相互リンク先の更新情報!

【友達】若さゆえのあやまち 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


いきなりですが、高校時代の思い出をば。



高校2年の春、俺が友人たち数人と廊下で喋っていると、

向こうから一人の女がズカズカとやって来て、俺の前に立ちはだかり、

「ねえ、あんたが○○?」

と、俺の名前をぶしつけに聞いてきた。

「え、そうだけど。」

とっさの事に俺は気圧されて、間の抜けた返事をすると、その女は、

「ふ〜ん。」

と言いながら、真顔で俺の頭からつま先までをジロジロと見て、

「なるほど。んじゃ、そういうことで。」

と言って立ち去っていった。

俺も友人たちも彼女の後姿を見ながら、しばらく呆然とした。

「何だ、ありゃ?」

と、俺が言うと、




「お前に気があるんじゃないのか?」

などと友人たちにからかわれた。



この女、2組の香というやつだった。

それ以来、何かと俺につきまとってくる。

俺が2組の前を通れば、「お〜い。」と叫んで

教室の中から大きく手を振ってくる。

当然、皆から一斉に注目されるし、

一緒にいる友人たちからは冷やかされるし、

初めの頃は本当に迷惑だった。

しかし徐々に慣れてきて、内心満更でもなくなった。

周りの手前、素っ気なく振舞ってはいたけれど。



香は家に電話までかけてきた。

母親が「女の子からよ。」と妙な笑みを浮かべ取り次いでくれた。

電話で香には、俺の身長やら体重やら趣味やら、ごっそり聞かれた。

俺は母親の視線を背中に感じながら、

小声でいつも以上にぶっきらぼうに答えたものだった。



香は背がそこそこ高く、スリムな体型。

ずば抜けて可愛いワケではないが、愛嬌のある顔だった。

うるさく厚かましく、少々鬱陶しいところがあるが、本人はマイペースだ。

それでいて言動にどことなくエッチな雰囲気があった。

悪い言い方すれば品がないんだが。



俺はそれまで一度も女の子と付き合った事なかった。

そしてこういうふうに女の子に積極的にされた事もない。

「おい、あいつお前のこと好きなんだって。付き合っちゃえよ。」

香が俺に何かしてくる度に、俺は友人達からこう言ってからかわれた。

そのうち段々と俺もその気になってきていた。

オナニーなんかは香の事を考えながらするようになった。

香のあれやこれ、いやらしい事を想像した。

だけど周りには気取られないように、興味ないふりをしていた。

自分からは動かず、いつも香からのアクション待ちだった。

友人たちの手前、やっぱり照れがあったのだ。



そんな香からある日ついに体育館の裏に呼び出された。

「ねえねえ、あんた、ほんっとに付き合ってる人とかいないんだよね?」

これは今まで何度も聞かれた事だが、この日もしつこく念を押された。



放課後、俺は妄想を膨らませつつ、友人の目を欺き、体育館の裏へと行った。

しばらく待っていると、香がやってきた。

香は一人じゃなかった。隣にもう一人女の子を連れていた。

そう言えば、いつも香と一緒にいる子だが、でもあまり印象が無い。

香も一人じゃ恥ずかしいから、立会人でも連れてきたんだろうか。



「で、何のよう?」

俺はしらじらしく香に聞いた。

すると香は隣にいる女の子に、

「ほら、○○来てくれたよ。言っちゃいなよ〜。」

するとその女の子はしばらくモジモジしていたが、

「あの・・・私、実は・・・前から○○君の事が好きで・・・。」

と顔を真っ赤にして、そこまで言ってまた黙ってしまい、

香の方を助けを求めるような目で見た。

「ほら。」

と香はその子の背中を軽く押す。

「あの・・・もしよかったら、私と付き合って下さい。」

その子はそう言うと、今にも泣き出しそうな顔でうつむいてしまった。



俺は、そういう事だったのか、とすべてを悟った。

今まで香が俺に付きまとっていたのは、

この内気な子の為に調査をしていたのか。



香はその子の肩をよしよしといった感じで抱き、俺に、

「ね、こう言ってるじゃん。こんないい子いないよ。付き合いなよ〜。」

とフォローを入れてきた。そして畳み掛けるように言う。

「あんたも教室の前通る時、いつもこの子のこと見てたじゃん。ね、ね。」

いや、悪いけど俺はその子の方は見ていない。

お前が派手に手を振るからそっちを見ていただけだ。

だけど、この場でそんなこと言えるはずもない。

俺はしばらく口の中でもごもご言っていたが、

最終的には押し切られ、この子と付き合う事になってしまった。

この子、名前を久恵と言った。この日、初めてその名を知った。



俺は久恵についてよく知らなかったのだが、

久恵と同じ中学出身の友人に言わすと、けっこう人気があったそうな。

大人しく、背も小さくて、素朴な可愛らしさをもっている。

香とは全く正反対の控え目な性格だ。

友人に言わすとお嫁さんにしたいタイプ、ナンバー1だそうな。

「久恵ちゃんは俺が守ってやるから、お前は香とでも付き合え。」

なんて友人にやっかみ半分そう言われたものだ。



この日から俺と久恵との清いお付き合いが始まった。

毎日、俺と久恵と香の三人で一緒に帰った。

それまで一緒に下校していた友人たちからは、裏切り者と後ろ指をさされたが。

学校から見て、俺の家と、二人の家の方角は全く逆だ。

俺は自転車通学で、彼女たちは徒歩だ。

俺は自転車を押しながら歩いて二人を家まで送った後、

自転車に乗り一人で家まで帰る。

結構な遠回りだったが、付き合うってこういう事なんだろうと思った。



久恵は筋金入りの内気な子で、なかなか自分から話し掛けてこない。

俺が気をつかっていろいろ話すのだが、それについての答えは返ってくるが、

それ以上の広がりはなく、また無言になってしまう。

ホント困ったが、こういうときに香の存在は役に立った。

久恵も香にはよく喋るし、自然と俺も久恵より香によく話し掛ける。

だから香を通して、俺と久恵はコミュニケーションをとっているような形になった。

だから久恵と二人でデートの時など気まずくて、俺は息が詰まりそうだった。

久恵ははたして満足しているのだろうか。



俺はオクテだし、久恵も大人しい。エッチな関係にはならなかった。

彼女が出来たとは言え、俺は相変わらず一人でオナニーする日々が続いた。

一応、久恵の事を考えてしてみたが、想像が沸いてこないし、興奮が得られない。

何だかんだでオナニーの時に思い浮かぶのは、いつも香だった。



さて、そんなある日、久恵が熱を出して学校を休んだので、

学校帰りに香と二人で久恵の家へ見舞いに行く事にした。

久恵の家へ向かう途中ふと思ったが、香と二人きりで歩くのって初めてだ。

何となく嬉しかった。話も妙に弾んだ。

話題もいつもと違う。この日の香は下ネタが多かった。

いつもは久恵と一緒だから控えているのか。



久恵の家に着き、部屋に通された。女の子の部屋は初めてだ。

久恵はパジャマ姿。可愛いなあ、とは思った。

熱でつらそうだったので、用件を済まし、すぐにおいとました。



久恵の家から出た後、何故か香が、

「うち寄ってく?」

と言うから香の家にも寄っていった。久恵の家のすぐ近くだ。

部屋にはあげてもらったが、一分もしないうちに追い出された。

自分で呼んでおいてそれはないだろうと、帰りに一人思った。



翌日も久恵は休みだった。

久々に俺は友人たちと帰ろうとしたのだが、香につかまった。

友人たちは意味ありげに笑い、俺を置いてさっさと帰ってしまった。



「帰るの?一緒に帰ろっか。」

「嫌だよ。家逆だろ。それとも今日も久恵んちに見舞い?」

「う〜ん、あんたが行きたいならついていってもいいよ。

 どうせ一人じゃ行きづらいんでしょ?」

「いや、いい。帰る。」

「冷たいんだー。あ、そうだ。よし、今からあんたんち行こう。」

俺は正直ドキッとしたが、平静を装い、

「ついてくるなよ。」

「行く。昨日、久恵と私の部屋入ったんだから、今日はあんたんち。」

「じゃあ、久恵が治ってから二人で来いよ。」

「ん〜。その時は私がいたら邪魔だろうから、今日は偵察を兼ねて先に。」

「何なんだ、その理屈は・・・。」

と言いつつ俺の心はウキウキした。

ただ香と二人で俺の家に行く所は人に見られてはいかんと思った。

自転車の後ろに香を乗せてこそこそと帰った。

俺にしがみつく香の胸が背中に触れる。やわらかい。



俺の部屋での香の暴れっぷりには困った。

「ぎゃーぎゃー、何これー!」

と騒ぎながら勝手に机の引き出しあけたり、押し入れ覗いたり。

「やめろって。」

と、香の手を掴むと、

「あははは。」

と異様なテンションで俺にもたれかかってくる。

香からはいい匂いがするし、さっきの自転車の事もあって、

俺はムラッときたが、とりあえずは抑えた。

ちなみに両親は共に仕事で夜まで帰ってこない。



香はベッドに腰掛け、辺りをきょろきょろ見渡しながら、

「ふ〜ん。」

と、しきりに関心していた。

「どうした?」

「べっつにー。けっこう片付いてるなーと思って。」

そう言うと香はベッドの下を覗きだした。

「おい。何やってんだよ。」

「男の人ってえっちな本、ベッドの下に隠すんでしょ?」

「隠してねえよ。」「隠してる。」「隠してない。」

香はベッドの下を丹念に探し始めた。

四つんばいになってベッドの下を覗き込む。

お尻だけを突き出した体勢だ。

そのお尻を見ていると、俺は香とバックでやっているのを連想してしまった。

チンコがムズムズきた。香を後ろから犯しそうになった。



「つまんなーい。えっちな本どこに隠してるの?」

その言葉でハッと我に返った。

「隠してないよ。持ってないもん。」

「え〜嘘だ〜。」

「ホント。」

「・・・じゃあ、どうしてるの?」

「は?何が・・・?」

「何がって・・・ねえ・・・ナニじゃん。」

「・・・。」

「あ、分かった。久恵のこと考えてしてるんだー。」

香は普段からおかしい奴だが、

この日はいつもとは違ったおかしさだった。



「してるんでしょ?久恵のこと考えて。ね、ね?」

「してないって。久恵は何と言うか、そういうんじゃないんだよ。

 えっちなこと想像できないって言うか・・・。」

「へえ〜、よく分からないけど、久恵のこと大事に思ってるんだ。

 じゃ、ずっと我慢してるわけだね。」

「いや、ちゃんと抜いてるけど・・・。」

「ええ〜、何で何で?よく分からな〜い。」

「ま、一人でするときはもっぱら香のこと考えてるよ。」

これは嘘ではない。が、冗談っぽく言ってみた。



香は固まった。しばらく黙っていたが、

「ま、また〜。やらしぃ〜。」

と言って笑った。明らかに動揺している。

たじろぐ香を見て俺は調子に乗った。

「いや、ホントホント。毎晩毎晩、香のいやらしいの想像して、してる。」

と言って右手を上下に動かした。

香は恥ずかしがってうつむき、上目づかいで俺を無言のまま見つめてきた。

俺もその香の表情に息を呑んだ。



気付いたときには、俺と香は膝立ちで不器用に抱き合っていた。

俺は正直かなり興奮していた。

だが、この先どうもっていっていいか分からない。

でもチンコはもうビンビンだ。気付かれないように少し腰は引き気味。



「なあ、香。しよっか。」

「ん・・・でも・・・。」

「な、な、いいじゃん。俺、香のこと好きだし。」

「・・・でも、久恵に悪いよ・・・。」

「言う。久恵には俺からちゃんと言う。だから、香・・・。」



久恵にこんなこと言えるだろうか。

久恵と別れて、香と付き合う度胸なんて俺にあるわけがない。

だが、この場はやりたい勢いでこう言ってしまった。

もう香とやりたくてやりたくて我慢が出来ない。

久恵、浮気、避妊、今後、とか頭をよぎるが、体はもう止まらない。

後先の事などどーでもいい。何とかなる。とりあえず今、香とやりたい!



「ダメ。久恵には言っちゃダメ。・・・とりあえず内緒にしよ。ね。」

香なりの久恵と俺に対する葛藤があるのだろうが、

俺は今やれればどうでもいい。適当に頷いた。

そして少々乱暴に香をその場に押し倒し、

震える手で香の制服のボタンに手をかけた。

香は目をつぶり横を向いて為すがままにされている。

しかし俺も手が震えてなかなかうまくボタンを外せない。

ヤケをおこしブラウスを引きちぎりそうになった。

「ちょ・・・ちょっと無茶しないでよ。

 もー。自分で脱ぐよ・・・。○○も・・・脱ぐんだよ。」

香は上半身を起こし言った。

「あ・・・ああ。」

と、俺はそのまま上着を脱ごうとしたら、

「こっち見ないで!向こう向いて脱いでよ!」

と怒られた。これから裸で抱き合おうというのに、いいじゃないか。



俺は後ろを向いて上着とズボンを脱いで、パンツ一丁になった。

ちらっと香の方を見ると、香も後ろを向いている。

スカートを下ろし、ブラウスのボタンを外しているようだ。

俺はドキっとしてすぐ目をそらした。

しばらくすると、「こっち見ていいよ。」

振り向くと、白いブラとパンティだけの香がそこに立っていた。

「ね、恥ずかしいよ。カーテン閉めてよ。」

俺は慌ててカーテンを閉めた。

部屋は暗くなったが、多少の日の光がもれている。

俺はまじまじと香を見た。

「恥ずかしいよ・・・。」

香はそう言いもじもじと手で体を隠す。

俺は香をそっと抱き、ゆっくりとベッドに寝かせた。

俺は余裕あるように見せかけていたが、実はかなりテンパっていた。

こういう時は女の方が度胸ある。香はもう落ち着いているようだ。



「ねえ、私、初めてなんだよ・・・。」

香は積極的だし、もしかしてもう体験しているのではと思っていた。

実際、多分あいつ処女じゃないよなどと友人たちも言っていた。

俺はこの香の告白に嬉しさのあまり、つい、

「香!」

と叫んで、強く抱きしめ、

「お、俺も初めてだ。」

と、今思うと間抜けな事を言った。

「知ってるよ〜。」

香は意地悪っぽく、俺の耳元で小声で囁いた。

俺は我慢できず、そのままハァハァ言いながら、

股間を香に押し付けブラの上から香の胸を揉む。

初めて手で触れる女の子の胸。

さっき背中で感じた以上に弾力がある。

「・・・ん・・・・んん・・・。」

香も小さく声をあげた。俺はますます興奮してきた。



そして香を横にして背中に手をまわし、

かっこつけて片手でブラを外そうとした。

が、上手く外れない。

またもや焦ってヤケをおこし無理に外そうとすると、

「痛いってば・・・。やさしくしてよ。」

「あ、ごめん。」

俺は香の上半身を起こし、背中を覗き込むようにして両手でブラのホックを外した。

香は両手で外れかかったブラを胸の辺りで抑えていた。

俺は胸が見たくてその手をどかそうとした。

しかし香はニヤニヤしてなかなか胸を隠した腕をどかそうとはしない。

俺もむきになり力を入れて強引に香の腕を外そうとする。



「いや〜。」

香は笑いながら体を避けた。

いっぱいいっぱいの俺は、かなり本気だ。

香はそんな俺をからかうかのように、ベッドの上を逃げ回る。

お互いもつれ合って、じゃれているようになった。

そして香も観念したのか、やっとのこと腕を下ろした。

俺はゆっくりブラを取った。

そこには香の膨らんだ胸があった。けっこう大きくて形がいい。

先っちょにはピンクの小さいかわいい乳首がついていた。

「香!」

俺はそう言って激しく乳をもみながら、乳首にしゃぶりついた。

「ちょ・・・ちょっとくすぐったいよ・・・痛っ・・・ぅあ・・・んんん・・・」

香はくねくね体をよじらせながら、今までに聞いた事のない声をあげた。

香のおっぱい。いつもオナニーしながら想像していた。

それが今、目の前にあって、俺が弄んでいる。

ああ・・・。



と、次の瞬間、俺の体に異変が起こった。

「ううっ・・・。」

ぞくぞくっとしたものが背筋を走ったと同時に、頭が真っ白になった。

そう、興奮が絶頂に達してしまったのだ。

情けない事に、香に押し付けていた股間が耐え切れず、いってしまった。

アッと俺は腰を浮かしたが、もう遅い。びくんびくんとチンコが脈打ってるのが分かる。

はぁぁ〜。パンツの中で果てるなんて・・・。

俺は腰を浮かせた状態で動きが止まってしまった。

香はそんな俺を不審そうに俺を見て、

「どうしたの??」

と聞いてきたが、すぐに何が起こったか悟ったんだろう。

「ちょ・・・ちょっと、あんた・・・まさか・・・。」

そういうとベッドからぴょんと飛んで離れ、

ブラを付け直し、慌てて制服を着始めた。



「いや、香・・・これは・・・その・・・。」

俺は言い訳をしようとするが、どうにもならない。

パンツの中がベトベトで動けない。

ベッドの上でパンツ一丁のまま俺は、服を着る香を見ているしかなかった。

香は一切こっちを見ようとせず、無言で素早く制服を着終え、

かばんを持って、ぴゅーっと部屋から出て行ってしまった。

たんたんたんと階段を降りる音が遠ざかる。

俺はベッドの上で情けないカッコウのまま、ふ〜と溜息をついてうつむいた。

そしてティッシュをたぐりよせ、恨めしそうにチンコをふいたのだった。

両親が帰ってくるまでにパンツも洗っとかなきゃ・・・。



翌日、俺は学校で香に会わす顔がない。

香だけじゃない。久恵にも会わす顔がない。

だが、幸い久恵は今日も休みのようだ。

俺は香と会わないように一日を過ごした。。

下校時間、逃げるように教室を出て、自転車置き場へ行くと、

そこにはすでに香が立っていた。

「う・・・うわ・・・。」

俺は思わず逃げ出そうとしたが、香に襟首をつかまれた。

「待ちなさいって!」



そして香は俺の耳元に口を近づけこう言った。

「昨日は二人ともどうかしてたのよ。昨日のあれは無かった事。

いいわね。久恵にも誰にも絶対言っちゃダメよ。

言ったら私だけでなく、あんたも破滅するわよ。分かるでしょ?」

「は、はい。」

そしてしばらく間を空けニヤリと笑いながら、

「分かればヨロシイ。・・・ソーロー君。」

「昨日の事は無かった事なんだから、ソーローってのも無かった事だろ。」

「くっくっく。そうね。まあ、いいわ。ほら、これ。」

と、プリントを手渡してきた。

「これ、一人で久恵の家に行って渡してきなさい。」

「一人で?」

「一人で!」

「はい・・・。」



俺は自転車を猛烈にこいで一人で久恵の家に行った。

この日はパジャマの久恵とけっこう喋った。

俺はいつも以上に多弁になった。

久恵も家だからリラックスしていたのか、珍しく会話が途切れなかった。

俺の方が聞き役にまわる事も多かった。

久恵はもうほとんど回復していたし、つい長居をしてしまった。



帰り道ふと、昨日そういえば香とキスしなかったな。と思い出した。

久恵に対する罪悪感みたいなのが俺の中にあったのだろうか。



それから何事もなかったように毎日が続いた。

いつものように三人で下校した。

女は肝が据わっている。香は普段と全く変わらなく俺に話し掛けてくる。

態度に出して久恵に気付かれるのを、香なりに恐れたのだろう。

一方ヘタレの俺はあの日以来、まともに香の顔を見れなくなっていた。

そのせいか、久恵に話し掛ける回数が増えた。

そのうち香に彼氏が出来て、俺と久恵が二人で帰るようになった頃には、

久恵とは打ち解けて何でも喋れる仲になっていました。



おしまいです。





ソーローでスマン!

本来なら久恵と初体験とか書ければよかったんだけど。



その後、久恵とは何度かやれそうなチャンスがあった。

だけど俺は香とのこの事がトラウマになってて・・・

つまり、また挿入前にいってしまうんじゃないかと、

そう考えると怖くて出来なかったんだよ〜。

結局大学になるまで久恵とはやれなかったんです。

だから高校時代のえっちな思い出はこれくらいなのです・・・。



香はしっかり高校時代に処女喪失してましたが。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【友達】若さゆえのあやまち 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ