相互リンク先の更新情報!

【友達】風俗嬢が合コンにやってきた②【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


盛り上がれば盛り上がるほど焦りまくりの風俗嬢。

なんどか会話をそらそうとしてたけど、すかさず俺が修正するから風俗話が続いてた。

業を煮やした風俗嬢が席を立ったので、俺もトイレに行くフリをして部屋を出た。

そしたらさっき呼ばれた場所の近くに立ってる風俗嬢がいて、俺をジッと見てるわけです(笑)

フラフラ近付いていくとすげー剣幕で怒ってきた。

『なんであんな話するのよ!最悪じゃん!』

『あぁ?俺が悪い事したのか?』

『言わないって約束したでしょ!』

『だから何も言ってねーだろ?つーかお前態度デカくね?』

『デカくねーよ!ふざけんなよ』

『ふざけてんのはお前だろ?自分の状況分かってんのか?』

『・・・・』

『オヤジのチンコしゃぶって金もらってんのはお前だろ?』

『何言ってんだよテメー』

『てめぇ?お前ホント頭が痛いヤツだな。もうイイよ』




『ちょっと待てよ!もうイイってなんだよ!』

『待てよじゃねーだろ?待ってくださいだろ?』

『・・・』

黙ってる風俗嬢を見て心の中で大満足の俺。

そのまま部屋に戻ろうとしたらいきなり腕を掴まれた。

『分かったから・・言わないで・・・下さい・・・』

『今さらおせーんだよ。俺のチンコしゃぶった話でもするか?』

『ゴメンなさい・・・言わないで下さい・・・』

『じゃ言わないなら何してくれるんだ?ここでしゃぶるか?』

『そんなのできるわけないじゃん!』

『だろ?じゃ~イイよ、楽しく話そうぜ?』

『ここでじゃ無理だから!お願い!!ねっ?お願いだから・・・』

『この後ホテルにでも行くか?なら考えてやってもイイぞ』

『・・・・・分かったから・・・・言わないでよね・・・・』

その後の呑みはヒヤヒヤだったと思う。

時々俺が風俗ネタを織り交ぜるもんだから、その都度表情が固まってたし。

俺は中でも1番可愛くない子とメアド交換をした。

何かあった時の保険になるかなって思ったから。

俺が交換しようとしたら風俗嬢が邪魔したりしてたのは笑えたなぁ。

飲み屋を出てみんながカラオケに行くとか言うので、俺は仕事があるから先に帰ると伝えた。

風俗嬢も『じゃアタシも帰るよ』と言い出したが、俺はさっさと歩いて駅に向かった。

駅の近くで待っていると風俗嬢が慌ててやってきた。

無言のままタクシーに乗って、違うエリアに移動した。

タクシーの中でまず自慢の巨乳を揉みまくったが、もう文句も何も言わない。

調子に乗ってミニスカートの中に手を入れたが、運ちゃんがミラーで見てたのでヤメた(笑)

風俗嬢はさっきまでの威勢も無く、ただ黙って下を向いて頂けでした。

泊まる予定だったのでコンビニに寄って、飲み物とツマミを購入。

ラブホで宿泊を選んだ俺に『泊まるの?』と焦ってたけど、俺は『当たり前だろ』と一蹴。

つーかこの時間は泊まりしかねーんだよ!とダルそうに言ってやった。

まずは部屋に入って無理やり乾杯した。

『別に俺はお前を脅してるわけじゃないんだけど』

『・・・・・』

『この方がお前も気が済むだろ?』

『・・・・・うん・・・』

呑み終わって洋服を脱がせてもらい、一緒にシャワーを浴びた。

『店のサービスみたいに体洗ってよ』

『分かった・・・・』

さすが風俗嬢。諦めたかと思ったら、普通に店と同じ振る舞いを始めてきた。

顔は不貞腐れてたけど、洗ったりシャワーを当ててきたりするのは馴れたもん。

俺には最悪な接客してたくせに、指名とかしてくれる客にはちゃんとやるんだろうね。

痛いと言ってた乳首を摘まんだり、巨乳を揉みまくりながら体を洗ってもらった。

『じゃとりあえずしゃぶって』

もう無言でそのまましゃがんで、あんなに嫌がってたフェラチオを開始。

舌でペロペロ舐めて・・・なんてフェラじゃなくて、いきなり最高潮の激しいフェラ。

『お前ナメてんだろ?まずは舌で丁寧に舐めるのが普通だろーが』

上目遣いで不貞腐れた顔をしていたが、決心したらしく丁寧に舐め始めた。

これがまた何とも言えない気持ち良さだった。

征服感たっぷりだったんだろうね。

思わず頭を掴んで軽いイラマチオまでしちゃったし。

それには頭を振って嫌がってたけど関係無い。

昂ぶる感情のせいか、思ってた以上にギンギンになってた。

バキュームを始めた頃には、このままじゃイカされると思ったほど興奮してた。

だからひとまず中断させて、今度は風俗嬢を縁に座らせて大股開きをさせた。

お手入れしてるらしく、薄ら生えた陰毛は綺麗に揃ってた。

『綺麗にするから自分で広げろよ』

まるでAVのようなスタイルで、風俗嬢は自らオマンコを左右に広げた。

そこにシャワーをダイレクトに当てたら、『んぅんっ』と脚を閉じそうになる。

閉じるなよと命令しながらクリトリスに当たる様シャワーを噴射し続けた。

ダメっ!ダメっ!と腰を震わせながら悶える姿には興奮した。

このままイカれても面白くないからシャワーを止め、舐めた人差し指を膣内に挿入。

クチョクチョ音が鳴るほど濡れまくりのオマンコを、ゆっくりゆっくり刺激していった。

指が2本に増えた頃には完全に喘ぎ声を出すほどになっていた。

腕も疲れるしと思った俺は、シャワーをクリトリスに当て膣内を指で刺激しまくった。

最後は呆気なかった。

俺の肩にしがみ付いてきて、『んんんっっっ』と唸るような声を出しながら昇天。

昇天している間も激しく動かしてたら『もう許してっ!!』とか言われちゃったしw

ベッドに行ってからはまずはフェラチオ。

もう普通にしゃぶってくれてて気持ち良かった。

時々チラチラと上目遣いで見てくる顔は、生意気なんだけど凌辱されてる感ありあり。

つづく

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

|||||||||||

【友達】風俗嬢が合コンにやってきた②【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ