相互リンク先の更新情報!

【露出】ホームセンターでのバイト 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


女友達とホームセンターでバイトしているのですが、そこはバイト専用の更衣室があります。男女共同ですが、女の人は上に制服を羽織るだけなので問題はないのですが、私は上下作業服に着替えるので奥のカーテンで仕切られたスペースで着替えます。この季節でも下着が濡れるほど汗をかくこともあり、パンツを着替えることもあります。先日、彼女と私だけが帰るのが最後になった時のことです。私が先に更衣室に着き、カーテンの向こうで着替えていると女友達が入ってきました。普段から彼女に見られたくてしょうがなかった私は彼女に気づかない振りをし、露出する決心をしました。興奮で既に半勃ち状態で、思いきってカーテンの向こうの彼女のスペースにいきました。すぐにこっちを向いた彼女は全裸の私を見て「ええー!どうしたの?」と大声で叫び、半勃起のチンポに視線をやり、じっと凝視した後、私の顔を見て「やだあ、もう〜」と大笑いしてきました。「えっ〜居たんだ。替えのパンツ取りにきたんだけど!」と白々しく応えると「そうなの。」と言い、隠さないでいるチンポをまた遠慮なく、ニヤニヤしながらじっくり見て「いい加減隠したら!」というので「もう見られたから隠してもしょうがないだろ」と応えると「ええ〜。でも〜。なんか大きくなってきてるし〜」とゲラゲラ笑っていましたが、そのあと完全に勃起してしまったチンポを見ると笑いが消え、「ちょっと、すごいね!」とつぶやき、「もう、パンツはいたら?勃ってるの見るのは、なんか恥ずかしくなってきたよ〜」といいましたが、そのままフル勃起でいるとまたチンポに視線をやり、「ああ!やっぱり、それに目がいっちゃうよ〜」といい、「私、いやらしいのかなあ。」とつぶやきました。その言葉を聞き、あまりの興奮に刺激してもいないのにガマン汁が大量に溢れだし、下に向かっていやらしく糸をひきました。それを見た女友達は「もう〜いやらしすぎるよ〜」と言い、「女友達にそんなの見せたらダメだよ〜」といいましたが「いいながらしっかり見ちゃったけど」とバツが悪そうにいいました。オナニーまでいきたかったのですが、さすがにその日はやめました。更衣室を出た後「わざと見せたでしょう?」といわれ、狼狽しましたが「あ〜あ、でもしっかり見ちゃったよ〜見られて恥ずかしくないのかな?」と一人ごとのように言ってました。普段近くにいる女友達にチンポ見られるのは、本当に大興奮です!


告白体験談関連タグ

||||||

【露出】ホームセンターでのバイト 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月19日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ