相互リンク先の更新情報!

【露出】裏 続無防備妻 2 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


前編:裏 続無防備妻





食事が終わって、子供がゲームをしたいと言ったので、妻と子供はゲームセンターに向かっていった。

私は妻に「ちょっと本見てからそっち行くわー」と言いゲームコーナーに向かう妻と子供を見送った。

歩く度に揺れる胸、後ろから見ていると、歩くたびにお尻が交互にワンピースに張り付くので、その度にパンテイーも交互に透けていた。

すると、歩いている途中で、手を洗う所があったので、妻は子供と一緒に、手を洗い始めた。

しかも、わざわざ子供用の低い洗い場で思いっきり屈んで子供と手を洗っている。

私は向きを変え妻達のところへ向かうことにした。

案の定妻の後ろには、二組の子連れのお父さんがいて、妻の突き出されて透けているお尻を、ジロジロ眺めていた。

私は(あー、あー)と思いながら見ていると、後ろに並んでいた子連れのお父さんなんか、わざわざ妻の前に移動し胸元を覗き始めた。

後ろのお父さんも、わざとらしく妻の後ろでしゃがみ、子供の服を直すふりをしながら妻のお尻を覗いている。

私もふと靴の紐を直すふりをし、そのお父さんと同じ目線で、妻を見てみた。するとその目線だと、スカートの中のパンテイーがモロ丸見えで、横のお父さんはニヤニヤそれをながめていた。

バカな妻は、その洗い場でも何人にもサービスし、たっぷりとお父さん達に見せてあげてから、やっとゲームコーナーにむかっていった。

私は本屋へ行き、目当ての本を買って30分くらいしてから妻達のいるゲームコーナーに向かった。




妻と子供はお子様用のゲームコーナーでメダルゲームをしている。

妻は前屈みになり子供と楽しくジャンケンゲームをしており、当然開いた胸元から生乳を、まわりの人に見せびらかしていた。

ジャンケンゲームのボタンを押す度にゆれる生乳は、プルンプルンとまるで別な生き物の様に揺れ、向かい側で子供とゲームをしているお父さんがニヤニヤしながらそれを眺めていた。

突き出されたお尻はパンテイーの模様や色をくっきり浮き出しており、激しくボタンを押すたびにお尻の肉が揺れるのが分かり、そのうちワンピースがずり上がりパンテイーが少し見えるくらいなってしまっていた。

妻の反対側で、座って子供とゲームをしていたお父さんも、妻のその格好に気が付き、振り返ってポカンと口を開けながらそれを眺めていた。

しかしそんな妻は、見られていることにも当然気にせず、さらにゲームに熱中しながらまわりのお父さん達に大サービスをしていた。

そのうち一人のジーパンを履いた茶髪の、どう見てもこのゲームコーナーには不釣り合いな若者が、不自然に妻の後ろを何往復もしているのに気がついた。

私は不審に思い、角度を変え、妻達を横から見るようにしてその若者の行動を見るようにしてみた。

案の定その若者の行動は、私の予想どおりで妻に痴漢を働いていたのだった。

その若者はジーパンの前のポケットに親指だけをつっこんだ様にして手の甲を露出させ、せまい妻の後ろを通る際に、突き出された妻のお尻に手の甲を押し付けているのが、不自然な動きですぐ分かった。

しかもその若者は、妻の反応を見ながら気付かれていないと分かると、またその行為を繰り返し始めた。

狭い通路に妻はさらにお尻を突き出しているため、反対側のゲームをしている子供との隙間が20CMぐらいしかなく、その若者は普通に通路を通るだけで妻のお尻に触れることができる感じだった。

普通に見ていれば、ただ妻の後ろを通っているだけにしか見えなかったが、若者は妻の後ろを通り過ぎる時だけ一瞬立ち止まり、手をモゾモゾ動かしているので、それが痴漢行為だと私にはすぐわかった。

手の甲を押し付け、それと同時に指を少し動かしながら妻のお尻をさすっているように見える。

そのうち若者が通った後に、違う男も同じ様に何回も妻の後ろを通るようになった。

その男は背の低い40才くらいで、暑いこの時季には不釣合いな長いジャンパーを着ており、ジャンパーのポケットに入れた手で、ジャンパーごしに手の平で妻のお尻に触れているように見えた。

本人はまわりからバレないように、そのようにしているみたいだが、ポケットの中が不自然に円を描くように動いているので、それも痴漢だとすぐわかった。

普通の感覚の女性であれば、すぐ振り返りお尻を突き出すのをやめたり、その場をあわてて立ち去ったりするであろうが、当然普通でない私の妻は触られていることに全く気が付いていない。

それどころか子供を自分の前に移動させると、さらに後ろに下がり、通路をより狭くして、痴漢が触りやすいようにしてあげている。

当然痴漢達は、妻のその反応を見て、さらに大胆になっていき、ジーパン男は手の平をあてがいながら、下から上にさするように触るようになり、ジャンパー男は軽く揉んでいるようにも見えた。

それでも羞恥心のない私の妻は、いやがるどころか痴漢の行為に対して、逆に自分がぶつかってしまったと思ったのか、少し強く触ってきたジャンパー男に「あっ、すいませーん」とあやまっているしまつです。

そのうち妻の前で胸元を覗いていたお父さんも彼らの行為に気付き、子供から離れ男達の仲間に加わり、おどおどながら妻のお尻に手を押し付けはじめた。

すると、そのうちジャンパー男が順番の輪を乱すかのように、妻の後ろでそのまま立ち止まり両手でお尻を持ち上げるようにして触り始めた。

すると当然、なかなかその場を離れないジャンパーに、ジーパンはおこった顔をしながら無理やり割り込もうとし始めた。

欲望は理性をも吹き飛ばすで、そのうち男達は「何やっ」と言い合いを始めた。

その声を聞いて、妻もびっくりして「きゃっ」と言いながらやっと後ろをふり返った。

私はそれを見てやばいと思い、あわてて妻と子供の手を取り、ゲームコーナーを出て行った。

あの後あの二人がどうなったのか今でも気になる。

「びっくりしたー、急に後ろでケンカはじまるんだもん、何でー、びっくりしたねー、○○」

「うん」

自分が原因だということも全くわかっていない。私達はそのままデパートを出て公園に行くことにした。



続編:裏 続無防備妻 3

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

||||

【露出】裏 続無防備妻 2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ