井の手の刺激から感じていたのは明らかに性的快感だった。



ドク・・・ドク・・・



熱い・・・体が・・・私・・・



鏡を見なくても自分の顔が真っ赤になっているのがわかる。



そして、先日果歩が感じたムラムラ感とは比べ物にならない程の、まるで焦らされている様なムズムズ感を、果歩は自身の秘部で感じていた。



山井の腕を掴んで離そうとしていた果歩の手は、次第にその抵抗の力を弱めていった。



秋絵 「フフ・・・そうよ果歩ちゃん、この人達に身を任せれば気持ちよくなれるわ。」



果歩 「・・・秋絵先輩・・・。」



しばらくした後すっかり抵抗をやめてしまった果歩。



山井の腕を掴んでいた果歩の手はもう添えているだけだった。



山井はそれをいい事に好き放題果歩の胸を弄くり続けている。



そしてその状態がしばらく続いた後、ふと山井の片手が果歩の胸から離れた。



山井 「ちょっと・・・こうした方が・・・」



プチンっ・・・・



果歩 「えっ?」



山井が小さく呟いた後、急に胸からブラジャーの締めつけ感がなくなった事に気付いた果歩。



後ろにいる山井が服の上から果歩のブラジャーのホックを外したのだ。



果歩 「キャッ・・・・。」



ホックを外すのと同時に前に回していたもう片方の手で素早く服の上からブラジャーを上にずらした山井。



山井 「こうした方がもっと気持ちよくなるからねぇ。」



服の中であるから乳房を露出したわけではないが、それでもブラジャーを外され、ずらされた事に大きな羞恥心を感じる果歩。



果歩 「やだ・・・山井さん・・・ぁ・・・。」



小さい声で僅かな抵抗を示す果歩を無視して、再び服の上から果歩の両胸を揉み始める山井。



ブラジャーを外されたため、夏用の薄手のワンピース、その上からの愛撫の刺激はよりはっきりしたものに変わった。



山井 「・・・ん?あ、果歩ちゃんの乳首発見しました〜!」



果歩の乳首の位置を確認した山井は、両人差し指で、服の上から軽く引っ掻くようにそこを刺激した。



果歩 「アッ!・・・ダメ・・・ぁ・・・はん・・・ぁ・・・」



乳首を刺激された瞬間、果歩の身体はそれだけでビク・・・ビク・・・と反応を示した。



山井 「うわ〜果歩ちゃん身体ビクビクしちゃって敏感なんだね?ていうか乳首小さいけどビンビンに立ってるし。」



果歩 「や・・・ぁ・・・んッ・・・ダメです・・・」



秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん気持ちいい?」



冨田 「ほ〜果歩ちゃん山井にオッパイ揉まれて感じてんだ?エロいなぁ果歩ちゃん。」



果歩 「ん・・・そ・・・そんな事・・・ぁ・・・。」



まだ残っている小さな理性と大きな羞恥心が冨田の指摘を果歩に否定させていた。



ダメ・・・こんな事・・・



自ら淫らな階段を登り始めた事を今になって後悔し始める果歩。



今は彼氏との関係が悪化しているとはいえ、他の男性とこんな事はしていいはずがない。



山井 「えぇ?こんなに乳首立たせておいて、果歩ちゃん感じてないの?」



秋絵 「果歩ちゃん、正直に気持ちいいって言っていいのよ。自分の気持ちを解放すればもっと気持ち良くになるのよ。」



果歩 「・・・・・・・。」



気持ちいい・・・



果歩は身体が山井の愛撫に反応しきっているのは自分でもわかっていた。



自分の気持ちを解放する・・・。



秋絵の言った通り、自分を解放したい気持ちと、それを拒否する小さな理性が果歩の心の中で対立いた。



なんだか今のこのムラムラとした気持ちを人前で解放してしまえば、後は淫らな世界へ自分が転がり落ちていってしまいそうで怖かった。



しかし、同時にその淫らな世界、自分の知らない大人世界を知りたい、体験したいという気持ちが大きくなっている事も果歩は感じていた。





冨田 「よ〜し山井!じゃあちょっと果歩ちゃんが感じてるのか感じてないのかチェックしてみるか?」



山井 「そうっスね、それが早いっスね!」



冨田と山井がニヤニヤした顔でそう言うと、山井の手が果歩の胸から離れた。



果歩 「え・・・・?」



そして次の瞬間、後ろから両腕を、ソファに座っている果歩の膝裏に回した山井。



果歩 「え!?ちょっと・・・・・・キャッ!!」



素早い動きで山井はそのまま膝裏に掛けた両腕を手前に、果歩の股を大きく開かせるようにして引き寄せたのだ。



ワンピースのスカートが完全に捲りあがり、まるで小さな子が親に小便をさせてもらう時のような恥ずかしい格好に強制的にさせられた果歩。



果歩 「いやぁ!やだ・・・離して山井さん!」



果歩は真っ白な脚、太腿と、薄いピンク色の下着を着けた下半身を、信じられない程屈辱的な格好で冨田、山井、秋絵の3人の前に曝け出されてしまったのだ。





39





果歩 「イヤ・・・こんな格好・・・ダメ・・・。」



いわゆるマングリ返しと言われる格好に近い体勢をとらされている果歩。



山井 「富田さんに果歩ちゃんの下半身しっかりチェックしてもらおうねぇ。」



果歩が身体をバタつかせようにも後ろから山井の腕にガッチリ固定されていてびくともしなかった。



冨田 「お〜やっぱり果歩ちゃん色白いねぇ。」



そう言いながら果歩の前にいる冨田は、ワンピースのスカートが捲れ上がり、パンティが丸見えの状態の果歩の下半身をマジマジと見つめていた。



果歩 「・・・富田さん・・・ダメ・・・。」



普段清純なイメージを放つ果歩の下半身、イヤらしい格好で曝け出されたその下半身に、冨田は吸い寄せられるように手を伸ばす。



冨田 「すっげ〜果歩ちゃんやっぱ肌スベスべだなぁ。」



果歩の剥き出しになった太腿の裏を大きな手でサワサワと摩る(さする)富田。



顔にもニキビひとつない果歩の肌は透き通るように白く、きめ細やかであった。



果歩 「ぁ・・・もう・・・ヤダ・・・富田さん・・・。」



今までした事もないような恥ずかしい体勢で裏腿を摩られ、果歩は顔から火がでるような恥ずかしい思いだった。



しかし、この状態に言葉で小さく抵抗する果歩だったが、一方で身体の興奮が先程より一層高ぶっていくのを感じていた。



恥ずかしい・・・どうしようもなく恥ずかしいのに、この気持ちの高ぶりは何なのか。



羞恥心と異常な興奮が入り交ざった果歩の身体、特に下腹部はドク・・・ドク・・・と脈を打ち熱くなる一方だ。





そして、果歩の下半身を視姦する富田の目線は、女の一番恥ずかしい部分へと移っていく。



冨田 「さて果歩ちゃんのココは・・・ハハッおいおいなんだ果歩ちゃん、パンティに大きな染みができてるぞぉ!」



冨田の言葉に果歩の羞恥心は最高潮に達した。



果歩 「・・・・ャ・・・イヤ・・・・・・。」



顔を真っ赤に染めた果歩の目には涙が溜まっていた。



しかし、冨田の言った事が事実である事は間違いなかった。



股間に感じる湿った感覚。



かつて無い程興奮している身体は、下着を濡らすほど愛液を分泌しているんだと、果歩は自分で気付いていた。



山井 「なんだ、やっぱ感じてたんだな果歩ちゃん。」



冨田 「それにしても果歩ちゃん相当興奮してるんだな、これ濡れすぎだよ。」



果歩のジットリと濡れたパンティの底部分。



パンティが張り付きプックリ膨らんだその部分は、縦線の溝がうっすらと浮かび上がっていた。



冨田は躊躇することなくそこに手を伸ばしてく。



そして指を一本、果歩の秘裂の形を浮かび上がらせているパンティの溝にスーっと沿わせるように触った。



果歩 「・・・ぁ・・・。」



冨田 「すっげぇ・・・グチュグチュだわこれ。」



パンツの上からでも感じるヌルっとした感覚。



そして今度は指を溝に押し付け、左右に振動させるように動かす冨田。



グシュグシュグシュグシュ・・・・



柔らかな果歩の大陰唇がグニュグニュと、冨田の指に合わせて動く。



果歩 「ァ・・・ァ・・・ァン・・・。」



冨田からの指の刺激に小さな喘ぎ声を口から漏らして反応してしまう果歩。



男性の指でしてもらう刺激は、自分の指でするオナニーの時とは全く違う感覚だった。



秋絵 「フフ・・・果歩ちゃんホント敏感ね。」



山井 「果歩ちゃん、気持ちいいんだろ?認めちゃえよ。」



秋絵 「そうよ果歩ちゃん、自分を解放したほうがもっと気持ちいいのよ?」



果歩 「・・・・・・。」



まだ自分の理性に辛うじてしがみ付いてる果歩は、それを認める言葉を口にする事はできなかった。



冨田 「じゃあもうちょっと詳しく果歩ちゃんのここ、調べてみようか。」



冨田はそう言ってパンティの底部分に指を掛け、横にずらした。



果歩 「アッ・・・・。」



ピッタリと張り付いていたパンティを横にずらされ、ついに冨田の前に姿を現すことになってしまった果歩の秘部。



空気に触れ、濡れたアソコからひんやりとした感覚を感じる果歩。



冨田 「お〜果歩ちゃん、オマ○コ見えちゃってるよぉ。」



果歩 「ぃ・・・イヤ・・・。」



薄く生い茂る陰毛、ツルっといた綺麗な大陰唇の辺りにはほとんど毛は生えていない。



使用感を全く感じさせない見た目の果歩の性器は、実に美しかった。



それをニヤニヤとした表情でじっくりと観察をする富田。



冨田 「綺麗なオマ○コしてるねぇ果歩ちゃん。・・・でも・・・ちょっと濡れすぎだなぁ、マン毛までベットリだぜ?」



まるで汚れを知らないような美しさとは裏腹に、果歩の秘部はグッショリ濡れていた。



そのギャップに冨田はさらなる興奮を覚えていた。



冨田 「じゃあさっきは果歩ちゃんに俺のチ○ボをペロペロしてもらったから、お返しに今度は俺が果歩ちゃんのオマ○コペロペロしてあげるからねぇ。」



そう言って富田は、長い舌を伸ばして顔を果歩の股間に近づけていった。



果歩 「え・・・アッ・・・!」





40





果歩 「・・・ぃ・・・ァアンッ!」



長い舌で果歩の秘裂を下から上までベロンッと舐めあげた富田。



冨田 「ん〜・・・イヤらしい味するわぁ果歩ちゃんのマ○コは。」



女の一番恥ずかしい部分を男に舐め上げられ、さらにイヤらしい言葉を浴びせられる果歩。



もう果歩は恥ずかし過ぎて頭がクラクラする程の羞恥心を感じていた。



秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、富田さんにオマ○コ舐めてもらって気持ちいい?」



果歩 「はぁぁ・・・・ダメ・・・です・・・アッ!」



再び股間に冨田のザラついた舌が触れた事を感じた果歩。



そして次の瞬間、冨田の激しい口淫は始まったのだ。



ベロベロベロ・・・!



ジュルジュルジュル・・・・!



果歩 「アッ・・・ァ・・・アン!・・・ハァ・・・ん!・・・ダメ・・・ァァア!」



果歩の言葉を無視し、股間に顔を密着させたまま離そうとしない富田。



ジュルジュルとわざと音をたてるように舐めあげられる。



秘部への刺激と聴覚への刺激が、果歩を一層興奮させた。



するとその刺激に敏感に反応してしまう果歩の身体、蜜壷からは新たに濃密な蜜が溢れ出てしまう。



冨田はその蜜を一滴も逃さないように吸い付き、舐めあげる。



果歩 「ハァア!・・・ンッ!ァ・・・アッ!・・・ハァン!」



良い様に反応を見せる果歩の姿に、秘部に顔をつけながら思わず笑みを浮かべる富田。



山井 「うっわ〜果歩ちゃんマジ敏感じゃん?ビクビクしてるよ。ていうか富田さんのクンニが上手すぎるんっスかねぇ?」





生まれて初めてのクンニリングスを受け、ただただ混乱動揺し、やられ放題に感じるままの果歩。



そんな果歩に対し馴れたように果歩をクンニし続ける冨田。



今まで1000人以上の女性をクンニしてきた冨田の舌技を前に、経験人数一人の余裕のない果歩は、ただその餌食になるだけだった。



経験値が違いすぎる2人、そのため果歩がこうなってしまうのは仕方がない事なのかもしれない。





そしてしばらく秘裂を舐め上げていた冨田は、今までわざと触れなかった果歩の陰核に舌を伸ばす。



「・・・・ハァ・・・ァ・・・アンッ!!そこっ・・・・ァアンッ!」



ベロ・・・・ジュウルルルル・・・!!!



ゆっくり舐め上げたかと思うと今度はピンポイントで激しく果歩のクリトリスを吸い上げ始めた富田。



「ん〜・・・ンァアア!!ダメぇ・・・・ァァア!」



まるで身体に電流が流れたかの様な反応を示す果歩。



今までの冨田のクンニはどこかボンヤリジワジワと感じる刺激だったのに対し、陰核への刺激は、ビリビリと身体の芯まではっきりと感じる強い刺激だった。



ビクビクと身体を反応させ、冨田のクンニリングスに感じてしまっている事を自分の意図とは反対に、周囲に表現してしまう果歩。



堪えようにもどうしても口から漏れてしまう喘ぎ声。



果歩 「ア・・・ァァ・・・ハァァン・・・ン!・・・ァ・・・」



山井 「ハハッ果歩ちゃん意外と感じると声いっぱい出ちゃうタイプなんだね?」



それは果歩自身も驚いていた。



彼氏である友哉とのセックスでは喘ぎ声を発する事などほとんどなかった。



しかし今は違った、堪える事ができない喘ぎ声。



声を出さずにはいられない・・・。



声を出さなければ、なんだか身体に快感が溜まっていっておかしくなってしまいそうなのだ。





冨田のテクニックは実に絶妙だった。



痛くないはない、果歩が痛く感じるギリギリ寸前の力加減を冨田はキープしている。



そして激しく吸い上げたかと思うと、今度はそっとやさしく舐め上げてくる。



その冨田の緩急のきいた刺激、テクニックに果歩は翻弄されるばかりであった。





しだいに富田のテクニックによって追い込まれていく果歩。



もはや果歩の頭の中は性的快感を受け止める事だけで精一杯だった。



他の事など考えられない、ただただ富田から与えられる刺激に夢中になる事しか許されない。





そして最初抵抗を見せていた果歩の力は完全に抜け、その抵抗の感情は冨田の性技の前にほぼ屈してしまったようだ。



果歩のその様子を察知したのか、冨田はゆっくりと果歩の股間から顔を離す。



顔を上げた富田、口の周りにはベットリと果歩の愛液が付き、光沢を放っていた。



冨田 「いやぁ果歩ちゃん・・・マン汁出しすぎだよ、そんなに気持ちいいの?」



果歩 「ハァ・・・ハァ・・・ン・・・」



冨田に何も言葉を返すことができない果歩は、ただ乱れた呼吸を整えようとするだけだった。



冨田 「フッ・・・果歩ちゃんまだまだだぜ?もっともっと気持ちよくしてやるからなぁ・・・。」



冨田はそう呟くと両手をワンピースのスカートの中に入れていき、果歩のパンティの両端を掴んだ。



そして山井はそんな冨田と息が合ったように、果歩の膝裏に通して下半身を固定していた腕を外す。



山井 「はい富田さん。」



冨田 「よし、よいしょっと・・・!」



果歩 「あっ・・・ダメっ!!」



解放された果歩の脚、冨田はそこから素早くパンティを引き下ろし、脱がせた。



何も拒む事も考える事もできないまま、冨田にパンティを脱がされてしまった果歩。





スースーとした開放感を下半身に感じながら果歩は思っていた。



・・・もうここまで来てしまったこの流れは、止められない・・・



いや、むしろ果歩はこの淫らな行為を中断する事など、もはや望んでいなかったのかもしれない。








告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【浮気・不倫】女子大生 果歩 5 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月13日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ