相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】〜えり(1)〜 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


 もう10年以上前のことだ。俺は厨房だった。2年のバレンタインにクラス

メイトの「えり」からチョコを貰った。それを切欠に付き合うようになった。

 えりは丸顔で、大きなクリットした目をしている、ショートカットの髪が

すごく似合う。身体つきは小柄(153cm)でほっそりしている。成績はクラスで

1~2番だ。

 それに引き換え俺は馬鹿で、成績は下から1~2番、野球部だが馬鹿なので

ピッチャーとの駆け引きができないが、馬鹿力で当たるとホームランなので

代打要員だ。なぜそんな俺をえりが気にいってくれたかは分からない。

 付き合っていたといっても厨房なので、休み時間に雑談やクラブの無い

ときに一緒にかえるくらいで、半年くらいは何もなかった。でも、俺は毎日、

えりを思ってマスをかいていた。



 俺は馬鹿なので、中3の夏休みは補習だ。補習は午前中だ。午後は遊びに

行きたかったけど、えりはそんな俺を家に呼んでくれ勉強を教えてくれた。

えりの両親は共働きで、一人っ子なので、家の中は2人だけだった。




 1日は我慢したが、次の日にはやってしまった。もう、朝からやろうと

思っていた。補習を受けながらも、チャンスを考えていた。でもやはり

馬鹿だから、いろいろ考えていたらわからなくなって。補習が終わったら、

えりの家まで走っていって、玄関でいきなり、えりを押し倒してして

しまいました。

 えりは抵抗したけど、馬鹿力で180cmある俺には何の力にも感じなかった。

えりのTシャツを無理やり脱がし、ブラジャーも上にずらし、生乳にご対面した。

細い身体には似合わない、大きな乳だ。俺は思わず吸い付いた。

何もテクニックを知らないころだから、赤ん坊みたいに吸い続けた。

ズボンの中で痛いほど硬くなっていた俺の分身は爆発した。



 それでも俺は夢中だった。濡れたズボンをパンツと一緒に脱ぎ捨てた。

自由になったオチンチンはさらに硬くなった。まだ、えりは抵抗を続けていたが、

それは構わずパンティを剥ぎ取りました。俺はオチンチンをえりのオマンコに

押し当てて入れようしたが、上手く入らなかった。何度かオチンチンの角度を

変えてトライしているうちに、オマンコに亀頭が入った。何かゴムみたいに

弾き返す弾力を感じたが、さらに力を入れたらスルット根元まで入ってしまった。

熱い体温と心地よい弾力感がオチンチンを包んだ。俺は夢中でオチンチンを

動かした。秒速2~3回は動かした、30秒ぐらいで俺はまた爆破した。



 もう、えりは抵抗をやめていた。泣いていた。涙を見て俺はまた興奮してきた、

と言うよりマスマス興奮した。俺は汗に濡れ肌に張り中いていた上着を脱ぎ裸に

なった。俺は、靴を履いてきたことに気がついた、いや、玄関の戸が開いていた。

やばい、あわてて戸を閉め、鍵をかけた。

 俺は泣いていたえりを「好きだから、その証明だ、、、これが俺の愛情だ」

と宥めながら、残っていたスカートも脱がせた。もう、俺の暴走は止まらない。



 えりの部屋に行って、ベッドに座らせると「ごめんな、好きだから」と言って、

キスをした。ファーストキスだ。えりはもう抵抗しない。いや、むしろ積極的に

舌を絡めてきた。「急だったから、驚いただけ。Mくんのこと好きだから、

いつかはと思ったけど、、、、乱暴にしないで、優しくしてね」。

 馬鹿な俺の頭は「優しくね、優しくね、、、優しくね、、、優しくね、、、」が

回っていた。俺はえりをベッドに横たえ、軽くキスをしてから、オッパイを揉み

ました。改めてオッパイを見ると、ピンクの乳首が可愛い。俺の頭は必死に、

親父の隠していたエロビデオを思い出しながら、えりを攻め始めた。



 それから、何度もえりの中で爆破した。いつの間にか部屋が暗くなっていた。

もう夕方だ。えりは「ごめんね。もう、親が帰ってくるから今日は帰って」

「今日はごめんな、明日来て良いか?」。えりは無言でうなずいた。

それから「明日も可愛がってくれる?」それを聞いた俺は、なんども爆破した俺が

また硬くなって、、、えりは軽くオチンチンにキスして「また明日ね」と

可愛い笑顔で答えてくれた。


告白体験談関連タグ

|

【彼女・彼氏】〜えり(1)〜 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月16日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ