相互リンク先の更新情報!

【出会い系】Unreal その1 【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


俺はもう2年ばかり、ある有料ネトゲを続けている。

派遣社員7年目、嫁と二人暮しで余裕もそこそこあるからだ。

今や俺の第二の生活空間といえるそこには、ひとりの相棒がいる。

 ゲームIDは琉希(ルキ)。

大学2年だという彼女は、ゲームを始めたその日から約一年、

俺がマスターを務めるギルドで生活している。



 今やサブマスターの彼女は、いわゆる姉御肌だ。

さばさばした性格で、厨臭い下ネタでも下品にならない様にうまく盛り上げる。

いつも明るくて面倒見がよく、俺が気付かないギルメンの機微にも鋭い。



そのくせ心無いプレイヤーの暴言を受けると、すぐに塞ぎこむ繊細な面もある。

本人は普段どおり振舞っているつもりでも、

ムードメーカーの異変に気付かない奴はいない。






彼女はメンバー全員に「おねーさん」と慕われているが、

俺にとっては、可愛い妹のような存在だった。



恥ずかしい話、俺は女の子に初めて「中身」で惚れた。

嫁も“趣味が合った”というのはあるが、やはりルックスが大きい。

琉希は容姿の話題を避けるため、そう可愛い方ではないのかも…と

密かに思っていた(失礼)が、それでも人間として尊敬でき、可愛らしかった。



 彼女は俺なんかよりずっと良いリーダーだった。

何か不備があると、婉曲表現を使わずビシバシ指摘してくる。

耳が痛かったが、その方法は変な誤解を与えない。

会話のセンスといい、彼女はとんでもなく頭が切れる。

名参謀のおかげで、俺のギルドは混沌とした時代を乗り切る事ができた。

                  

それでも一時、ギルドは解散を余儀なくされた時期があった。

ちょっとしたトラブルから、濡れ衣の汚名がサーバー中に轟いた為だ。

俺もなんとかしようと頑張ったが万策尽き、諦めかけた。

そのとき、彼女はなりふり構わず知人に頼み込み、

なんとかギルドを存続させようと奔走したらしい。



後に人づてに聞いて感謝すると、景気良く喋っていた彼女は急に黙り込んだ。

ギルメンの話では、バトル練習用のカカシをバシバシしばいていたそうだ。

その時俺は、照れる彼女に心底惚れた。



前置きが長くなったが、彼女には書ききれないほどの魅力がある。





事のはじまりは、大阪に住む俺が、千葉に住む最古ギルメンと

梅田で初オフ会をしようと話していた時。

京都に住む琉希が、自分も逢いたい!と参加してきた。

日時を決め、いざ会おうとなった前日。千葉の奴が仕事で来れなくなった。

そのため二人で会うことになった訳だ。



俺は、当日まで琉希の見た目を知らなかった。

彼女は男性恐怖症らしく、写メ交換とも言い出せない。

語り口調から、強姦やストーカーといったレベルのトラウマだと思う。



最低限の特徴だけを聞き、待ち合わせ場所を細かく指定してぶっつけ本番。

彼女は見た目は普通だといっていた。

俺も平凡な女子を想像して当日を迎える。

だから、待ち合わせ場所に行って驚いた。





なんと 彼女はネカm



ではなく、はるかに俺のイメージを超えていたから。



続編:Unreal その2





出典:不明

リンク:不明


告白体験談関連タグ

||||

【出会い系】Unreal その1 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ