相互リンク先の更新情報!

【友達】彼と私と猫の事。【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


メールをする時、エッチなメールになっています…。

送るのもドキドキするけど、彼のメールを読むのもドキドキします。

内容は…、こんな事したい、こんな風に、こんな感じでしたい…ということをメールで打って送信しています。

よく、寝る前に想像してるので、その内容をメールに打つだけなので、スラスラ打てますが…。

ちょっと前の事です。

とあるスーパーで買い物をしてた時、不意に入り口から入って来た彼に気付きました。

大きくドキィっとして

〔わ…、凄い偶然…。

彼もスーパー来たりするんだな…。

姿が見れて嬉しいな。今日もカッコイイな…。〕と思うのと同時に、ちょっとはぁはぁ…、と同時に、

〔きゃー!!私いつも、彼にエッチなメール送っちゃってるんだよねー!!

それを彼、読んでるんだよねー!!〕って、心の中でアタフタしていました。

エッチなメールを送っているのはいつもの事なんだけど、心の準備ができてない時に不意に会うと、恥ずかしくて、心の中でアタフタしてしまいます…。

普段はデートする日が決まった時から、会う時まで心の準備をしておいているので、エッチなメールの事があって恥ずかしくても、何とか大丈夫なんですけども…。

やっぱり、会えた時には、せっかく会えたんだし、顔を見たいし、声、聞きたいしで、エッチなメールの事は恥ずかしいけど、顔を見たり、声を聞く事に専念したいので、心の準備をしておくんです。




それでも、密室空間に2人だけのときは、メールの事を話題に出されるのは、とても恥ずかしく感じてしまいます。

そんな私達のごく一部ですが…。

「モナ(私です。モナカが好きなので)のメール、いつもドキドキするよ…。」

「ウーちゃん…(彼です。ウーロン茶が好きなので)。私もだよ…。」

「ニャーン(彼の飼い猫です。仮名、ゴマちゃん。彼、ゴマ団子も好きなので)」

そんなわけで、部屋に2人だけの時は、ゴマちゃんをだっこしながら、一緒にいる感じです。

そして彼は、いつもそんな私を、ゴマちゃんごと、だっこしてる感じです。

「ちょっとづつ、エッチなメール、過激になってごめんね…。」

「ニャーン」

「うう、ゴマちゃんじゃなくて…」

「モナ…。」

「ニャーン」

こんな感じで、ゴマちゃんがいてくれると、いつも、雰囲気がなごむようで助かるんです。

その時彼の、私とゴマちゃんを抱き締める力が強くなって…、

窮屈だったのか、ゴマちゃんはスルリと私の腕をすり抜けて、トストスと、お部屋からいなくなってしまいました。

〔ゴマちゃん、待って…。私も連れてって…。〕って思いました。

だって私、緊張してしまうから…。

それなのに、ウーちゃんに、はぁはぁしてしまうから…。

彼にはぁはぁしてもおかしくないかもしれないけど、女なのに…って、変な気がしてしまうからです。


告白体験談関連タグ

||

【友達】彼と私と猫の事。【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ