相互リンク先の更新情報!

【外国人】ビリーの作文 【告白体験談】

カテゴリー:外国人との告白体験談
tag:


ミセス・ロビンソンは、小さなビリーが通う小学校の先生です。

その日も、子供たちが持ってきた宿題の作文を読んでいました。



テーマは「私の一日」。ビリーの作文には、こう書いてありました。





「ぼくの一日。ぼくは朝起きると、まずベランダに乗って、

朝食を取って、もう一度ベランダに乗って、それから学校へ行きます。



学校ではトミーとダグとベティーと遊びます。



家に帰ると、まずベランダに乗って、それからおやつを食べます。

おやつを食べ終わるとベランダに乗って、宿題をします。

宿題が終わるとベランダに乗って、家族3人で夕食を取ります。






夕食が終わると、最初にぼくがテレビを観ます。

次にパパがテレビを観ます。ぼくはそっとベランダに乗ります。

それからシャワーを浴びて、ベランダに乗ってから寝ます。」





ロビンソン先生は「ベランダに乗る」の意味がよく分かりませんでしたが、

ビリーの家の造りと関係があるのだろう、と考えました。





 ※※ ※※ ※※





数日後、ロビンソン先生はビリー宅に家庭訪問しました。

家ではビリーのパパが出迎えてくれました。



「やあ、ミセス・ロビンソン。ようこそいらっしゃいました。

妻は今、買い物に出てますが、もうそろそろ戻るころです」



見回すと小さな家には、どこにもベランダがありません。

いぶかしく思いながら、ロビンソン先生はリビングのソファに座りました。



すぐにドアが開いて、ビリーのママが帰って来ました。

セクシーで美しいママに、パパが声を掛けました。



「ちょうどビリーの先生がいらっしゃったところだ。

紅茶をお出ししてくれ、ベランダ」

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

||

【外国人】ビリーの作文 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2015年3月27日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

このページの先頭へ