相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】女「男君のこと改造させてくれない?」【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


女「ねえ、男くんってさ、いつもクラスで一人だよね」

男「え…」

女「クールだねっ」

男「…べ、別に…」

男(本当はただ、友情運ないだけなんだけど。)

女「やっぱ一人の方が楽だよねー」

男「そ、そうだね…」

男(女さんと初めて話した…。嬉しい…)

男(俺、今日で全部の運使ったかも…)

女2「ねえ、女ー!何してんの?帰ろ?」

女「ご、ごめんー!じゃあね男くん!」

男「あ…ばいばい…」





女「おまたせー!」




女2「…何話してたの?男くんって暗いじゃん」

女「んー?…なんとなく」

女2「なんかオタクっぽいしさー。あ、それより―」

女(何でもかんでもオタクって馬鹿にするのは駄目だよ…)

—-

男「…」

男(クラスの中心的グループにいる、あの可愛い女さんと

 話せたんだ…!!)

男「…今日の夜はゲームしないで過ごそう…」

次の日の昼休み

男(今日はどこで食べよう…教室で一人は嫌だし)

女2「男くん、また一人じゃん」クスクス

女3「なんで、友達つくらないんだろーね」

女4「キャハハwwwwwwww」

女「…」

ガタッ

女2「あれ、女?」

女「―、男くん!」

ビクッ

男「…な、何…」

男(クラス全員がこっち見てる…)

女「ねえ、後で話あるから待っててよ!ね?」

女2「…ちょ、何言ってんのwwwww」クスクス

男「な、なんで女さんが…」

女「ちょっと聞きたいことあるしね。じゃーねー」

カタン

女3「ねえ、女。何言ってんの?」

女「え?普通に聞きたいことあるし…」

女2「もしかして…好きなの?」クスクス

女「んなわけないでしょー」

男(嘘みたいだ…。女さんが俺に…。とりあえずさっさと場所探そう)

ギャル男「ヒューwwww男くーん!童貞卒業できるじゃんwwww」

不良男「男くんもモテ期とーらいwwwwwギャハハハwww」

男「…っ」

女(…男くんっ…)

女2「ギャル男達、ちょーうけんだけどwww」

女4「あいつらやべーwwww」

女「ちょっとギャル男達!男くんかわいそうじゃんっ」

男(…女さん!)

ギャル男「あー?wwwwもしかして趣味変わったのか?www」

不良「男はきもすぎて女には似合わねーよwww」

女3「女ー!そうだよーwww一緒にイケメンgetしよ☆」

女(―っ、そういうことじゃなくて…)

男「…っ。」

ダッ

女「あ、男く…!」

不良「女ちゃん、男くんに振られちゃったーwwww」

女「んなっ、元々告ってないし!!」

ギャル男「そんなにムキになんなよーwww」

女(まったく…。ギャル男達ったら…)

女3「女!弁当食べよ!」

女「…うん…」

女(男くん、大丈夫かな、)

—-

男「…モグモグ」

男(はあ…。またクラスのやつらに馬鹿にされ…ちゃ…ったな)

男(お母さんの、弁当美味しいや…)

男「それより…女さんの話って何だろ…」もぐもぐ

放課後

女2「ねえ、女!帰らないの?」

女「あーごめん。今日は先帰ってて」

女2「ふーん…。あ、男くんとらぶらぶ?」

女「ちょっと!違うってばー…」

女2「嘘嘘!じゃーね!」

女「うん!ばいばい」

女(って…男くんいないし…。鞄はあるのに、どこだろ)

―カタン

男「…」

女「あ、男くん!良かった。まだいて!」

男「…う、うん…」ビク

男(き、緊張す、る…)

女「あ、昼休みはごめんね…。みんなの前でいう事じゃなかったよね」

男(俺のせいで…女さんは…っ)

男「…」

女「…男、くん?」

男(やっぱり、地味だしきもい俺はいない方がいいんだ…)

男「どうせ…女さんも、俺の事…きもいって思ってるんだ、ろ…」

女「え?」

女(…私、何か言ったかな…?)

男「…皆、俺の事きもいとか言うし、女さんだって…なんで俺に

  話しかけ、るんだよ…」

女「…ちょ、男く…」

男「女さんだって…心の中では俺の事馬鹿に…してるんだろ…。」

男(絶対、俺の事きもいって思ってる。こんな可愛い女さんが地味な俺に、

 構うわけない…)

女「…、私はそんな事思ってないよ…」

女(確かに、今のグループと一緒にいたらそう思われても仕方がない)

男「…。」

女「そんな悲しい事言わないで」

男(―…。女さんの悲しそうな、顔…。初めて、見、た…)

男「ご、めん…俺…」

女「いいよ!私、男くんの気持ちちょっとわかるし」

男(え?わかるって…)

女「それで、話があるってやつなんだけど…」

男(ドキ)

女「あのね…私ずっと前から思ってて…」

男(―え…っも、しかして…)

男「…ドキドキ」

女「―っ!!男くんを改造してもいいかなあ!?」

男「…え…?」

女「あ、やっぱ駄目かなっ…。駄目だよね…っ…」

男「か、改造って何…」

女「え、えと、改造ってゆーかプロデュース?みたいな…ははは」

男「…な、何で…」

女「えっと、私さスタイリストとか美容師系の仕事つきたいの。

  それで男くん、目大きいし歯並びいいし素材はいいと思うから

  絶対もっと格好よくなれると思うんだよね!」

男「―っ…」

男(初めてそんなこと言われた…)

ぎゅ

男(ちょ、女さんの手が…)

女「…ね?…お願い」

男(上目遣いで…見、るなよ…)

男「いいよ…」

女「本当!?やったあっ!有難うっ」

男(―ドキッ)

女「わーい!やっといえたあー」

男(ドキドキ…。なんだこれは…。)

女「私、頑張るから!じゃ、次の休み男くんの家行っていい?」

男「えっ―えぇええ…っ」

男「で、でも…」

女「駄目だったら私の家でもいいけど」

男(女さんの家…!?緊張しすぎて…)

男「やっぱ…俺の家、が、いい」

女「わかったあっ!じゃあ休みのときね。ばいばーい」

ガラッ パタン

男「…」

男(これは…夢…か…?いや、痛い…。俺、も、リア充なれる、のか…?)

ドキドキ…。

男「…でも…俺には無理、だよな…」

その日の夜、俺は好きなアニメキャラの抱き枕を

抱きしめられなかった。

―二日後。金曜日。

あの日から女さんと一言も喋っていない。

男(…何時に来るんだろう)

先生「次、体育だから移動教室急げよー!!」

皆「「はーい」」

ギャル男「今日俺バスケがいーなー」

女2「あっつーい」

女「そーだね」

男(女さん普通だ…。)

男(体育、教室出るの最後でいい、や…。一人だし)

男(―あ。女さんの制服…)

男「いい匂いしそう…―って」

男(俺、変態、みたいじゃねえか…!!…でもちょっとだけ…)

そっ…

ガンッ

男「―っ!!い、てぇ…」

女「…何してるのよ…」

男「―あ、女さ…ん…」

男(や、やばい…)

女「……。変態」

男「…―っ!!!」

男「ご、ごめ…っ」

女「もうちょっと格好よかったらいいけどねー」

男(ズキン…)

男「…あ」

女「なーんてね。これから私が格好良くするんだもんね」

男「…そ、そだね…」

女「あ、これ」

男(…紙?)

女「私のメアド。時間はメールでいいよね?」

男「―う、うん。」

女2「ねー女まだー!?」

女「あー待ってー。じゃ待ってるね。」

タッ

男「嘘…だろ」

男(俺…。まじで、頑張ろう、かな…なんて)

男「でも俺はキモメンだしな…はは」

俺はその紙を鞄に入れ、体育館に移動した。

—–

女2「ねーまた男くんと話してたでしょ?」

女「あ、まーね」

女3「最近仲いーね?」

女「ふ、普通だよ~」

女2「もしかして好き、なの?wwwwwwww」

女「好き?ないない。友達だよ!」

女(私のこの気持ちに嘘はない。プロデュースしたい気持ちは大きいけど

  恋愛とは別な感じだし…悪いけど第一好みじゃないし…ね)

ギャル男「おー?女が男くん好きだってー?」

後ろからクラスのチャラ男達がきた。

女「何聞いてんだし!体育男子あっちじゃん」

不良「もしかして女ちゃん付き合っちゃってんのー?」

女2「もー最近仲が良くってーwwwwww」

ギャル男2「ギャハハハwwwww」

ギャル男「…まじで男くんと付き合ったりすんじゃねーぞ」

くしゃ ぽんぽん

女「―っ///、ば、ばか!」

女(私の好みは格好よくて…優しくて…。そう。ギャル男みたいな―って…)

女(ち、違う!!あんなちゃらちゃらした男なんて好きじゃない)

女2「女、行こ!」

女(そうだよ。今は男くんのプロデュースの内容考えなきゃ!)

次の日―

ピンポーン

男(―っ!!、女さんかな?)

ガチャ

女「こんにちは。男くん」

男(女さんの私服可愛い…っ!!)

女「お邪魔しまーす!」

男「ど、どぞ…」

男(何度も俺の部屋チェックしたけど萌えアニメグッズは全部隠したし掃除もした)

男(これで完璧なはず…っ!!!)

女「男くんのお部屋どこ?」

男「に、二階のすぐそこ…」

ガチャ

女「わー!すごい綺麗に整頓してある!やっぱ頭のいい人は違うんだねー」

男「あ、ありが、と」

男(綺麗にしといてよかった…)

女「じゃ、早速だけど私考えてきたんだ!」

男「…?」

女「男くんはさ、クール系、さわやか系、元気系。おおまかにいうとこの3つなんだけど

  どれがいい?」

男「え、と…」

男(なんか俺には全て似合わないような気がする…)

女「何でもいいよっ!」

男「お、俺に似合うのは何だと思う…?」

女「ん?うーん…性格は別にして考えるね?…私的にはやっぱりクール系なんだけど…」

男「く、クール…」

男(そういや、前に女さんにそうやって言われたな)

男「俺、く、クールでいい…」

女「ほ、ほんと!?やっぱ男くんはクールが1番だよ!雰囲気クールっぽいし!」

男「そ、それってやっぱ…ぼっち…って…」

女「…え?何が?」

男「―あ、いや…」

男(女さんは、俺を馬鹿にしてるわけじゃ、ない…んだ)

女「もちろん、性格は最後にしてもいいよね?」

男「あ、うん…」

男(性格もアドバイスしてくれるんだ…)

女「髪型は前髪を目と目の間くらいにして薄くきるの。もちろんストレートね。」

男「…う、うん」

女「あ、クラスのチャラ男みたいに茶髪にしないで黒髪でね。そっちの方が格好いいよ!」

男「黒髪…」

女「それで無造作ヘアーもいいけどスプレーで少し髪を整えるの。絵に描くとこんな。どう?」

男「―、お、俺に似合うのかな…」

女「男くんなら似合うよ!私が言ってるんだから!」





女「それで今の髪型は言い過ぎかもしれないけどパンチパーマっていうか、無造作ヘアーの

  行き過ぎた感じ…だから。軽く切ってもいい?」

男「う、うん」

女「あ、安心して!私の親美容師だし昨日何回も聞いたから!」

男(女さんが切ってくれる…。俺、し、あわせ…)

女「こういうの何回もやってるから平気だよ」

そういって女さんは慣れた手つきで

新聞紙をひいたり、準備し始めた。

女「じゃー切るから動かないでね。」

男(…緊張する)

シャキン

男(う、わ…本当に切ってる…。耳の傍ですぐハサミの音が…)

女「痛かったら、言ってね?」

男「だい、じょうぶ…」

男(女さんが俺の髪をさわって…や、ばい俺)

そして20分後―。

女「よし!あとは前髪!男君、こっち見て?」

男(ドキ)

女さんと向かい合う体勢になった。

女「これで最後だから我慢してね」

男「―…」

ぐい

女「ごめん、顔こっちに向けて…」

男「―っ、///」

男(顔が、近、いっ)

シャキン

男(う…。)

女「…男君…目、瞑って…」

俺はぎゅっと目を瞑った。

男(女さんの手が俺の顔に触れてる…)

シャキン パラ…

女「…よし、完了!」

男「あ、ありがと…」

女「あとは、アイロンしてスプレーすれば完成だけど…その前にシャワー

  してきてもいいよ!」

男「…え?」

女「だってそっちの方が気持ちいいし、さっぱりするでしょ?」

男「わ、わかった…。じゃ、待って、て…」

女「はーい」

パタン

トントン

男「はー…。俺、やばいぞ…」

男(髪、短くなってる…。女さんが切ったんだ…。なんか上手だな)

男「早く、風呂入ろう…」

—-

女(男くんが戻ってくるまでに新聞紙片付けよ…―って)

女「何、この漫画…。…萌えアニメ…?漫画かな」

ぱらぱら…

女「ってこれけい○んじゃん!やっぱあずにゃん可愛い…っ」

女(やっぱ男くんもこういうの見るんだあ…。)

女「わー!4巻もある!」

女(最近、メイクとか自分磨きばっかであまり没頭できなかったしね…)

—–

男「ふー。さっぱりし、た…」

男(女さん、何してるかな)

ガチャ

男「お待た……せ……―っ!!!」

目の前には俺の漫画が沢山積み重なっていた。

男(う、嘘だろ…俺…)

女「あ、ごめん…。勝手に見ちゃった…えへへ」

男(絶対、女さんに、ひかれ、た…)

女「あれ?男くん?…怒っちゃってる?…ご、ごめんね…っ」

男「い、いや…別、に…」

女「やっぱけい○んってあずにゃんが1番可愛いよねっ」

男「…え」

女「ほら、これだよーお。あ、やっぱ男くんは唯ちゃん派?」

男「いや、俺は澪ちゃん…」

男(だって、女さん…黒ロングなところとか可愛いところとか澪ちゃんにそっくりだ、し…)

女「そーなんだ!面白いよねー」

男「―って何で…それ知って…」

女「え?何で?」

男「いや、意外…」

女「あはは!そう?ついでにジャ○オタでも前あったんだよー」

男(う、そだろ…女さん…ギャップありすぎ…)

女「今では全部やめて自分磨きに没頭してるけどね!今では全部前の話。」

男「そう、なんだ…。やっぱり夢を…」

女「うん。私絶対自分の夢叶えたいんだ。」

男(―ドキ)

男(女さんって、すごい…)

女「あ、じゃあ私髪乾かすね!持ってきたんだ!」

男「あ、ありがと…ね」

さわ…

男(ドキ)

男(また髪、触られてる…っ)

女「ん?どうかした?」

男「べ、つに…」

男(顔、赤いの、バレ無いように…しないと)

女「―よし!じゃあ次アイロンとか持ってきたから次やるね」

男「…うんっ」

女「男くんてアイロンとか持ってる?」

男「…も、ってないし…初めて…」

女「あ、本当?じゃあ、どうなるか楽しみだね!」

男「お、俺も楽しみ…」

女「あ、準備できたみたいだから。やるね。熱かったら言ってね!」

男(確かに熱そう…でも我慢だ…)

そしてアイロンは前髪と後ろ髪を軽くやって5分ほどで

終わった。

女「結構いい感じ…!やばいよっ」

男(…なん、か俺、変わったのか…?)

女「あ、仕上げに髪ちょっと立たせるからスプレーつけるね」

そして女さんは立てひざになって俺の

頭に触れた。

男(め、目の前に女さんの…む、ねが…)

男「…っ」

男(や、べえ…)

女「はい!完了!」

すぐに女さんは離れた。

男(ホッとするようながっかりするような…)

女「あー!!」

男「…?」

女「眉毛、剃るの忘れた。」

男「まゆ、げ?」

女「剃っても良いかな?結構眉毛で顔変わるんだよ!」

男「い、いいよ…」

男(女さんが剃ってくれるなら何でもいい…)

そして10分後にはボーボーだった俺の

眉毛が格好良くすっきりしていた。

女「―っ…!!!」

男「…?女さ、」

女「―やばい!私頑張ったよ!!」

男「…え?」

女「すごく格好よくなった!!!」

男「え…え…」

目の前で女さんがはしゃいでいた。

男(そんなに…?)

女「もー男くん!芸能界入れるよ!」

男「…は、はあ…」

男(ついさっきまでキモメンだった俺が…?あり、えねえよ…)

女「ねえ!」

男「―っ!!」

女さんの手が俺の腕を握った。

女「絶対クラスの皆驚くよ!」

男「ドキ…」

女「よし!次は制服の着方と振る舞いと私服選び!」

男(―女さんは。俺のために…こんなに…。っていう、か、半分女さんの

  ためでもあるような気がするけど…。)

女さんは

今まで出会った女子とは何かが違うような気がした。

女「制服は第2ボタンまであけてネクタイは少しゆるめる!」

男「…えぇ…」

女「ネックレスもいいけど…私的にはリング系が格好いいなあ」

男「り、リング…」

女「私服はー…人それぞれ好みがあるから雑誌とかネットとかで

  調べてね?」

男「う、うん…」

女「そんで最後に…振る舞いと性格!」

男(き、来た…)

女「まずおどおどしない。」

男「―ドキッ」

女「そして自信を持つ。」

男「う、うぇ…」

女「最後に―…」

男「―…?」

女「言いたいことはちゃんと言う!」

男「…っ」

女「これだけ守れば2ヵ月後にはモテてるよ」

女「―多分だけど…」

男「―あっ」

女「どうしたの?」

男「あ、ありがとう…。女さ…ん」

女(―ドキッ)

女「―べ!べつに…。私も楽しかった…し…」

女(どうしよう…男くん、格好よくなったからあんまり直視出来ない…)

トントントン

ガチャ

男母「男ー…?今買い物から帰ってきたんだけど―…」

男「あ、…かあ、さん…」

男母「…え?…男…?なの…」

女「あ、おば様、初めまして。同じクラスの女です」

男母「あ…初めまして…」

女「あの、私が男くんの髪の毛を切らしていただきました…。えっと…」

男母「―じょ、上手ねえ!!」

男(ビクッ)

女「あ、ありがとうございま…」

男母「男がすごく格好良くなって私感動したわ…っ!!」

男「お、おい…母さん…。」

女(喜んでもらえてよかった。)

女「じゃあ私もう帰るね」

男母「あら、もう少しいてもいいのに…」

女「いえ。私も勉強しないといけないので」

男母「そう…。」

男「あ、俺…途中まで送っ」

女「あ、大丈夫だよ!また月曜日ねっ」

男「う、うん」

女「あ、あと私服は軽く流しちゃったけどやっぱココルル系がいいかな。

  ちょっとクールから離れてるかもしれないけど…。またね!」

パタン。

男母「いい子じゃない…。もしかしてあんたの彼女?」

男「ばっ…!んなんじゃねえ、よ…」

男(叶いそうも無い、俺の片想いだけど、な…)

―月曜日

女2「おはよー!女!」

女「おっはーん」

女3「おはよー、女!土曜日、女も来ればよかったのに…」

女4「本当だよお~…海楽しかったのに!」

女「えへー、ごめんね?」

女2「用事って何だったの?」

女「えーっと…」

女(どうしよ…か)

ギャル男「俺とデートしてたー♪」

ギュっ

女「ちょっとギャル男!!」

ギャル男はいきなり後ろから抱き着いてきた。

女(やっぱチャラすぎ…)

女2「んもーそんなことだったら早く言ってよーwww」

女「だからー!違うんだってばー!」

女2「もー冗談だってばwwwんで何だったの?」

ギャル男「…んで?誰とデートだったんだよwwww」

女「デートじゃないってば!」

女4「…あ、もしかして・・・あのこの前噂になってた、男くんと?wwwwww」

ギャル男「ギャハハハwwwwwwまじかよwww」

女「ちょ、もー!!」

不良男「んで?どうなんだよwwwwww」

女「だから…」

女(デートじゃないけど、ただ家行っただけだし…)

女「―…、男くんと遊んでた。」

一同「「 ・・・・・・・・・ 」」

女2「―wwwwwまじでぇ?wwww」

女3「うっそwwwwww早く言ってよwwww」

不良男「ちょ、女ちゃんまじぃ?wwwww」

女3「あいつが教室きたら問い詰めようぜwwww」

女2「でもなんであんなきもいやつなんかと…www」

女「―…え?…きもくないけど?」

ギャル男「…」

不良男「はあ?ww何言って―…」

ガラッ

皆「「 ……―っ… 」」

女(男くん…。私が言ったとおりの姿になってる…)

女2「…は、はあ…?」

不良男「…な、」

女3,4「………だ、れ…」

女「―ほら。そうでしょ?」

男くんはちゃんと第二ボタンまで開けてよく

見えないけどネックレスもつけてあるしネクタイも少し緩め。

髪型は私がセットしたときとほぼ同じだった。

女2「 なななななんでえええええええ!!!!」

女3「 ま、まじかwwwwよwwwwww 」

不良男「あいつ…整形…?」

女4「か、っこいい…じゃん…」





そして次第にクラスの女子の視線は男くんへ集中した。

男(なんか…今日は皆から、視線が…)

女「男くん!」

男(ビクッ)

男「お、女さん…おはよ…」

女「おはよお!やっぱすごいね!私の言ったとおりでしょ?」

男「う、うん…ありがとう…」

女「皆格好いいってよ!少なくとも私はそう思ってるっ」

男「―っ…」

男(女さんは優しい…)

女「じゃあまたねっ」

女2「ね、ねえ女!、女が全部やってあげたとか?」

女「…え?そうだよ。前に夢の話しなかったっけ?」

女3「いや、聞いたけど…まさかここまで…」

不良男「女ちゃんすげーな…」

女「えへへーまあね!」

不良男「今度俺にもやってくれよwww」

女「え?あんたは変えるところないじゃんwww」

女3「男くんイケメンになったね!今の男くんだったら女と付き合っても

   お似合いだと思うよっ」

女「えっまじ~?wwありがと!」

女(…相変わらず、付き合う気ないけど、ね)

女2「女の事尊敬しちゃうなあ」

女「えへへー!」

ギャル男「…」

私は皆にほめられて、気分はすごく上がって

浮かれていた。

ちょうどその時にギャル男の様子が変だったことには

気づかなかった。

昼休み―

女(あっつー自販機行こう…)

女「ちょっと自販行って来る~」

女2「いってらー」

女(やっぱ夏は苦手だよ…って、あれ?)

女「あの後姿…ギャル男?」

ギャル男は人気の少ない学校裏へ向かっていた。

女(…?どうしたんだろ…。)

私は気にも留めず、教室へ戻っていった。

ガラッ

女「たっだいまー!」

女3「おかえりー遅かったね」

女「なんか混んでたしー…」

不良男「あ、女!」

女「ん?何?」

不良男「今さ、ギャル男見なかったか?」

女「…あー見たけどどうしたの?」

不良男「あいつ昼、サッカーするとか言ってたくせにどっか消えやがった。」

女「あ、じゃあ私いる場所わかるし見てくるよ!」

不良男「ま、まじ!?なんかごめんなあ~…」

女(不良男が謝るなんて、珍し…)

女「見つかったら携帯鳴らすね!じゃあ」

ガラッ ピシャン

女2「…不良男が謝るなんて珍しいじゃん…」

女3「ちょwww失礼wwww」

不良男「…」

女4「え?何この雰囲気…」

女2「…ねえ、不良男。あんたもしかして仕組んだでしょ」

女3、4「―!?」

不良男「…まーな」

女「はぁ…っはあ…」

女(もうどこにいるの…?ギャル男…)

女3「え!?仕組んだって何?」

不良男「だーかーらー。仕組んだっていうか頼まれたんだよ!

    二人きりにさせろって!あいつの気持ち知ってただろ?」

女4「あ、やっぱ女が好きだったんだ…」

不良男「それでギャル男が今日女は絶対自動販売機行くって言ってて

    どんだけだよって感じだよなwwww」

女2「…女はどうするんだろうーね…」

不良男「…さあな」

—-

女(―あ!ギャル男いた!!)

女「おお~~いいいっ!!」

ギャル男「…女」

女「もー一人で何やってんの?不良男が探してたよ!約束

  守らなきゃだめじゃん…」

ギャル男「…」

女「今から電話するから待って…」

ぐいっ 

ギャル男「…電話、すんな」

女「…は?」

ギャル男「…俺はここでお前を待ってた」

女「待ってた…?ッってなに」

ギャル男「…俺さ、気づいてるかもしれねーけど…」

女「…?どしたの?」

ギャル男「ていうかお前、あの男と付き合ってんのかよ」

女「…男って、男くん?」

ギャル男「ああ」

女「そんなわけないじゃん!友達だよ」

ギャル男「でもさ最近仲いいし格好いいとか言ってるし付き合ってるって思っちゃうじゃねーかよ!」

女(ビクッ)

女「…あ…」

グイッ 

女「え」

ぎゅう

女(抱きしめ…られ…)

ギャル男「俺は、お前が好きなんだよ」

女「―ドキン…」

ギャル男「今まで嫉妬してたんだよ…」

女「そ、そんないきなり…」

ギャル男「いきなりなんかじゃねえよ」

女「で、でもギャル男は…黒髪な私より女2とか女3みたいな

  茶髪なのが好きなのかなって思って…」

ギャル男「俺は、お前だけだよ…」

ギャル男は力を強めた。

女「…強いよ…」

ギャル男「ご、めん」

女「私…は…」

ギャル男「…」

女(私は、このままギャル男と付き合ってもいいの…?後悔しない…?)

男『  お、女さん…あ、ありがと!  』

女「―っ!!!」

ギャル男「…女?」

女(な、何で…今…男くんの顔…なんか…)

ギャル男「…やっぱ男がいいのか?」

女「―っ!!…っ。ごめん、離して…」

ギャル男「…」

ギャル男は離してくれた

女「わ、私…たまにギャル男優しいとか思ってて…でも

  、でも…私は…、ギャル男とは…付き合えな―っ…もがっ」

途中で私の口がギャル男によってふさがった。

ギャル男「…もういいよ」

女「もがっ…な、なんで…」

ギャル男「お前がなんか男に夢中だって半分知ってたし」

女「は?なんで私が男くんなんか…?」

ギャル男「まあ俺の片想いだって最初からわかってたけどな」

女「ちょ、ちょっとまって!何で、男くんが出てくるのよ」

ギャル男「はあ?何お前気づいてないの?」

女「だから意味わかんないんだけど!!」

ギャル男「…お子様は困るなあ…」

女「ちょ!馬鹿にしないでよ!!」

ギャル男「いつか意味に気づけるといーねえ」

そう言ってギャル男は先に教室へ向かってしまった。

女「ったく…ギャル男意味わかんないし…」

女(でも普通でよかった。―好きになってくれてありがと)

照れる気持ちと寂しい気持ちが一気に

溢れ出しそうになって、必死に私は涙を堪えた。

教室へ戻ると皆が心配したような顔で私を迎えた。

ギャル男はまだ教室に戻っていなかったようで

不良男と女2たちがいた。

私は涙を堪えて皆に少し話した。

すると不良男が私の頭を軽く撫でて

「 頑張れよ 」って言った。

相変わらず何が…?って感じだったけど。

女2「あーあ。女もったいなーい」

女「何よ」

女2「嘘嘘~。お互い頑張ろうね!」

女3「女2ったら不良男好きらしいよwww」ヒソ

女「ええええぇええ!!」

女2「しーーー!!」

不良男(…?何なんだ、こいつら)

そして今ギャル男がどっかで堪えてるのかなって

考えるとまた悲しくなった。

女(なんで恋愛って上手くいかないんだろう…)

私はため息をつきながら次の授業の準備をした。

—-

キーンコーンカーン

女2「女ーかえろー!」

女「あ、待って。トイレ行って来るから下駄箱で待って!」

女2「あいよー」

女(今日は色々、あったな…。)

女子生徒「あ、あのアド教えてください」

女子生徒「キャー///」

曲がり角に女子生徒が4名ほどいるようで

男にアドレスを聞いているようだった。

女(モテる男は辛いですねー…って)

男「…あ。女さん」

女(お、男くんだったのかよ…っ)

女子生徒「…誰?」ヒソ

女子生徒「彼女かもよ?」ヒソヒソ

女子生徒「えぇえええー」

女(ま、丸聞こえだし…ね)

女(もう男くん、モテてるし…。早いな。)

男「あ、俺女さんと話したい事が…っ!」

女子生徒「ねえー、男くん!私の話聞いてよー」ベタベタ

女(―っ!何この女子生徒…っ)

男「あ、いや…でも…あぅ…」

ダッ

私は無視してトイレへ向かった。

女(なんかむかつく―っ!!なんでこんな苛々してんだろ…っ)

女(―確かにさ!あのキモメンがちょっとイケメンになっただけで

  もてるのは当たり前だけど、ちょっとは私に気を使ってくれたっていいじゃない)

女「…むかつく!」

トイレから出てさっきの曲がり角を見てみると

さっきの姿はなかった。

女(よ、よかった…。鞄とってさっさと帰ろう)

ガラッ

男「あ…女、さ、ん…」

女「―っ!!」

女(何で…いるのよ)

男「お、俺…女さんに、言いた、いことがあって…」

女「べ、別に私はないから!帰るね」

男「!?、え、何で怒って…っ」

男(どうしよう…女さん…帰っちゃ―あ…!!!)

 (前、女さんが言っていたアドバイス…)

女『 じゃあ振る舞いと性格の方ね。』

女『 まずおどおどしない。』

男(お、おどおどしない…っ!!)

ぐいっ

女「きゃっ…」

ぼさっ

女さんの体がいきおいで俺の

胸によっかかった。

女「な、何…」

男「俺は話があるから、待ってよ」

女(―ドキン…)

女『  そして自信を持つ。  』

男(自信を持つ…!)

女「わ、私女2待たせてるから今言って…」

男「女さん、俺の事で嫉妬してたでしょ」

女「―ドキッ!!」

女「そ、そんなわけ…」ぶわわわ

男(顔、赤…)

そして…

女『  言いたいことは言う  』

ぎゅう

女「…男、くん?」

男「俺、女さんに感謝して、る。俺今日楽しかった。」

女「それならよかった…。」

男「それで俺…っ」

女「男く…ん?」

男「俺、女さんが好きです」

女「…」

男「あ、れ…?」

ペタン

女さんは床に座ってしまった。

女「ひ、どいよ…」

男「…え、ご、ごめ…」

女「男君なんか、ただの地味男だったくせに…」

男(…あ…ぅ)

女「それで今の顔見たら…断れないよ」

男「は、はぁ…」

グイッ

男「―!!」

女「…もう…、他の女の子にアドレス教え、ないで…」ぐす…

男(―キュン…)

俺は初めてみた女さんの泣き顔に顔が赤くなってしまった

男「お、俺、俺、俺お…あわぁわわ…」

女「やっぱ男くんは変わらないねっ」

男「は、はぁ…」

ちゅ

そう言って女さんは俺のほっぺにキスをしてきた。

男「ああああう…っ///ええ…」

女「ぶっ…。何その反応。もっかい性格アドバイスしてあげよっか?」

そう言って女さんは顔を赤くして

笑いながら俺に背中を向けた。

女「目指せリア充だね!」

男「…うん」

俺は小さく返事して後ろから女さんを

軽く抱きしめた。



新品価格¥1,000から(2011/7/5 05:46時点)


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【彼女・彼氏】女「男君のこと改造させてくれない?」【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月3日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ