相互リンク先の更新情報!

【看護婦】福祉の女はH好き 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


最近出会い系サイトで知り合った悠子とセフレ関係にある。

悠子は都営三田線沿線の板橋区内の病院系列の福祉センターでまだ24歳の若さで

責任者である主任を務める女、可愛い顔は男の心をエッチにさせるタイプ。

悠子とはメール交換から飲みながら会いましょうとなり池袋界隈の某駅前で待ち合わせをした、

合コンにもよく誘われお持ち帰りされるタイプらしく飲むとガードが緩くなるのが判り、

ワインを盛上げながら飲ませ、バーで甘いカクテルのシートを数杯飲ませたら頂き。

ラブホを次の隠れ家バーといい連れ込み、間接照明の部屋で優しく悠子の肩を抱いたら

僕に寄りかかる、そして唇を奪うと悠子から舌を絡めてきた、

悠子の胸を服の上から揉みながら、ブラのホックを外す、

薄いピンクの小ぶりな乳輪と乳首をまさぐりながらしゃぶりつくと小さな乳首が反応する、

悠子の手を俺のあそこに導くとテコキをしはじめる。

悠子のジーンズ地のスカートを脱がせるとブラとおそろいのパンティー、

あそこをパンティの上からなでながら沁みてくるのを確認しパンティを脱がせ

あそこに指を入れるとヌルヌルとした感触、

一気に指マンをして一回イカせる寸止めでフェラをさせながら全裸に、




悠子の胸はそんなに大きくないが形が綺麗で、パット入りブラの細工が胸を大きく

みせていた。

ベットインでは69、特にフェラが好きで涎を垂らしながらしゃぶる悠子の写真と

ビデオを取り、そのまま挿入をする。

挿入の瞬間に悠子は俺の首に手を回し、「気持ちいい、気持ちいい」を連発する。

悠子には俺は子種なしと言い含めて、悠子の中には生中出しを一気に決めて

そのまま抜かずの3発、フェラで気持ちを切り替えてまた3発、翌朝までハメまくる、

勿論俺は子種なしではなく元気な精子をいっぱい持っている、これは俺のナンパ女とのHでは常套手段の生中出し妊娠作戦。

それと首筋と胸、あそこの横の太ももに山のようなキスマークをつけで

ドロドロの濃厚な精子をいっぱい中出しした。

悠子にはサーフィンが好きな働いている彼氏がいる、

その彼氏は自分の彼女が出会い系サイトで知り合った男に即日生ハメ中出しされて写真やビデオを取られている事は知らない、

そしてそれも1回ではなく時々性の奴隷、性欲の処理排出穴女になっている事は知らない。

でも悠子はそれだけではない、いまでも合コンでお持ち帰りされ公衆便所や車の中で男とハメまくりだって事も、

悠子は今夜もお気に入りのビトンのバックを持ち俺にハメられに来る。

そして悠子は最近体調に異変が生じた、そう俺が10月11月と植え込んだ子種が芽を出したようだ、

それは彼氏の子として悠子は彼に妊娠を告げるのだろう、

サーフィン好きな彼氏も可哀相だ、少し前から浮気を感じていたらしく悠子が

一人暮らしをする病院関係の福祉施設の借り上げアパートにアポなしで来るって

言うんだから、全く可哀相な話だ。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【看護婦】福祉の女はH好き 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月14日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ