相互リンク先の更新情報!

【レイプ】全裸ゴーグル 【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


高校時代に水泳部に所属していた私は、毎年恒例の夏合宿に参加するため海近くの合宿所に3泊4日で泊まることになった。



水泳部といっても男子4人、女子3人の小さな部。



顧問の先生は夕方にみんなで食事をとると、自動車で隣町に買い物にでかけて就寝時間まで帰ってこなかった。



海が近くにあるのに昼間は練習で泳げない。このままだと一度も海に入らずにおわってしまう。そこで3人で相談して2日目に食事が終わって、顧問がいなくなった後、合宿所を抜け出した。みんなお尻を半分以上さらけだしているSpeedoの競泳水着にTシャツを羽織って、自転車で海へ向かった。男子にばれないように持ってきたのは、握りしめたスイミングタオルとゴーグルだけだ。



彩香と千夏と私の3人は前の日に目をつけていた誰もいない浜へ着くと、Tシャツを脱いで海に入って泳いだ。



プールと違って今なら男子の目を気にすることもない、競泳水着がお尻に食い込んだっておかまいなしに泳ぐのがこんなに気持ちいいものだとは思わなかった。



競泳水着を遊びで着るのはこれが始めてだった。



彩香は突然水着を脱ぎ始め、腰あたりまで脱いで上半身胸をさらけだした。






千夏もそれを見て脱ぎ始め、気持ちよさそうにはしゃいでいた。



彩香は更にエスカレートしてゴーグルと水着を全部脱いで全裸になり、丸めてビーチに放り投げた。



胸が小さく、下の毛が薄い私だけは恥ずかしくて水着を脱げなかった。

「彩香、誰か来たらやばいよ」と私が言うと

「気持ちいいよ、あんたたちも全部脱いだら?」と彩香は言った。



千夏が彩香と同じようにゴーグルと水着をビーチに向かって投げたが、届かなくて裸で岩の上に水着を乗せにいって、走って海に戻ってきた。



インカレで成績を残している彼女たちは身体が締まっていて、高校生とは思えない。



遊んでいるのに夢中になっていたら、いつのまにか自転車の置いてある浜辺の近くに男4人がいて、こっちを見ていた。

彩香はあわてて水につかり裸を隠したが、男の1人がこっちへ向かってきて

「一緒に花火をやらない?」と話しかけてきた。



私たちは断ったけど、強引に誘ってきた。

そうこうしていたら、1人が彩香の脱ぎ捨てた水着を見つけてしまった。

「おいっ!あの姉ちゃん達の誰か、いま裸だぞ」

「マジで?」「これ記念にもらって帰ろうか」

と水着を両手で引っ張っている。



彩香は慌てて

「やめて、触らないで」

「おっ、オマタのところが小便くさいぞ」

「そんなことない。だめえ」彩香は胸を隠しながら浜に近づいた。

「おい、ここにも水着があったぞ」



岩の上にあった千夏の水着だ。

「これは誰の?俺これ入るかな?」

男のひとりが千夏の水着に足を入れて股間までずり上げた。

「だめえ、やめてえ!」

千夏も叫んで胸を押さえながらビーチに近づいた。





私はパニックになって水着を持っていない二人の男が、水際で待ち伏せしていることを彩香と千夏に知らせることもできない。

二人は男たちに取られた水着に引き寄せられて、水際に近づいたところを、あとの2人に飛びかかられ捕まってしまった。



彩香は二人の男に捕まって、腰の深さぐらいのところで犯された。

「あああ〜 イク〜イク〜」彩香の声が聞こえてきた。



『彩香?まさか、あなた感じるの?』

彩香は男にしがみついて、自分から腰を振って喜んでいるように私には見えた。



男たちは浜にちかづくと彩香の腕を振りほどいて四つん這いにさせ、一人が水際で海に向かった座り、彩香の口にペニスを突っ込んだ。もう一人が海側からバックで彩香を犯している。私には信じられない光景だった。



千夏はどこからか男たちが持ってきた段ボールの上で抵抗を続けていた。

でも2人がかりで押さえつけられて強引に入れられた。



「いやっ、いやあ・・・抜いてえ」と懇願する千夏。

「気持ちよくしてやるから、おとなしくしろっ!」



上からのっかり首筋を舐めながら、ピストン運動で千夏を犯し始めた。

千夏の手首を押さえつけていた男が唇と乳房をなめまわす。

「ああっ ああっ」

男の動きにあわせて千夏の声が聞こえる。



二人の男にヤラレ続けた千夏は抵抗する力を失っていた。



「気持ちいい。水泳やっているだけあって締まりがいいわ、この女・・」

「中でいいか?」

「やめて・・お願い・・それだけは」



「水着脱いで泳ぐの好きなんだ、水着の食い込みに快感を感じるタイプじゃないの?」

千夏は横に首を振った。



「じゃあさあ。あんたセックスしたのいつ?」

「・・・」

「じゃあオナニーは?週何回?」

「・・・」

「答えてくれないんだったら、中にだしちゃおうか?」

「いやあ〜 お願い!!」

「じゃあ、初めて男とヤッたのいつか答えてよ」

「去年の6月」

「誰と?」

「水泳部の先輩。お願いもうやめて・・」

「へえ〜。やることやってんだ。どこで?家?部室?」

「止めてください・・」

「言えよ、やって気持ちよかったんだろ。このまま中にだしたら、子供できるぞ!!」



千夏は半分泣きながら

「部の倉庫です。」



そのまま彩香にも追及があり、彩香も同じ頃に後輩とヤッていた。





私は知らず、知らずに聞き耳をたてて、水際近くまで来ていた。

千夏は相手の名前まで言わされていて、私はそれを聞いてショックだった。

千夏とセックスした先輩は、今合宿所にいる。





水際で座り込んでいた小柄な私は、男たちに捕まり、砂が付くとセックスできないと、2人で持ち上げられたままで犯された。



「やめて」

という願いも男には届かない。

水着の中に手を入れられ胸を揉まれ、あそこを手でいじられた。そして競泳水着をずらされ、あそこを舐められて私は観念した。



抵抗をあきらめて横を向くと、初体験を告白させられた千夏がそのまま顔に出されていた。彩香が男の膝の上で手マンされ、喘いでいるのが見える。

「潮吹いたぞ」と男の声がした。



私も駅弁からバックへと持ち上げられたまま犯され、代わる代わる4人の男に何度もイかされてしまった。



3人とも存分に犯され、満足した男達は私の着ていた競泳水着を無理矢理脱がし、持っていってしまった。私たち3人にはゴーグルと小さなスイミングタオル、そして自転車が残された。



合宿所の部屋は2階でしたが男子の部屋は離れた所にあり、他の団体の移動日で私たち以外に宿泊している人がいなかったので助かった。



その時はレイプされたことより、裸で自転車に乗っているのを誰かに見つからないかということが心配だった。

3人とも暗い夜道にゴーグルをはめ、立漕ぎで合宿所の手前まで全力疾走だった。彩香の自転車のブレーキが音をたてた時は心臓が止まりそうだった。



無事に車にも人にも会わずに部屋に戻ると、お互いゴーグルをつけたまま顔を見合わせて大笑い。それからゴーグルをとって3人で抱き合って泣いた。

3人とも中出しされず、千夏の生理が遅れて心配したが、大丈夫だった。

あれから3人とも海では泳いでいない。



【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

|||||||||

【レイプ】全裸ゴーグル 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年10月1日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ