相互リンク先の更新情報!

【学校】メル友香 【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


226名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:02ID:iqFaUco9



ぼくは府立の進学高校にいっててその中でも進学科に通ってた。

なんだかんだで普通科の子とも数人友達になっていった。

その中でも特に仲のよかったのがMゆらちゃんと香でどちらもメールだけの付き合いだった。

Mゆらちゃんはプリクラを見た限りではかなりかわいかった。

香はメールのやり取りをしていろいろ聞いた結果中学のときけっこうやんちゃで結構経験を積んでるらしい

そのころぼくは同じ○○科の子(クラスは違う)子と付き合ってて初Hもすましてた。

そして2年になった。





227名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:03ID:iqFaUco9



5月になって中間テスト前になり香が

「Sくん○○科なんやから普通科の数学くらいわかるやんなぁ?」




とメールを送ってきたので

「それくらいなら・・・」

「んじゃ教えて☆」

ってな感じのやり取りをしちょうど次の日が土曜だったので学校に集合ってことになった。





228名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:03ID:iqFaUco9



朝香は10分の遅刻

「ごめん!待った〜?」

「いやぁ。今来たところ」

とありふれた返事。たしょうぼくは緊張気味。人見知り?初めて会う人とはあまり喋れないんで・・・。

後者へ入り

「どこの教室でする〜?」

「あんま人がいないとこがいい」(だって彼女いんのにほかの女の子といるとこを友達に見られたら・・・。ねぇ?)

「んじゃ1年のとこ行こう!」(うちの高校は4階が1年、3回が2、2回が3となってた。)





229名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:03ID:iqFaUco9



1番端の教室で2時間ほど勉強してマクドで昼食。

そのときぼくはお金がまったくなかったためてりやき一個。

香にポテトをちょっともらった。

学校へもどり勉強をしようにもどうも気が入らない・・・。

すると香が黒板に

「ぼくはS。みんなよろしく☆」

などと落書きを始めた

「やめろって!」

と言ってぼくが消す。すると香がまた書く。これを数十分繰り返してた。(ばかですね。)

そして校内アナウンス

「用のない生徒は帰りましょう」(みたいな感じ)





231名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:05ID:iqFaUco9



「あんま捗んなかったね」

「うん」

「また明日って無理・・・?」

「べつにいいよ」

「ヤッタ!んじゃ明日またお昼ね」

「うん」

という会話をしつつ門を出てそれぞれ帰宅。





232名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:06ID:iqFaUco9



次の日。

また香は遅れた。そしてありふれた会話をし

「今日はどの教室〜?」

「どこでも〜。」

ってなわけでこの日は昨日とは逆の端の教室へ

さぁ勉強!でもお互いヤル気が出ない。

「どうしたの?」と香。

「いや。べつに。」

「元気ないなぁ!」

「うん」

「チューしよ!!」

「ふぇ?」

「だからチュー!!」

「なんで?」

「香チュー好きやねん」





233名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:09ID:iqFaUco9



そのころぼくはそのとき付き合ってた彼女としかキスをしたことなかった。

どうしようと考えてると

香が飛びついてきた。ぼくはびっくりしたが・・・

香のキスはうまかった。さすがに好きなだけある。

どれくらいの時間がたっただろう。

「・・・口でして?」

「ん?」

「して?」

「いやや」

「してよ〜!」

と無理矢理下半身へ香の顔をもっていく

しかし香は拒んだ





234名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:10ID:iqFaUco9



ぼくはチャックを下ろし出した

「小さいやろ?」(過去に何回もメールで下ネタを話していた)

「ううん。そんなことないよ。」

最ぼくはいすにすわったまましてもらっていたが

「寝転んで?」

と言われたので寝た。

そして続きを行った

うまかった。初めて玉を舐められ筋を舐められ・・・。

あいだあいだにキスを混ぜ初めて耳を舐められた。





235名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:10ID:iqFaUco9



「Sくん固い・・・。」

「そうなん?」

「うん・・・。」

「小さいやろ?」

「そんなことないよ・・・。まだいかないの?」

「うん・・・」

「わかった。」

と続けた





236名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:10ID:iqFaUco9



口の中で出してイイの?」

「イイよ・・・」

しばらくして

「いく・・・!」

「ぅん・・・。」

「あっ・・・。」

「んっ・・・!」

しばらく香の顔は動いたままでいったあとも気持ちがよかった。





238名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:12ID:iqFaUco9



「ありがとう」

「いいよ。昨日の授業料☆」

「んじゃお返ししてあげる」

「いらんわ〜」

といいつつも半ば無理矢理パンツの中へ手を入れた

ビッショリ濡れていた

「アッ・・・」

このときぼくは始めて女の人が声を出したのを聞けた。

付き合っていた彼女は声を出さなかったから。





239名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:12ID:iqFaUco9



「気持ちいいん?」

「ううん・・・」

「我慢しんでいいやん。」

床へ押し倒しパンツをずらそうとしたが

「だめ!」

と言って下ろせない

あまり無理矢理すぎるとこちらがマズイので諦めた。

「今度ね♪」

「うん・・・」





240名前:◆w5E7v9AsMQ投稿日:03/05/2722:13ID:iqFaUco9



この日はこれで終わった。

続きはあるのだろうか?

ぼくにもわからない。

何故ならこれはつい先日、5月24日、25日のできごとだから。


告白体験談関連タグ

||||

【学校】メル友香 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月7日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ