相互リンク先の更新情報!

【出会い系】Unreal その3 【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


前編:Unreal その2





「……であんまししつこいから8×4渡したげたんよ。ヒャ―ッて顔してた」

京都弁のまったりとした感じと、関西ゆえの流れるようなトーク。

生で聞く彼女の喋りは、その独特のテンポもあり、笑いが堪えきれない。

声は意外と落ち着きがあってよく通る。

おそらくはこれから、彼女のチャットを見るたびに思い出すだろう。



そして横をみると、きめの細かい髪。

こんな細い髪は見たことがない。櫛で梳くと全部抜け落ちそうだ。

うなじから高級ホテルの石鹸のような匂いがする。

あまりにいい匂いで、思わず息を大きく吸いたくなるが、

発情していると思われては格好悪いのでやめた。






今のスクランブル交差点で、彼女を見た男は8割。

琉希はさすがに慣れているらしく、意識はしていないようだ。

慌しく人並みを避けながら、時おり輝く高層ビルを見上げている。

京都にはそんな高いビルはないそうだ。



動く歩道や通天閣などなど、大阪名物(?)を見せて回る。

彼女は視線を左右に散らしてはしゃいでいた。

喜怒哀楽のはっきりした表情は、よく動かすから輝くんだろうか?

しかし彼女が一番注目するのは、いい匂いのする食い倒れ通り。

そういや、いつも何か夜食喰いながら狩りしてるな…。

それにしても、彼女もいい匂いだ。

石鹸でなく柑橘系かもしれない、と思えてきた。



「そろそろ、なんか喰おか?」

行きつけの店が近づいたので提案すると、

彼女は(待ってました!)という笑顔を作った。

今にもよだれを垂らしそうな頬のひきつり・・・可愛い。



その丼屋は商店街の外れにある。

味は一級品だが、見た目が一軒家なので客が少ない穴場だ。

琉希がブーツなので、座敷ではなく椅子に腰掛ける。

鉢巻をつけた大将が彼女を睨んでいた。

今どきの物が嫌いな人だから。

だが、琉希が頼んだ天丼が届き、彼女がそれを食べ始めると、

心なしかその視線も緩んでいった。



おしとやかに一口一口、ではなく、かといってがっつくでもなく。

箸が止まらないとでも言うように、次々と頬張る彼女。

確かにここの丼は美味い。

だが、これほど美味しそうに食べる子ははじめて見た。               

グルメ番組のように笑っているわけではないのに、幸せそうだ。

思わず見とれていると、恥ずかしげにはにかんで

「あんたも喰え!」とばかりに箸で俺の丼を指した。



そこから映画を見て、ゲーセンに寄るとすぐに辺りは真っ暗。

喉も渇いたので近くの居酒屋に入った。

はじめはチューハイをちびちびやっていた琉希だが、

そのうち俺の真似をして生中を飲み干す。

ほんの一杯で顔が真っ赤。目がとろんとしはじめている。



この間も彼女は話し続けていたが、どんな話だったかは覚えていない。

ただ、とんでもなく色っぽいと思ったことは確かだ。

マスター・・とか呟いてちょっと背中を預けてきたりしてたから。

さっきまでは対等な立場、という感じだったのにこのギャップ。

酔った彼女が可愛くて、ちょっと回りに対して優越感もあった。

実際俺も、この日はずっと心臓が高鳴っている状態。

酔いもかなり早い。



自然と、俺は彼女の細い腰を抱き寄せていた。

琉希は一瞬、戸惑ったようにこっちを見たが、

すぐに力を抜いてもたれかかってくる。

               

オフ会での出会いというのは、なんとも不思議な感覚だ。

チャットでは心友といえるほど打ち解けているのに、会ってみると知らない顔。

幼馴染が全く別の人間になったようなものだ。

おかしいぐらいに興奮する。

彼女もそうなんだろうか、腕を組んでみたがり、そのまま指を絡ませてくる。

酔うと下系に大胆になるタイプだろうか。



店を出た後、俺と彼女はしばらく黙って立ち尽くしていた。

まさか、彼女も同じことを考えてるんだろうか・・?

じわりと汗の滲む手に力が込められた。

「……せっかく、会ってんし」

確か、彼女は男性恐怖症だったはず。

でも握られた強さを感じると、そんな伺いを立てることもできなかった。



続編:Unreal その4





出典:不明

リンク:不明


告白体験談関連タグ

|

【出会い系】Unreal その3 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月14日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ