相互リンク先の更新情報!

【友達】健康診断で【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


これは部活の先輩と飲んでいた時に先輩からきいた話ですが、

スペック:

俺 大学4年生(放射線学専攻)

みき 大学3年生(理学療法学専攻いわゆりリハビリ) 部活のかわいい後輩。 

先輩 大学卒業2年目(医者) 



先輩から聞いた話だができる限り詳細に書こうと思う。

先輩は大学病院に勤務している医者である。大学病院では5月の時期になると、医師になりたての若い医者が大学の学生の健康診断を担当する(ことが多い)

しかし大学といっても1万人以上の生徒がいるため、知り合いの学生を診察することはほとんどないそうだ。しかしかわいそうなことに部活のかわいい後輩であるみきが某先輩の診察にあたってしまったというかわいそうなお話。

先輩はこの日は今年2回目の健康診断であったそうだ。狭いブースの中で1人1分程度の診察を繰り返すこと2時間半ほど、そろそろお昼で終了間近というとき、次の方どうぞと呼び入れると、知っている顔がはいってきた。

部活で先輩が6年生の時に入部してきたみきだ。お互いにえっという顔をしたが、後にも引けず、美紀はブースに座った。先輩も普通にしなければと思ったらしく、普通に問診し、診察をはじめた。

「問診表では何も記載ありませんが、体調は大丈夫ですか」

美紀「はい、大丈夫です」

その間に今まで受けた検査結果に目を通す。

身長163cm体重51kg…まあこんなもんか。




じゃあ目から順番に。貧血のチェック、甲状腺の触診などを経て、胸部の診察にうつっていく。

じゃあ○○さん、服をめくってください。最初は知り合いであることもあり、服の上から診察しようとも思ったが、魔が刺したのか普通に言ってみた。この時点ではまさか、服なんてめくらないだろう、と思っていました。

しかし

「はい」というと美紀は服をしっかりめくりあげました。健康診断ではブラジャーはホックあらかじめはずしておくようにと前に書かれています。美紀もしっかりホックははずしていたようです。

すっとシャツを捲り上げると、すでにブラも一緒にまくりあげられ、cカップくらいと思われる胸がとびだしました。乳首は茶色でした。そしてすごく大きい乳首。かわいらしい美紀の顔には似合わない乳首でした。

丁寧に聴診し診察がおわりました。

診察室からでていく時の美紀の顔はまっかですごくすごく恥ずかしそうだったとのことです。


告白体験談関連タグ



【友達】健康診断で【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月19日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ