相互リンク先の更新情報!

【温泉・混浴】バレたらクビ 【告白体験談】

カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談
tag:


昔俺が25才だった頃、社員旅行で温泉に行きました。

当時好きだった憧れの先輩がいて、どうにか脱いだパンツをオカズに出来ないか考えていました。

 チャンスは帰る日に起こりました。バスが宿に到着するまでの時間に、荷物を宿の玄関に置いたまま、みんなで遊びに行くことになりました。

その時に俺はチャンスだ思い、風邪っぽいとかって仮病を使い、宿で留守番をすることにしました。

みんなが出かけた後、すかさず先輩のバックを見つけ確保しました。ですがここで開ける訳にも行かず、バックを持って宿内のトイレへ。移動中に中居さんに会ったけれども、誰のバックだか分かるハズもなく軽く会釈をして行ってしまいました。この時の俺は、心臓が破れそうでした。

トイレの個室に入り、震えた手でバックの中を漁ると一番奥に無造作に入ってました。

パンツは黒いシルクっぽいやつで、なんとワレメの部分は白くてカピカピしたものがこびりついていました。

慌てて、ズボンとパンツを下げてオナニーをしようとチンポを握ったのですが、あまりにも興奮してチンポも起ちません。でも汚れた部分をじっと見ているとだんだん起って来て、20秒くらいですぐに逝ってしまいました。最後にパンツの汚れを奇麗になめて、かわりにザーメンを少し付けておきました。その後は何気ないフリをして、バックを元の場所に置きました。まだ誰も戻って来てなかったようで安心しました。

 先輩が戻って来てから、風邪は大丈夫?と心配してくれましたが、さっきのパンツの汚れを思い出して、顔が熱くなりました。それを見た先輩が、熱だと勘違いして優しくしてくれたのが、少し罪悪感を感じてしまいました。

 

あれから13年経ちましたがまだバレて無いみたいです。

先輩も俺もまだ結婚してません。二人の進展も何もありません。


告白体験談関連タグ

|||||

【温泉・混浴】バレたらクビ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

このページの先頭へ