相互リンク先の更新情報!

【職場】あのこのお弁当 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


僕の会社には結構かわいいこが一人います。

話したこともろくにないけど、色白で小悪魔っぽい後輩の女の子。

うちの会社は弁当を持って行く人は朝来ると食堂の棚に弁当を置くのです。

そしてそのこも毎日棚に自分の弁当を置いています。

この前朝9時ぐらい、僕は薄暗くて誰もいない食堂に行ってそのこの弁当袋を持ってトイレに向かいました。トイレは洋式が空いていたのでそこに入りました。

そしてそのこの弁当袋の紐をそっと空けました。

初めの結び方を覚えてから。。

そして弁当袋から弁当箱を取り出してタンクの上に置きました。

隣の和式には誰かがいたので音を立てずにそっと弁当箱のフタを空けました。

そして僕は興奮しながらズボンのチャックを下ろし、パンツからキノコを出しました。

キノコの先にはキノコ汁がいっぱい出てて、僕は震える手で弁当箱を持ちました。

弁当の中身は白御飯、その上に鰯の生姜煮、あとはたくあん、卵のそぼろ、チキンナゲッ

トのようなものが入ってました。

僕はまず鰯の生姜煮を一つ手に取り、それを自分のキノコの先端へ。

キノコ汁をたっぷりつけました。




僕は仮性包茎なので、先っぽの皮の中に含ます感じで鰯の生姜煮でぐちゅぐちゅ、と気持ち良くなってました。

それから僕は自分の大きくなったキノコを白御飯の上全体に擦りつけていった。

卵のそぼろ、チキンナゲットのようなものにもキノコを弁当全体に擦りつけた。。

すると僕のキノコはとても気持ち良くなってしまって、少しイッてしまいそうになったのです。

こんな弁当の上に発射してしまったら大変だ。。

我慢したけど、キノコの先から精液がほんの少し出てきてしまった。。

どうしようか..。

でも思い切って、キノコの先についた精液を指で取り、白御飯の上につけちゃいました。。

僕のキノコ汁がたくさんついた弁当。。

僕は弁当箱にフタをして袋に入れて、もとの通りに紐を結びました。

そしてまたその弁当袋を作業着の中に忍ばせて食堂の棚に返しました。。

そして昼休み。

僕はドキドキしながら食堂で弁当を食べ始めてると、しばらくしてそのこが弁当袋片手に自分の席に行った。

なにげに斜め後ろを振り返るといつものかわいいあのこが僕の精液つきチキンナゲットや白御飯を普通に食べていました。。

その時の僕のキノコは鰯の生姜煮の匂い。。。

僕の精液、味はしないのかな..?

じゃあこんどはもっとたくさん精液をつけようか。。

ドロっとした僕の精液を..


告白体験談関連タグ



【職場】あのこのお弁当 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月20日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ