相互リンク先の更新情報!

【友達】ヘトヘト【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


昨日、朝からバイトくんの家に行きました。バイトくんは友達と一緒に住んでいるんだけど友達は外出していて、自然にえっちになりました。

 2回したあとバイトくんが眠ってしまったので飲み物を取りにタオルを巻いて部屋から出ると友達がテレビを見ていました。気まずくて会釈して飲み物を取って戻ろうとすると「こっちきませんか?」って。

 なんとなく側に座って話をしました。私のことはバイトくんから聞いてしっているそうです。で、どうやら私たちがえっちしているときから座っていたそうです。

 友達は私の頭を撫でながらゆっくり愛撫して、やさしくキスします。

 ソファーに横になって全身を舐められるうちになんともいえない位気持ちよくなって、だんだん怖くなってきました。

「だめ、やめて」

「ん?いや?」

「うん、おかしくなりそうで、怖い」

「そんなこと言われたらやめられないよ。力抜いて」

 容赦なくクンニしてきます。フェラしたりする余裕もなくて入ってきた彼の腰を掴んで必死で腰を動かしてしまいました。

 バックになって彼がいったあと、バックの体勢のまま指を入れて突かれて、座り込んでしまいました。バイトくんのこと、頭から全く抜けてしまっていました。

 落ち着いて時計を見ると3時。友達と2時間以上一緒にいたことになります。そして、4時に彼氏と約束しているので、急いでシャワーを借りてバイトくんの部屋に。起きていました。。きっとみていたんでしょうね。。。いろいろ、ぶつぶつ拗ねているバイトくんをなだめながら部屋を出ました。

 彼氏との待ち合わせには10分遅れ。普段遅刻はしないけど、遅刻した私を、「おしおき」が待っていました。

 車の中でノーパンにされて、お店の駐車場で指でビショビショにされてそのまま食事。

 食後は私の部屋で手を縛られてせっかくのびてきたアソコを剃られて。




 えっち後、三角座りの形で足を開いて右手と右足。左手と左足でしばられて、彼氏はテレビを見ながら軽くタッチ。もっとして欲しいのにしてくれなくて

「指いれて」って甘えても全然。

 だんだんおかしくなってきて、全身を揺らして「イレテ」っていっちゃいました。

 彼氏は笑って「ちか、ほんとやらしいよな」なんて。

 紐をはずしてくれて、「どうぞ」って寝転がって私に「俺のつかっていいよ」だって。

 上にのってキスしながら突きまくっちゃいました。

 生だったので彼氏が「いきそう」って言って離そうとするんだけど、ちかは離れられなくてガンガンついて、とうとう中だししちゃいました。

 「あーあ」って言いながらお風呂で洗ってくれました。でも洗っても無駄なんだよね。

 お風呂でやらかくなってる彼のをチュパチュパ・ムニュムニュしておおきくしてバックでまたしちゃいました。外だしですけどね。

 ちかはもうヘトヘトになっちゃったので、眠って、朝起きたら彼氏は裸で寝ていたのでお口で起こしてえっち。

 今日は彼氏は泊まってくれるそうなので、明日の出勤の準備に家にかえってしまいました。帰ってきたら晩御飯の準備に出かける予定です。


告白体験談関連タグ

|||||||

【友達】ヘトヘト【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ