相互リンク先の更新情報!

【妹】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


僕は、大学2年でまだ19歳です。

中高と男子校に行ってしまったので、女の子とは本当に縁のない日々を送っていました。



それが、今年の夏、一気に色々な体験をする事が出来ました。きっかけは、夏休み前にかかってきた、叔母からの電話でした。

叔母さんは、僕が赤ちゃんの頃にオムツを替えてもらったり、まだ僕が小さい時にも色々なところに遊びに連れて行ってもらったりで、すごく仲が良いのですが、頭が上がらないところもあります。



そんな叔母に、従姉妹のほのかちゃんの家庭教師を任命されました。でも、それはただ働きと言うことではなく、ちゃんとした報酬ももらえる、バイトみたいな感じでした。叔母さんは、そう言うところはきっちりとしてくれるので、貧乏学生の僕にはありがたい申し出でした。





そして、久しぶりに叔母さんの家に行き、ほぼ1年ぶりくらいにほのかちゃんに会いました。ほのかちゃんは、5年生にしては落ち着きが有る、妙に大人っぽい感じの美少女に成長していました。

僕の中では、ほのかちゃんは真っ黒に日焼けをして、刈り上げ頭のボーイッシュすぎる女の子というイメージだったので、驚きました。



『お兄ちゃん、久しぶり#12316;!! 元気だった!?』

ほのかちゃんは、見た目こそ美少女になっていましたが、中身は元気でボーイッシュなままでした。

『よかったわね。ずっとお兄ちゃんお兄ちゃんって言ってたもんねw』




叔母さんが、からかうように言うと、頬を一瞬で赤くしながら、

『そ、そんな事言ってないでしょ! もう! あっち行ってよぉ!』

と、ムキになるほのかちゃん。



『はいはい、じゃあ、あとは若い者同士でw』

と、叔母さんがお見合いの席で言うようなことを言いながら、キッチンの方に消えました。



『まったく、もう!』

とか言って、頬をぷぅっと膨らませているほのかちゃんは、久しぶりに会ったということもあってか、やたらと可愛く見えました。と言っても、僕は彼女が赤ちゃんの頃からよく知っているので、女性としては見ていませんでした。まぁ、妹みたいなものです。



「ほのかちゃん、ちょっと見ないうちに綺麗になったね!」

僕は、思ったことをそのまま言いました。すると、頬を膨らませていた彼女は、パアァッと良い笑顔になり、

『ホントに!? 可愛くなった!? へへw 誉められちゃったw』

と、照れくさそうに言いました。



刈り上げだった髪も、肩に届きそうになるほど伸びて、しかも、凄く艶やかな真っ直ぐな髪なので、美少女っぽさをより強くしています。



これくらいの年代がよく穿いているような、ホットパンツみたいな丈のショートパンツから伸びる足も、細くて健康的な感じでしたが、わずかに女性の丸みを帯びてきているように見えました。



胸はほぼ目立たない程度ですが、叔母さんが結構な爆乳なので、じきに大きくなっていくんだろうなと思いました。僕は、密かに爆乳の叔母さんをオカズにしたこともありますw



そして、日焼けしていないほのかちゃんは、抜けるように真っ白な肌で、叔母さんによく似た美人になっていました。叔母さんは、森高千里によく似た感じで、とにかく美人でした。もう、30代半ばだと思いますが、最近ますます綺麗になってきたと思います。僕の初恋も叔母さんでした。



そんな憧れの叔母さんに、ほのかちゃんはよく似てきました。僕は、本当に綺麗になったとさらに誉めると、ほのかちゃんは本当に嬉しそうでした。



「じゃあ、勉強始めようか!」

僕がそう言って、彼女の勉強を見始めました。ほのかちゃんは、思っていた以上に勉強が出来ることがわかり、僕はホッとしました。叔母さんにお金をもらうからには、結果を出さないといけないなと思っていたので、これなら楽だなと思いました。



そして、1時間ほど集中して勉強していると、叔母さんが飲み物とケーキを持ってきてくれました。

『どう? ちゃんと言うこと聞いてる?』

叔母さんが、ニコニコ笑いながら聞いてきます。テーブルに紅茶とケーキを置く時に、前屈みになった胸元が覗き、ブラと上乳が丸見えになり、ドギマギしてしまいました。



そして、教える必要がないくらいですというと、

『そうでしょw 私と違って、勉強出来るのよね#12316;。家庭教師なんて必要ないのに、どうしてもお兄ちゃんに教えてもらいたいんだってww』

叔母さんが、からかうように言うと、ほのかちゃんは耳まで真っ赤にして、

『もう! うっさい! 早く出てってよぉっ! 勉強の邪魔だよ!!』

と、ムキになって言いました。



『はいはいw じゃあ、夕食の買い物行ってくるから、お留守番よろしくねー』

と言いながら、叔母さんは部屋を出ていきました。ほのかちゃんは、ほんとにもう! とか言いながら、照れくさそうにしていましたが、僕は叔母さんの胸チラが頭に焼き付いてしまっていました。



『お兄ちゃん、ママの胸見てたでしょ#12316;!』

ほのかちゃんが、急にそんな事を言い出しました。僕は、しどろもどろで言い訳をして、見るつもりはなかったけど、視線に入っちゃっただけだと言うと、

『私のは、どうしてママみたいじゃないんだろう?』

と、ほのかちゃんは少し不安そうに言いました。

「え? なにが?」

僕は、意味はわかりましたが、とぼけて聞きました。



『私のオッパイ、ぺったんこでしょ? いつになったらママみたいになるのかなぁ?』

と、本当に不安そうに聞いてきました。

「まだ5年でしょ? 中学に入ったくらいからじゃないの?」

僕は、知識もないくせに適当に言いました。



『でも、クラスの子でも、大きい子はもう大きいよ』

ほのかちゃんは、本当に気になっているようでした。

「そりゃ、個人差があるってw 気にしないことだよ。それに、大きければ良いってもんじゃないしw」

僕は、なんとか彼女を元気づけようと、必死でした。



『でも、お兄ちゃん、大っきい方が好きでしょ?』

ほのかちゃんは、こんな事を言い出しました。

「えっ!? べ、別に、そんな事ないよ!」

慌てて否定しますが、

『だって、ママのオッパイ超見てたじゃん!』

少しすねたように言うほのかちゃん。いま思えば、この時から僕はほのかちゃんに心を奪われていたのかもしれません。



「い、いや、それは、叔母さんのだから見ちゃったんだよ。叔母さん綺麗でしょ? だから、つい見ちゃった……。叔母さんのが大きいとか小さいとかは、関係ないって! 叔母さんのオッパイだから、見たいって思っちゃったんだよ!」

僕は、必死で言い訳にもならない言い訳をしていました。



『お兄ちゃん、ママのこと好きだもんねw 私のことは?』

ほのかちゃんが、急に僕の目を見つめて聞きました。



「えっ? そりゃ、好きだよ。妹みたいに思ってるよ!」

僕は、素直な気持ちを言いました。

『妹……。女としては見てないってこと?』

少し悲しそうに言うほのかちゃん。僕は、妙にドキドキしていました。従姉妹とは言え、女の子の部屋に二人きり……。しかも、家には誰もいません。僕は、急にドキドキしてきました。



「そりゃ、従姉妹だし、それにまだ5年でしょ?」

僕がそう言うと、ほのかちゃんはいきなり服をまくり上げました。僕の目に飛び込んできたのは、真っ白な小さな膨らみと、ピンク色の小さな乳首でした。

慌てて目をそらし、

「ちょ、ちょっと! なにしてんの!」

と、オロオロしながら言うと、

『ほのかは、お兄ちゃんのこと好きだよ……。男として見てるよ……』

と、熱っぽい目で言いました。僕は、パニックのあまり、意味もなく立ち上がってしまいました。



『あっ、お兄ちゃん、大っきくなってる! やっぱり、私のこと女って思ってるんじゃん!!』

ほのかちゃんは、僕の股間を見て嬉しそうに言いました。でも、それは叔母さんの胸チラを見て大きくなっただけで、ほのかちゃんのオッパイを見て大きくなったわけではないと思います。僕は、初恋が叔母さんだったこともあって、ロリコン属性はゼロです。熟女系というか、年上好きです。



「わ、わかったから、もうオッパイしまって!」

僕は、彼女から視線をそらしながら言いました。



『お兄ちゃん、男の人も、サイズとか気にするの?』

ほのかちゃんは、恥ずかしそうに聞いてきました。

「え? オッパイの?」

『うぅん……。その……。お、おちんちんの……』

僕は、えっ? と思って、思わず彼女を見ました。すると、ほのかちゃんは、やっぱりオッパイを丸出しにしたまま、耳まで真っ赤にしていました。



「あんまり気にしないかな? ほら、見えないところだし、オッパイほど気にしないと思うよ」

僕がそう言うと、ほのかちゃんは、

『ズルイ……』

と、小さな声で言いました。僕は、本当に意味がわからず、どういう意味か聞くと、

『私ばっかり見せてるじゃん! お兄ちゃんのも見せてくれないと、ズルイよ!!』

と、顔を真っ赤にしたまま言いました。

「いや、ダメだって、ほのかちゃんも早くしまいなよ!」

僕は、あまりのことにパニック状態のままでした。

『ダメ! ズルイ!』

ほのかちゃんは、意外なほど頑固で、主張を変えませんでした。



「そんなのダメだって! 恥ずかしいし、従姉妹同士でしょ?」

『見せてくれないと、ママにオッパイ見られたって言っちゃうよ!』

ほのかちゃんは、今度は脅迫してきました。でも、ほのかちゃんもいっぱいいっぱいな感じで、声が震えていました。



「うぅ……。ズルイ……」

僕が観念したようにうめくと、ほのかちゃんはニコッと笑いながら、上着を脱いでしまいました。ホットパンツ一枚になったほのかちゃん……。さすがに、強烈に女を意識してしまいます。



昔から知っている従姉妹の女の子とは言え、こんなにも美少女のオッパイなので、正直僕は興奮していました。



『早く! 早く!』

上半身裸でせかすほのかちゃん。考えてみれば、ほのかちゃんの裸なんて、昔はよく見ました。でも、ほぼぺったんことはいえ、淡い胸の膨らみを見てしまうと、その頃と同じようにはスルーは出来ないです。



僕は、渋々ズボンを降ろし始めました。叔母さんに変なことを言われるのが、本当にイヤだったというのもありますが、正直、この後のことを考えて、少しドキドキしていたのだと思います。



僕は、恥ずかしさを振り払うように、一気にズボンとパンツを膝まで下ろしました。

『わっ! た、立ってる!!』

ほのかちゃんは、僕の勃起したものを見て驚いたように言いました。

「もう、いい?」

僕は、恥ずかしさで頬が熱くなるのを感じながら、少しでも早くこの状況から抜け出したいと思い、そう聞きました。



『ダメ……。ねぇ、これって、大きいの? 普通なの? ちっちゃいの?』

と、ほのかちゃんは好奇心いっぱいの目で聞いてきました。



「そ、それは……。普通だと思うけど……。比べたことないから、わかんないよ」

『そうなの? 比べっことかしたり、トイレで覗いたりしないの?』

ほのかちゃんは、矢継ぎ早に聞いてきます。



僕は、そもそも他人に勃起している状態を見せることはないという説明をしました。

『そうなんだ……。なんか、ズルイ。女の子はおっぱいの大きさ、隠せないのに……』

と、少し不満そうに言いました。



「い、いや、ほら、いまのブラって、結構盛れるんでしょ? それに、俺は小さい方が好きだし!」

と、軽いウソまで言ってしまいました。実際は、それなりに大きい方が好きです。



『ホントに!? お兄ちゃん、小さい方が好きなんだ!! 良かったw』

でも、そんな軽いウソに、ほのかちゃんはすごく嬉しそうにしてくれました。

そして、何となくパンツを上げようとすると、

『ねぇ、それ……。ちょっとだけ触ってもいい?』

と、ほのかちゃんがとんでもない事を言ってきました。



「ダメだって! 汚いし、恥ずかしいし、犯罪だよ、それ!」

僕は、エッチな下心も持てないほど、慌てふためいていました。



『もう、犯罪じゃんw 触らせてくれないなら、お兄ちゃんが急に脱ぎだしたって言っちゃうw』

イタズラっぽく言うほのかちゃん。すでに、声の震えはなくなっていました。僕は、完全に彼女のコントロール下に置かれたことに気がつきました。



「ズルイ……。ちょっとだけだよ……。もう、これで終わりだからね!」

僕は、情けない口調で言いながら、覚悟を決めました。この時の僕は、性欲よりも、ビビる気持ちの方がはるかに上回っていました。



『……わかった……』

ほのかちゃんは、ゴクンとツバを飲み込むと、そう言って僕に近づいてきました。

僕は、近づいてきたほのかちゃんの胸に釘付けでした。すぐ近くで、上から見下ろすように見ると、意外なほど大きく見えました。成熟した大人の身体と違い、柔らかそうな感じと青く固い感じが混在した、この年頃特有の中性的な感じで、思わず見とれてしまいました。



すると、彼女のちっちゃな指が、僕のものに巻き付いてきました。柔らかくて、妙に温度が高い感じの指が、僕のそれにまとわりつきます。

もう、たとえ合意でも僕は逮捕です……。そう思うと、心底ビビってしまいますが、彼女の指の感触に、腰が抜けそうでした。



『固った! 石みたい! 固った! 超固った!』

彼女は、驚いて何度も固いと言いました。子供っぽい、無邪気な言い方ですが、僕はもうほのかちゃんを子供としては見られなくなりそうでした。





「もういいでしょ!? こんなの、やっぱりマズいって!!」

僕は、もう逃げることしか考えられなくなっていました。

『ダメw ママに言っても良いの?』

ほのかちゃんは、もう完全に楽しんでいる感じでした。

僕が叔母さんのことを出されて、何も言えずにいると、

『ねぇ、せーし出せる? しゃせー出来る?』

と、無邪気に聞いてきました。



「いや、それは……」

僕は、もう何を言っても叔母さんのことを出されて、結局言いなりになってしまうんだろうなというあきらめで、言葉が止まりました。

『出せるの?』

目をキラキラさせながら聞いてくるほのかちゃん。天使のようにも、悪魔のようにも見えてしまいます。



「そんなに簡単には……」

僕がそう言って逃げようとしても、

『こすると出るんでしょ? こうすれば良いの?』

と、好奇心で目を光らせながら、僕のものをしごき始めました。それは、あまりにも大きな快感でした。ほのかちゃんは、ぎこちなく手を上下させるだけなので、自分でオナニーをする時とは全然違います。こんな下手くそな動きなのに、ビックリするくらいの気持ちよさです。

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

|||||||||

【妹】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2015年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ