相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 8 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


60





自ら秘裂の柔肉を開き挿入を待つ果歩。



早く入れてと言わんばかりに、膣口からは涎が垂れていた。



富田 「ハァ・・・いくぞ・・・」



富田は屈曲位の体勢で、腰を前に進めた。



粘液で淫らに濡れ光る肉棒は、一段と激しく勃起していたが、もはや挿入に手間どることはなかった。



グチュゥ・・・・






果歩 「ァ・・・ハァァア・・・」



眉間にシワを寄せ、たまらなく気持ち良さそう表情をする果歩。



綺麗な白い脚を、富田の肩に高々と抱え上げられて果歩は再び巨大な肉棒に貫かれた。



胎内で圧倒的な存在感を示す剛棒。



富田 「ハッ・・・フッ・・・ハッ・・・」



鼻息を荒くしながら富田は、長いストロークでピストン運動を開始した。



果歩 「ァアッアンッ・・・アンッ・・・ハゥン・・・アッ・・・」



秘壺の奥深くを突かれるたびに頭の中が真っ白になり喘ぎ声をあげてしまう果歩。



今にも我を忘れて気持ちいいと叫んでしまいそうな程の快感。



徐々に上げってきていた果歩の身体の感度は最高潮に達しようとしていた。



グチュ・・・グチュ・・・グチュ・・・



果歩の両足をV字に開いて、富田は結合部分を見つめながら抽送を続けた。



ネットリと白く泡立った果歩の愛液を付けながら、お互いの陰毛が擦れ合うほど巨根を深く挿入する。



徐々に腰の動きを速くしていく冨田。



ヌッチャヌッチャヌッチャ・・・・!



果歩 「アッアッアッ・・・・!」



身体がくの字型になるほどの屈曲位で、圧倒的な威容を誇る肉棒に貫かれている果歩。



富田が顔を近づけると、果歩も求めるように濃厚なキスが始まった。



果歩 「ンッ・・・フゥ・・・ンッンッンッ・・」



お互いの舌を絡ませながら、荒い呼吸をするふたり。



グンッグンッと激しい富田の動きで身体を揺らされる果歩は、身体を全て富田のモノにされたかのような被征服感を感じた。



富田の背中に手をまわし、必死にその揺れに耐える果歩。



ジットリと汗が噴き出し熱くなったふたりの身体は、その密着度を深くしていく。



果歩 「ン・・・チュパッ!アンッアンッアンッ・・・!!」



キスをやめ、お互いの顔が離れると富田は果歩の脚を肩から外し、両手で果歩の腰を掴み、正常位で腰の動きをさらに激しくしていく。



富田 「ハッ・・・ハッ・・・果歩ちゃん・・・ハァ・・・そろそろイクぞ・・・。」



果歩 「アッアッ・・・ハァ・・・ハイ・・・ハァ・・・アッアッ・・・・」



果歩の返事を聞くと、富田は強烈なラストスパートをかけ始めた。



グチャグチャグチャグチャ・・・・・!!!



果歩 「ぁぁあああ!!スゴイッ・・・ァンンッ!!ハァアアン!!」



狂ったように喘ぎ声をあげる果歩。



富田のグロテスクな巨根がもたらす強烈な快感は、果歩の理性や羞恥心、全ての感情を無のものにした。



ただただ襲ってくる大きな快感によがり狂う果歩。



果歩の整った可愛らしい顔は汗と涙で乱れに乱れ、髪が額に貼り付いている。



部屋には肉と肉が擦れ合う粘着質な音と、果歩の喘ぎ声が響く。



富田 「ハァハァフゥ・・・果歩ちゃん!気持ちいいか!?」



グチャグチャグチャグチャ・・・・・!!!



果歩 「ハァアアア・・・!!気持ち・・・・アッ・・・気持ちいいです・・・アッンァアアア!!!」



振動に合わせて激しく揺れる果歩の乳房。



射精の時が近づく富田の肉棒は、一段と容積を増し、果歩の蜜壷を刺激する。



大きくなったカリが膣壁を引っ掻いていく悦楽に、果歩は全身をガクガクと震わせた。



果歩 「アッアッアッ・・・・!!もう・・アッ・・・ダメッ・・・富田さんっ!アンッアンッ!!」



富田 「ハアハアッ!あ〜イクぞ!果歩ちゃんの顔にザーメンぶっかけるぞ!」



果歩 「ァアア・・・ハイ・ァ・・アンッアッアッ!!ァアわたしもっ!富田さんっ!」



最後のラストスパートになっても富田の抽送は恐ろしく的確だった。



巨根の亀頭が果歩のGスポットを狙いを定めて責めたてる。



そんな富田の責めは果歩を一足先に絶頂へ追い込む。



ヌチャヌチャヌチャ!!!



果歩 「ハァアアっ!!もうダメっ!アッ・・・イクッイクッ・・・イッちゃう!ハァンッ!!!」



一段と大きな快感の波に襲われた果歩は身体を仰け反らせる。



しかし、そんな果歩の腰をがっしり掴んでいる富田は、腰の動きを止めずに強烈な責めを続ける。



ズチャズチャグチャグチャ・・・・・!!!



果歩 「えっ!アッアッアッダメダメ富田さんっ!!ァアアア!!おかしくなっちゃうぅ!早くっ!ァアアアッ!!」



真っ赤にした顔を両手で覆いながら絶叫する果歩。



富田 「あ〜!!出すぞ!手どかせ!イクぞっ!!うっ!!」



ズチャズチャグチャグチャ・・・・・!!!



果歩 「おかしくなるぅ!!キャァアアアアアアアア!!!」



果歩が再び体を大きく仰け反らせた瞬間、富田は淫らな蠕動をする膣から射精寸前で肉棒を抜くと、急いで果歩の顔に肉棒を突き付け、猛然と手でしごいた。



そして尿道が吹き飛ぶような快楽とともに、富田は白濁した溶岩を果歩の顔に放出した。



巨大に膨れ上がった肉棒の開いた鈴口から、ドクッドビュッドビュッ・・・と断続的に発射された樹液は上気した果歩の顔に見事に命中していく。



少し黄ばんだ濃厚なドロリとしたザーメンが果歩の顔を汚していった。





61





生温かいドロっとした液体が、目を瞑った自分の顔に降りかかってくるのを感じる果歩。



ドビュ・・・ドビュ・・・ドビュ・・・



果歩 「ン・・・ン・・・ン・・・フゥ・・・」



最初に額、そして鼻、ピンク色に火照った頬っぺた、そして取分け口の辺りには大量にかけられているようだった。



富田の長い射精がやっと収まった頃には、果歩の顔は黄ばんだザーメンで覆われていた。



富田 「ハァ・・・ハァ・・・。」



果歩 「フゥ・・・フゥ・・・。」



強烈な絶頂の後、荒い呼吸をしている果歩だが、精液が口を覆っていて開けることができない。



鼻でできる限りの呼吸をする果歩。



しかし入ってくる空気は、富田の精液のなんともいえない濃厚な生臭さをまとっていた。



不思議な感覚だった。



絶頂に達し呆然とする頭でその強烈な匂いを嗅ぐと、ビリビリと脳が痺れるような感覚になる。



しばらく口を閉じて呼吸を続けていた果歩、しかしそれだけでは酸素が足りなくなり、口を開けてしまう。



果歩 「フゥ・・・フゥフゥ・・・・ん・・・パァッ!ハァ・・・ハァ・・・。」



口を開けた事で、口の辺りに付着していた精液が口内に流れてくる。



何も考えず、果歩は舌でその触感と味を確かめてしまう。



ネットリと絡みつき、ドロっとした触感。



富田 「ハァ・・・果歩ちゃん、吸ってくれ。」



そう言うと果歩の半開きになった口に、先端に残りの精液を滴たらしてる肉棒の先端を入れる富田。



果歩 「ハァ・・・ァ・・・ンッ・・・・」



しかし、目を瞑ったまま苦しそうにするだけで果歩は何をしたらいいのか分からなかった。



富田 「吸って果歩ちゃん、残ってる精液チューって吸いとってくれ。」



富田の言っている意味をぼんやりとした頭で理解した果歩。



チュパ・・・チュジュルルル・・・・



頬っぺたをへこませて残りのザーメンを吸い取る果歩。



富田 「あぁー気持ちいいわぁ・・・ありがとう、もういいよ果歩ちゃん。」



富田はチュポンと果歩の口から肉棒を抜いた。



果歩 「ンハァッ・・・ハァ・・・ハァ・・・」



果歩は口の中の泡立った精液をどうしていいのか分からず、口の外にジュワァっとゆっくり吐き出した。



顎を伝って流れていく白濁液、指でそっと触ってヌルヌルとした感触を確かめる。



富田 「果歩ちゃん、大丈夫か?」



果歩の頭を跨ぎながら問う富田。



果歩 「ハァ・・・ハイ・・・なんとか・・・でもあの・・・」



富田 「ん?なんだ?」



果歩 「あの・・・目が・・・開けられなくて・・・。」



富田 「え?ハハ!ごめんごめん!えーとティッシュは・・・あれ?ないなぁ。秋絵ちゃ−ん!!ティッシュ持ってきてくれ!!」



大声で隣の部屋にいる秋絵を呼ぶ冨田。



果歩 「ぇ・・・あ、あの・・・。」



ガチャ・・・



秋絵 「フフ、一段落つきました?あらっ!うわぁ、果歩ちゃんお顔精子まみれね。」



果歩 「イヤ・・・秋絵先輩・・・いるんですか?」



富田に全てを解放しきった姿を秋絵に見られるのが、果歩はなんだか恥ずかしかった。



秋絵 「フフ、いるわよ。果歩ちゃん、すっごい気持ち良さそうな声だして、隣の部屋まで聞こえていたわよ?」



果歩 「イヤ・・・恥ずかしいです・・・。」



絶頂の熱が徐々に冷めてくると同時に、羞恥心が戻ってくる。



人前で全裸を晒し、あられもない喘ぎ声を聞かれ、今は男性の精液を付けた顔を見られている。



なんとも言えない恥ずかしい気持ちに果歩はなった。



秋絵 「フフ、濃いのいっぱいかけてもらったのね。」



秋絵はそう言いながら果歩の頬っぺたに付着した富田の精液を人差し指で掬う(すくう)ようにとった。



そして秋絵はその指をイヤらしく舐めた。



秋絵 「おいし・・・フフ、ちょっと待ってね、私が拭いてあげるから。目に入ったらいけないからね。」



シュッシュッとティッシュを手に取ると、秋絵は果歩の顔を丁寧に優しく拭き始めた。



富田 「悪いな、秋絵ちゃん。」



秋絵が富田の表情を確認する。



富田は笑みを浮かべ、頷いていた。



秋絵 「いえ・・・・果歩ちゃん、シャワー浴びにいこうか?」



大体の精液を拭き取ってもらった果歩。



まだ顔がカピカピする。



薄っすら目を開けるとすぐ横にバスタオルを身体に巻いた秋絵が座っていた。



果歩 「秋絵先輩・・・。」



秋絵 「お顔気持ちそのままじゃ悪いでしょ?一緒にシャワー浴びましょ?私が綺麗にしてあげる。」



果歩 「ぇ・・・いっしょにですか?」



秋絵 「フフ、女同士なんだから恥ずかしがらなくてもいいのよ?」



果歩 「・・・ハイ・・・。」





果歩はヨロヨロと立ち上がり、秋絵に渡されたバスタタオルを身体に巻くと、秋絵に連れられて部屋を出て行った。





富田 「さてと、栄養ドリンクでも飲んどくか・・・ん?へへ、必要ないか。」



腰に手をあて、部屋の中にある鏡の前に立つ富田。



下半身の中心、射精を迎えたばかりのはずの富田の男根は、力強く上を向いていた。





62





果歩 「あの・・・秋絵先輩、自分でやりますから・・・。」



秋絵 「フフ、いいじゃない、私に洗わせて。それにしても果歩ちゃん、ホント肌綺麗ね。」



広い浴室、裸の女子大生がふたり、寄り添うように立っている。



果歩の後ろから手を伸ばし、手の平で撫でるようにボディソープで果歩の身体を洗う秋絵。



果歩 「ぁ・・・ン・・・秋絵先輩・・・なんか恥ずかしいです・・・。」



秋絵 「フフ、これだけで声出ちゃうんだ?ホント敏感ね。」



わき腹の辺りを優しく撫でる秋絵。



秋絵が果歩の身体を撫でるたび、果歩小さな声を漏らした。



秋絵 「ねぇ果歩ちゃん。富田さんとのセックス、どうだった?」



果歩 「ぇ・・・。」



・・・そう・・・私・・・富田さんとSEX・・・したんだ・・・



ついさっきの富田との熱い性交が、果歩はなんだか夢の出来事のように感じた。



果歩 「・・・あ、あの・・・すごかった・・・です・・。」



下向き加減で顔を赤らめて返事をする果歩。



秋絵 「フフ、どんな風にすごかったの?」



果歩 「・・・なんか・・・激しくて・・・」



秋絵 「それで?」



果歩 「・・・あの・・・私、あんな風になっちゃうなんて・・・今は恥ずかしくて・・・なんだか信じられません・・・。」



秋絵 「フフ、あんな風ってどんな風?」



果歩 「・・・・・あんなに・・・声出しちゃったりとか・・・なんか私、頭真っ白になっちゃって・・・。」



秋絵 「フフ、いっぱいイッちゃったのね?」



果歩 「・・・・ハイ・・・・・アッ・・・。」



果歩の身体を洗っていた秋絵の手が果歩の乳房を揉み始めた。



マッサージする様に手を動かす秋絵。



ニュルニュルとボディソープで滑る手。



果歩の柔らかな乳房はプニュプニュとイヤらしく形を変えた。



果歩 「ぁ・・・ぁ・・・・秋絵先輩・・・ダメです・・・。」



秋絵 「柔らかい・・・乳首もピンクで・・・フフ、もうコリコリ・・・乳首勃起しちゃってるよ?」



果歩 「ぁ・・・ハァ・・・そんな・・・イヤです・・・。」



秋絵 「果歩ちゃん可愛い、ちょっとしただけで反応しちゃうんだ?」



果歩 「ハァ・・・秋絵先輩・・・ハァ・・・。」



秋絵 「フフ、果歩ちゃん良い表情してる。もうスイッチ入っちゃったのね。」



果歩の勃起した乳首を摘んだり軽く引っ張ったりしながら乳房を激しく揉む秋絵。



果歩 「ァ・・・ァ・・・ァ・・・・ハァ・・・」



秋絵 「フフ、果歩ちゃん敏感ね・・・じゃあこっちは、どうなってるかな?」



片手を果歩の乳房から離し、その手を下に移動させていく秋絵。



果歩 「ぁ・・・ダメッ・・・」



慌てて自分の股間を両手でガードする果歩。



秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん可愛いわ・・・私も果歩ちゃんを感じさせたいの。」



果歩 「・・・ぇ・・・秋絵先輩・・・?」



秋絵 「なんか果歩ちゃん見てるといじめたくなっちゃう・・・富田さんの気持ちわからなくはないわ。」



果歩 「・・・・・・」



秋絵 「ね?いいでしょ?ほら、手を退かせて・・・私が気持ちよくしてあげる・・・。」



秋絵の言葉に観念したのか、果歩はゆっくり股間から手を退かせた。



お腹の辺りから滑らせるようにして果歩の秘部に向かう秋絵のしなやかな手。



果歩 「・・・ァ・・・」



秋絵 「あら・・・すっごいヌルヌルよ果歩ちゃん。フフ・・・これはソープのヌルヌルじゃないもんね?」



果歩 「ハァ・・・秋絵先輩・・・」



秋絵 「果歩ちゃんのマン汁、どんどん出てくるよ?・・・ここは?フフ・・・クリトリスも勃起してる。」



秋絵はそう言って指先で果歩の陰核を軽く弾いた。



果歩 「アンッ!」



秋絵 「フフ・・・富田さんにあんなにしてもらったのにね。」



果歩のクリトリスを中心に刺激を続ける秋絵。



果歩 「ァ・・・ハァ・・・ァ・・・ァ・・・ハァ・・・」



浴室に果歩の小さな喘ぎ声が響いていた。



秋絵 「ねぇ果歩ちゃん・・・もしかしてまたオチンチンほしくなっちゃってるんじゃない?」



果歩 「ハァ・・・ハァ・・・・ン・・・」



果歩は息を荒げながら、何も答えない。



秋絵はそんな果歩の耳に口を近づける。



秋絵 「ほしいんでしょ?果歩ちゃんエッチだもんね?」



果歩 「ハァ・・ハァ・・・秋絵先輩・・・。」



秋絵 「フフ、富田さんがベッドで待ってるわ」



果歩 「・・・え?」



秋絵 「あの人、一発で満足するような人じゃないから・・・フフ・・・」



耳元で囁かれた秋絵の言葉に、果歩の身体は再び熱くなった。





63





浴室から出た果歩は身体を拭き、身体に再びバスタオルを巻いてリビングに来た。



リビングでは服を着た山井がソファに座り、タバコを吸ってくつろいでいた。



山井 「おぉ果歩ちゃん、サッパリしたか?」



果歩 「山井さん・・・ハイ・・・。」



パスタオルだけの自分の姿が恥ずかしいのか、顔を赤らめながら答える果歩。



山井 「ハハ、そんな今更恥ずかしがらなくても、俺はもう果歩ちゃんの裸は拝見済なんだぜ?」



果歩 「イヤ・・・山井さん・・・。」



裸を見られるどころか、山井には胸も揉まれ、潮を吹くところも見られ、富田に挿入されるところも、イかされるところも見られたのだ。



今更ながら、自分がそんな痴態を他人に曝してしまった事がどうしようもなく恥ずかしかった。



山井 「ところで果歩ちゃん、秋絵ちゃんと風呂場で何かしてたのかい?」



果歩 「え?」



山井 「なーんかエッチな声が風呂場から聞こえてきてたぞぉ。」



果歩 「ぇ・・・・あの・・・それは・・・。」



果歩は恥ずかしそうに山井の指摘に何と答えればいいのか分からず困った様子。



秋絵 「フフ、何をしてたかは秘密よね?果歩ちゃん。」



果歩の後ろから聞こえた秋絵の声。



果歩より少し遅れて出てきた秋絵は、果歩のようにバスタオル姿ではなく服をきちんと着ていた。



山井 「なんだよぉ、次は俺も交ぜてくれよなぁ。」



秋絵 「フフ。」



果歩 「・・・・・。」



山井は冗談っぽくそんな事を言っていたが、果歩はそれを聞いて自分が男の人とお風呂に入るところを想像してしまっていた。





山井 「あれ?そういえば果歩ちゃんだけなんでそんな良い格好してんだ?まぁ俺はそっちのが好きだけど。」



果歩 「ぇ・・・これは・・・その・・・。」



秋絵 「果歩ちゃんはまだ富田さんとする事があるんだもんね?」



果歩 「ぁ・・秋絵先輩・・・。」



山井 「ハハ、そういう事か。」



顔を赤くして俯く果歩。



これからセックスをしに男のところへ行く女。



自分の事をそんな風に思われるのが、果歩は恥ずかしかった。





だらしのない女だって・・・山井さん、思ってるのかな・・・





秋絵 「はい、果歩ちゃんこれ、富田さんの分も持って行ってあげて。」



秋絵はそう言って果歩に水の入ったペットボトル2本を、果歩に渡した。



秋絵 「いいのよ果歩ちゃん。今日は特別、今日だけは富田さんに思う存分、気持ちよくしてもらえばいいのよ。」



果歩 「・・・・・。」



秋絵 「女は誰だって男の人に思いっきり抱かれたい時があるのよ、だから大丈夫、私も山井さんも、富田さんだってそんな果歩ちゃんを軽い女だなんて思ったりしないわ。今日の事は私たちだけの秘密、ね?だから何も気にする事なんてないわ。」



果歩 「・・・秋絵先輩・・・。」



秋絵の優しい言葉は果歩の自虐的になりかけていた心を楽にした。



・・・誰だって男の人に思いっきり抱かれたい時はあるのよ・・・



秋絵の言葉が再び果歩の気持ちをを解放させようとしていた。





・・・抱かれたい・・・



・・・またさっきみたいに、男の人を感じたい・・・



・・・すべてを忘れてしまう程の快感を感じたい・・・





浴室で秋絵に欲望の火を点けられた果歩の身体は、再び富田を欲し始めている。



そして果歩の気持ちも・・・



友哉との辛い出来事を、富田と繋がっている時だけは忘れていられる。





・・・今日だけ・・・今日だけは・・・いいよね・・・



・・・もう一度、富田さんにメチャクチャにされたい・・・





山井 「果歩ちゃん、富田さんまだ一発しか出してないんだろ?富田さん精力尋常じゃないくらい強いからさ、寝室行ったらきっと明日まで身体離してくんないぜ?」



明日まで離されない・・・山井の言葉を聞き、果歩の秘部はジュンと熱くなった。



秋絵 「フフ、果歩ちゃんも明日休みだから大丈夫よね?」



果歩 「・・・・ハイ・・・。」



山井 「俺達の事は気にしないでいいから、楽しんできな。」



果歩 「山井さん・・・。」



秋絵 「ほら、富田さん待ってるわ。」



秋絵の言葉を聞くと、果歩は小さく頷いてテクテクとゆっくり寝室の方へ歩き出した。



バスタオルだけを身に着けて、富田に抱かれるために寝室へ向かう果歩の後姿を眺めながら、秋絵と山井はニヤっと怪しげな笑みを浮かべていた。







ガチャ・・・



寝室のドアをゆっくりと開ける果歩。



中はさっきと同じく薄暗かった。



ドキドキ・・・



さっきここで富田に抱かれたばかりなのに、果歩の鼓動は緊張のせいで速まっていた。



果歩 「あの・・・富田さん?起きてますか・・・?あの・・・水・・・持って来ました。」



そう言いながら部屋の奥へと入っていった果歩。







数分後・・・





アッ・・・アッアンッアッ・・ハァァアアッ富田さんっ!アッアッアッ・・・!



という果歩の喘ぎ声が秋絵と山井のいるリビングまで聞こえてきた。



快楽で理性も羞恥心も吹き飛んでしまっている果歩の、気持ち良さそうな喘ぎ声。



そしてその声は翌日の明け方まで部屋に響き続いていた・・・。



【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

||||||||||||

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 8 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ