相互リンク先の更新情報!

【小中学生】俺がいじめられた女と付き合った話する【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


とりあえず俺のスペック

今高2

顔は普通

俺は小さい頃から親の都合でホイホイ転校してた

幼稚園がひどくて卒園するまで4回ほど引っ越しで

幼稚園変わってた

で、小学校上がるときに父親の仕事が落ち着いて、

暫く転勤は無いってことになって、小学校は6年丸々出られることになった

小さかった俺はそれはもう喜んで、引っ越す前から

友達出来るかな、とか、どんな学校かな、とか

すごいわくわくしてた

で、新しい家に引っ越して、

新しい学校の入学式のあと、クラスで集まって

自己紹介をする懇談会があった

俺はもう希望しか抱いてないから多分クラスで一番




元気に自己紹介してたと思う

懇談会の後、クラスの皆は幼稚園の頃の友達と

遊んだりするんだけど、当然俺は見事にぼっちだった

で、そんなときに、

「○○君のしゃべり方面白いね」

って話しかけて来てくれた女の子がいた

かなり鮮明に覚えてるんだけど、

俺が自己紹介終わって席つくと、周りがこっちチラチラみながら

クスクスしてたんだよな

小さい頃から転校ばっかで、訛りが入ってるせいで

お母さんに「○○君しゃべり方へんー」っていってる子すらいた

俺はこの話しかけてくれた女の子のことが一瞬で好きになった

もう心に決めたこの子以外ありえねぇとかそんなレベルだった

あんまり友達とかいなかった俺は暇なときはその女の子と話したり、

図書室で絵本読んでた

最初の2年はそんな感じで過ごしてた

で、俺が昼休みに図書室で本読んでたときに、

いきなり知らない女子が「邪魔なんだけど」といって俺の座ってる席

強奪しようとしてきた

その女が俺いじめてた女で

そのときはその女子のこと知らないし俺は普通に

「他の席空いてるじゃん」って返した

おそらく笑われるが、俺がいじめられたきっかけこれだ

そこからが酷かった

小学生のくせしていじめ方がかなり汚い

不幸自慢になるから省くが単純に言うとばれないいじめ方をされてた

で、5年生のときに飼育委員に所属することになって

ウサギの世話を任された

ただ、このウサギの世話をすることになったメンバーのうちに、

俺の好きな女の子と俺いじめてる女が一緒になったんだ

で、ある日の昼休みにいつもみたく、ウサギの世話が終わって、

教室戻ろうとしたら、後ろからいきなり後ろ髪を女に捕まれて

「○○あの子のこと好きでしょ?」

って言われた

正直言って終わったなと思った

その翌日、

ウサギの世話してる時に俺と好きな女の子が

二人になるタイミングがあって、そのときいきなり

いじめてる方の女がやってきて

ウサギの耳を彫刻刀で半分から切った

俺も女の子も、えっ?て感じだった

それでいきなり女がウサギの耳の破片握ったまま

俺の目の前に来て、俺にしか聞こえないような声で

「これ食べなよ」

とさ

俺も正直無理だろと首振った

ただ女はそのまま俺に

「食べないならこの耳先生に持っていって○○が犯人ってバラすから

それに○○が好きな女の子もみんなにバラす」

この間ずっと女の子は泣きながらこっちみて震えてたと思う

もう俺はどうしようもなかった

その女の手から耳の破片奪って、飲み込んだ

女がにやにやしながらこっち見てるのが悔しくてしょうがなかった

ただそれよりもさっきまで泣いてた女の子が無表情でこっち見てるのが

なにより悲しかった

女がその女の子に

「このこと誰にも言わないよね?ってか言っても面白いけどwww」

と脅して、女の子どこかに走ってった

もうこのときからどうでもよかった

その翌日から女の子は俺に一切話しかけなくなった

で、かわりにいじめが酷くなってた

ただもうどうでもよくなってたから痛いの以外は

なんの苦痛にもならなかった

で、そんな感じでいじめられながら卒業式まできて

晴れて小学校卒業したんだが

式終わって、家帰ろうと思ったら後ろから、

「一緒に帰らない?」

と、いじめてた女が話しかけてきた

俺はまた

あー、どうせまた何かされるんだな、と思って承諾した

で、帰る途中に、その女から

「今までずっと好きだった」と、

もう訳がわからなかった

女いわく、

小学校入ってすぐ、1年の時から好きだったらしい

なんでいじめてたのかっていうのも当然聞いたが

図書室の件はただ俺に話しかけたかったらしい

ただ、あんなかえしかたされたのが許せなかったんだと

死ねよキチガイ

で、俺はそこで思った、復讐のチャンスktkrと

このことをみんなにばらそうとズタズタにしてやろうと

俺の苦しみを思い知れwwwと

俺超策士www

ということで俺は付き合うことを快諾した

で、中学、

当然俺はぼっち、隣には俺いじめてた女(彼女)

ちなみに二人とも携帯持ってたからしょっちゅうメール来た

「私のこと本当に好き?」とか「新しい服買ったからこれ着て今度遊びにいこう」

とかとか

全部ばらまく予定なんですけどねwwwwww

あっちからネタくれるとかwww復讐楽すぎワロヌwwwwww

で、そんな感じで復讐企ててたある日、親父が

「転勤です」

転校することになりました

これまたチャンスだと思った

転校直前に全部バラそうと、アイツが送ってきたメールやら

アイツの弱み全部ばらまいて姿を消そうと

ということで女の家に遊びに行ったときに女に転校の旨話しました

すると泣きながら嫌だと抱きつかれたんだ

このときに全部思い返して

それと同時に一気に、全部根っこから白けた

普通に俺のことが好きだって分かって

嬉しくもなんともなかった、ただただ全部白けた

その日の夜に、その女の家で初めてのセクロスをした

というよりあっちが全部最初から最後まで済ませた感じだが

ただそいつと交わってるときに

あー、いじめられてなかったらあの女の子とこうなってたのかな

とか、そんなこと思って泣きそうになったり

そんなことがあって1、2週間

引っ越す前日、女に呼ばれた

渡すものがあるんだと

で、とりあえず会いに行ったら、細長い箱渡されて

「○○に、ネックレス買ったからさ、これずっとつけててね」

で、「あぁ」とか適当に返答したんだが、アイツが

「私のこと忘れないでね?」とそう言った瞬間に

ネックレスをすぐ横のドブ川に放り捨てた

コイツ何言ってんだろう、

私のこと忘れないでね?とか都合良すぎなんだよ、と

自分が俺に何したか忘れてたっぽいからムカついて放り捨てた

そいつは当然、えっ?て感じ

ちょうど目の前でウサギの耳切られた俺とあの女の子みたいな顔だ

で、そのまま固まって動かないっぽいからとりあえず

「俺お前のこと一度も好きだったことないから」

と言ってそいつそのままにして家に帰った

で、家について、引っ越す準備終わらせて

ふと、アイツのことも思い出した

そしたらなんでかわからんが泣いてしまった

アイツが俺と一緒にいるとき、本当ににこにこしていたからだと思う

アイツは本当に俺のことが好きだったんだなと思うと

やりきれなくてしょうがなかった

で、夕方から必死こいてネックレス探した

泣きながら探してた

で、やっと見つけて更に泣いた

それでこの前の正月にそこに行って同時の友人と会ってきたんだが

アイツ俺が転校して以降不登校になったらしい

それ聞いてアイツに会わないとと思って友人に家聞こうと思ったら

ちょうど去年の2月にみやぎに引っ越したらしい

連絡がとれないかかなり色々調べた

もう無理だった

そんなことがあって今でも踏ん切りつかなくて毎日ふらふらしてる

部活始めてみてもいまいちさっぱりしないし

好きな女の子は出来たんだがなー、

ネックレスまだ外せる気がしないし、結局重度のヘタレなんだなと


告白体験談関連タグ

|

【小中学生】俺がいじめられた女と付き合った話する【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月9日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ