相互リンク先の更新情報!

【手コキ】親友(中出し)【告白体験談】

カテゴリー:手コキ告白体験談
tag:


受験が終わり僕達はたっぷりと時間が出来た。

毎日のようにA、B、C、Dがうちに遊びに来るようになった。逆にそのせいで絵里との時間が減ってしまいセックスの回数も減ってきた。ただ、Cが持ってくる様々な無修正のDVDを借りることができたのでオナニーのネタには困らなかった。DVDに出てくる女性を絵里に見立てて1日に3回以上オチンチンをシコシコと扱いて射精していた。たまたま誰も遊びに来ない日があり、僕はすぐに絵里の家に電話をかけ絵里を誘った。

絵里も嬉しそうに「シャワーを浴びてからすぐに行くね」と言ってくれたので、絵里もやる気満々だと思い僕も急いでシャワーを浴び、丹念にオチンチンを洗って絵里が来るのを待った。絵里が来ると僕はすぐに部屋に上げた。絵里はコートを脱ぐと2月という寒い季節なのに超ミニスカートだった。それだけで僕は興奮し絵里に抱きつき舌を絡め太ももを摩った。

「もう我慢できなかった。ずっとしたかったの」と絵里も我慢の限界だったらしい。

僕はもっとこの場を盛り上げようと、「Cから借りたDVDがあるんだ。観ようよ」と絵里の返事を待たずDVDを再生した。

絵里と並んで座り僕は絵里の服の上からオッパイを揉んだり、太ももを摩ったりした。

絵里も僕のジャージの上から大きく硬くなったオチンチンを摩りながらDVDを観ていた。お互いが興奮し始めた頃、絵里が「DVDみたいにしてみようよ」と言い僕を脱がし全裸にさせた。僕も絵里を全裸にさせた。

絵里はDVDの女性がするのと同じように、オチンチンをしゃぶりながら玉を手で転がしたり、カリに沿って舌をはわせたり。シコシコしながら玉を舐め、口に含み転がしたりした。しまいにはお尻の穴まで舐めながらオチンチンを扱いてくれた。

今までのフェラではここまでしてくれなかった。気持ちが良いのと絵里がそこまでしてくれる行為でかなり興奮し、お尻の穴を舐められながら「うぅ!いくよ!」と言って射精した。

今までとは比べ物にならないくらいの快感。電気が走ったようなり精液も僕の胸の辺りまで飛んだ。

僕にかかった精液を絵里は綺麗に舐め、吸ってくれた。精液だらけのオチンチンも綺麗にしてくれ、

「気持ちよかった?カズにはもっと気持ちよくなってほしいよ」と言いながら、オチンチンに残った精液をチュウチュウと吸ってくれた。僕もお返しに絵里のオマンコを丹念に舐めた。クリトリスを吸いながら指を入れたり出したり。

DVDでしているように手マンで激しくGスポットを刺激した。絵里も今までにないくらいの泣くような声で喘いで感じてくれて、僕の手マンでいってくれた。DVDのように潮は吹かなかったが、オマンコから太ももまで愛液でビショビショになっていた。さっきいったばかりの僕のオチンチンは、すでに勃起し上を向いていた。

それを見て「ハァハァもう、ハァ元気にハァなっちゃってる」と激しい吐息をしながら絵里は僕にこっちに来てと言う様に両手を広げて誘ってきた。

僕は絵里に抱きつくと絵里は僕のオチンチンを握って自分のオマンコへ導いて挿入しようとした。




「コンドーム付けなきゃ」と僕が言うと絵里は「大丈夫な日だから、このままして」と言って挿入した。

僕は生で挿入するのは初めて絵里に挿入して以来のことだった。ずっとコンドームをしてきたので生で入れると絵里のオマンコの中はすごく気持ちがよく熱かった。

僕はその気持ち良さで激しくピストンした。絵里もいったばかりだというのに、また泣くような声で喘いで僕に力いっぱい抱きついていた。

生でするとすぐにいってしまいそうになり、「やばい、もういきそう」と僕は言ってピストン運動を止めた。すると「いや、いや」と絵里が腰を動かす。「ダメだっていっちゃうよ」と僕が言うのも聞かず激しく腰を動かす。僕は限界に来て「出るよ!」と言ってオマンコからオチンチンを抜こうとした時に、絵里は脚を僕のお尻の方へ絡めて抜かないように押さえつけた。

「うぅ!」と僕は絵里のオマンコの中に射精し、精液を注ぎ込んだ。同時に絵里も「はぁぁん、いっちゃう」と達してしまった。初めて同時にいけた瞬間だった。僕は絵里のオマンコの中にオチンチンを入れたまま、しばらくお互い抱き合って余韻を感じていた。

僕がゆっくりとオマンコからオチンチンを抜くと、オマンコから僕の精液が溢れ出てきた。

僕はティッシュを取り絵里のオマンコを拭きながら「絵里が押さえて抜かせないから中に出しちゃったよ」と言うと絵里は「中に出してほしかったんだもん。大丈夫な日だって言ったじゃん。カズの精子が出るの分かったよ。すごく気持ちよかった」と言った。その後、お互い服を着始めた頃に何か声がした。そして誰かが階段を上ってくる足音。

うちは親は共働きで昼間に帰ってくることはない。でも何かで親が急に帰ってきたのか?と「やばい」と言いながら二人は慌てて身なりを整えた。すると「カズ~いるか?」とドアが開くと、そこにはBが居た。

僕は慌てていて、なぜか部屋の中を歩き回っていた。そして絵里を見ると服をちゃんと着ていてベッドに座り、布団を膝に掛けていた。やばい、DVDと思いTVの方をみるとすでに終わっていてTVも電源が切れて黒い画面になっていた。

「なんだよBか」とホッとしたように僕が言うと「あ、絵里着てたのか。玄関で呼んだんだけど誰も出てこなかったから来ちゃったけど・・・お邪魔だった?」とBが言ってきた。

「いやいや、ぜんぜん。たまたま絵里来てさ~ちょうど暇だねって言ってたとこだよねー」と僕が言うと絵里も「何もすることないねって言ってたとこ。B久しぶりだよね?元気にしてた?」と言った。

Bは床に座りながら「元気!元気!毎日カズんとこ遊びに来てるしぃー」とにこやかに答えた。

僕も「そうそう。毎日俺達遊んだるよなー。AやCやEとも毎日遊んでるんだよ」と言いながらベッドの淵に腰を掛けた。すると腰を掛けた横に、なんと絵里のピンクの可愛いパンツが・・・慌ててそれを掴み敷布団の下に隠した。ってことは・・・絵里はノーパンじゃん!Bが何か話していたが僕は耳にまったく入ってこなく一人でパニクっていた。

Bは「ゲームでもするか?」と言ってTVを付けソフトを選び出した。僕は絵里のそばに座りなおし、絵里の耳元で「ノーパンだろ」と言うと絵里は苦笑いしながらうなずいた。「スカートは?」と聞くと「履いてる」と小さく答えた。ちょっと安心してホッとした。

Bは「3人いるから桃鉄だな!」と言ってコントローラーを渡してきた。絵里はそのコントローラーを受け取ろうと前かがみになった時に「あっ!」と言った。Bが「ん?」と聞くと「いや、なんでもない。間違えた」とわけの分からない返事を返した。深く追求されることもなく「よし、やろうぜ!」とBは言った。

ゲームを始め少したった頃に絵里が僕の耳元で「中から出てきちゃってる・・・」と言った。一瞬何?と思ったがすぐに分かった。絵里のオマンコから僕の精液が出てきちゃってるんだと。

確かにティッシュで拭いたのはオマンコから流れてきた精液と愛液だけで中に残ってる僕の精液はそのままだった。

そしてBの目を盗んで絵里が俺の手を掴み、掛けてる布団の中に入れ自分のオマンコに導いた。

オマンコはビッショリになって、僕の敷布団も濡れていた。

ただ、この状況に僕は興奮した。Bが居るのに絵里はノーパンでオマンコからは僕の精液を垂れ流している。そう思うとすでに勃起状態でジャージだからすぐばれてしまう。「なんか寒いね」と言いながら僕も布団を勃起したオチンチンを隠すように掛けた。3人でゲームをしながら、僕は精液まみれの絵里のオマンコを触り指を入れた。絵里は感じるのをこらえている表情。それが何ともエロくて可愛い。入れた指をちょっと激しく動かすと「んっ」と声を漏らしてしまう。すぐにBを見て様子を伺うがBは気が付かず画面を見ている。

すると仕返しを擦るように絵里は布団の中から手を伸ばし、俺の勃起したオチンチンを掴んだ。

そんなスリルを数分間楽しんでたときに、Bが「ちょっとトイレ貸して」と席を立ち部屋から出て行った。

出て行くと同時に俺は絵里にパンツを渡し、絵里はそれを急いで履いた。オマンコの精液など拭いてる余裕もなかった。Bが戻ってきてゲームを続けた。あっという間に時間は過ぎすでに夕方。みんな解散することになった。Bは「いつも俺達カズんち着てるからさ、絵里も暇なら来なよ。またみんなで遊ぼう」と言った。絵里は嬉しそうだった。ずっと話してなくて気にしていたBの態度が普通だったから安心したのかもしれない。「うん、来る来る!」と答えてた。

うちの前でBを2人で見送り「じゃー帰るね、今日はありがとう。良かったよ」と可愛く笑って絵里も家の方に向かったが、すぐに駆け寄って戻ってきた。すると僕の耳元で「また中から出てきちゃってる。カズ出しすぎ」と悪戯っぽく言って走って帰って行った。次の日も絵里はうちに来た。昨日は帰ってからパンツを脱ぐと僕の精液でビショビショになっていたらしい。パンツを脱いでからも太ももに精液が垂れ流れてきて、「指で取って匂いを嗅いだらカズの臭いがしてエッチな気分になってきちゃって、カズの精子が入ったままオナニーしちゃった」と言った。とてもいやらしく興奮して、すぐにお互いのを舐め合いセックスをした。当然この日も絵里のオマンコの中に大漁に精液を流し込み、絵里はそのままパンツを履いた。その後、AとBが遊びに来て4人で喋ったりゲームをして遊んだ。絵里から僕の精液の臭いがしてAやBにばれないかと冷や汗ものだった。

この日は「やっぱり絵里が居るだけで雰囲気変わるよな~いつも野郎ばっかだったから花があると違うな」とBが言うと「絵里はアイドルだからな!もてるからなー。俺の知ってる奴だけでも絵里のこと好きな奴4人は居る」とAは言った。

「え?そうなの?」と僕が言うと、「カズはずっと一緒に居るから気が付かないんじゃないの?絵里めちゃ可愛いって男子の憧れの的だぜ」とBは言った。

確かに絵里は誰が見ても可愛いかもとその時思った。可愛さもプロポーション的にも文句なしかもしれないと改めて認識した。

「絵里と親友ってだけでも俺達得してるよ」とAが言った。そんな人気者の絵里とエッチしまくってる僕はとんでもなく幸せ者なのかもしれないと思った。

その次の日、絵里とはあまり面識のないCとDを含めて遊ぼうとと言うことになり約束した。

明日は僕と絵里とA、B、C、D勢ぞろいの日になる。何か起こりそうな予感がした。ちなみに、この日も絵里はオマンコに僕の精子を入れたまま家に帰り、僕の精液と自分の愛液でグチョグチョになったオマンコでオナニーしたらしい・・・中出しされるのが癖になりそうと絵里は言っていた。本当に精液が好きな絵里だった。続きは また

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

【手コキ】親友(中出し)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2018年1月9日 | 告白体験談カテゴリー:手コキ告白体験談

このページの先頭へ