相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】ちょっとー!【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


今年のゴールデンウイークにオレの嫁さんと子供2人(男×2)、

それに嫁さんのアニキ夫婦と子供2人(男・女)の4人で旅行に

行った。道が混むので夜中にクルマを走らせて旅館に向かった。

旅館に着いたのは朝の4時過ぎ。

運転疲れでオレとアニキ(義理)は大浴場に入りたいと言ってみたら、

24時間OKですよ。と言われ喜んでいたら子供も目を覚ましたので

結局みんなで大浴場に向かった。

大浴場は男湯・女湯と当然分かれており、オレとアニキ(義理)とが

2人で男湯に入り、子供4人はまだ小さいのでママさん2人と女湯に

入ることになっていた。

しばらくすると、うちのチビ(男・3歳)の声が壁の向こうで響いている。

それに続けとばかりに残りの3人もキャアキャア騒ぎ出し、随分と

女湯は賑やかな雰囲気のようだ。

オレとアニキ(義理)は交代で運転したせいもあり、ただボーッと湯に浸かっていた。

それでもチビさんたちの大合唱は止まず、パタパタと走る音も聞こえる。




そうしているうちに、どちらかのママの「アーーーーッ」という声。

直後に男の子の「ウエエエエエーン」という泣き声が聞こえてきた。

どうやらアニキの上の子(男・4歳)が滑って転んだようだった。

どこがどうなったのかわからないが、ひどい泣き声が聞こえてきて、

やがて壁の向こうからアニキ(義理)の嫁さんの声がして、

「パパー!ちょっとこっちに来てー!」と叫んでいる。

アニキ(義理)は「行けるわけないやろー!」「どうした?大丈夫かぁ?」と叫ぶ。

するとアニキ(義理)の嫁さんから「こっちは私ら4人しかおらんよ。」

「たぶん、こんな時間に誰も来ないし、早く来て!」と怒っている。

一旦、脱衣所に向かい、タオルをまいただけでアニキ(義理)は

女湯の中に入っていった。

10分くらい経っただろうか・・・。

どうやらアニキ(義理)の子供は大したケガでもなく、ようやく機嫌も少しは

よくなってきたようで笑い声も聞こえてきて、こっちに一人でいるオレもホッと

していた。

ところが今度はうちのチビ(男・3歳)が泣き出した。

「パパー!」「パパー!」

一瞬のパニック状態が終わり、自分のパパだけがここにいないことに気づいた

うちのチビの泣き声だった。「こっちにおいでー」と言っている。

オレの嫁は「○○ちゃん(うちのチビ)が向こうに行く?」と言うと

「イヤ!みんな一緒がいい!」と言うのが聞こえてきた。

そうだよなー。オレの嫁さんとアニキは元々兄弟だし、今は恥ずかしいだろうけど

自然かも知れないなぁ、アニキの嫁さんとオレの嫁さんは女同士だと思えば

確かにオレだけが除け者になってしまうのは仕方ない仕組みだと思っていた。

しばらくして、チビの泣き声が止んだのでまた一人でボーッとしてたら、

今度はうちの嫁さんの声がして、「パパー、こっちにおいで」と言う。

「だって、〇美ちゃん(アニキの嫁)がいるのに・・・」と心の中で思っているが

行ってみたいような気もする。

そうしてるうちに「パパー!大丈夫やから、はやくおいでー」と催促の声。

何がどう大丈夫なのかはわからんが、仕方ない。行ってみることにした。

落ち着いてるフリをして、女湯に行くと、うちのチビが駆け寄ってくる。

ごく自然にアニキは子供と遊んでいるし、うちの嫁は下の子と遊んでいる。

「さて、〇美ちゃんは?」軽く目で探すと、おそらく脱衣場から持ってきたので

あろう、バスタオルで全身を包んでいる。

アニキとうちの嫁はすっぽんぽんなので、妙に〇美ちゃんがエロチックに見える。

「そりゃそうだよな」変な納得をして、オレはオレで前を隠しながらチビに手を

引かれて、洗い場のほうに向かっていった。

〇美ちゃんもわずかにオレを意識してるとは思うのだが、普通にオレと会話してる。

オレも〇美ちゃんのタオルを気にしないようにしてたが、確かにエッチなことを

考えるようなムードでもないので、時間が経つに連れてホントに意識しなくなった。

きっと〇美ちゃんもそうなってきたのかも知れない。

時々、子供のカラダを洗うときタオルの胸元が緩むので、それを直すのだが、

段々動きが雑になってきたような気もしてた。

〇美ちゃんは今、立って子供(女の子)の髪を洗うためシャワーのところにいた。

そして、そこでうちのチビがウロウロして遊びだしたので、オレはまた湯船の中で

再びボーーーーッとしていた時だった。

うちのチビがニコニコしながら一言、「タオルかしてぇー」と言ったと同時に

〇美ちゃんの後方からタオルを思い切り引っ張ったのである。

斜め下からタオルを引っ張られた〇美ちゃんは、「ちょっと〇〇ちゃん、待って!」

と言ったときには既に両方のオパイがポローン!

「あーん」と言いながら片手で胸を隠そうとしたと同時にケラケラ笑いながら、

うちのチビが力まかせにググーとタオルをさらに引くと遂に完全にタオルは〇美ちゃんの

手から離れ、うちのいたずら坊主の手に渡ってしまった。

「ちょっとー!」と言いながら、胸を隠す〇美ちゃんは何故か下半身フリー状態で

マン毛がハッキリと拝める状態になった。

マン毛も隠すか、胸を隠し続けるか、一瞬迷ったのであろう、〇美ちゃんは

「あー!もーっ!」と言うと怒るにも怒れず、うちのチビのタオルを取り返すことを

最優先として、両手を胸からもはずし、タオル奪回に専念したため、ついに完全な

オールヌード状態となった。

意外にうちの嫁とアニキは笑っているだけで、特に動き出さなかったので、仕方なく

オレが湯船から飛び出し、「コラー!(←でも嬉しい)〇〇!やめなさい!」と

言って走り回るチビをつかまえた。

そこに駆け寄る〇美ちゃんはとにかくタオル奪回に夢中だったのであろう。

オレがつかまえているチビに駆け寄り、すぐに「もぉー!返してね」と言いながら

しゃがみこんだのであった。

遂に!遂に!50センチほど前方に〇美ちゃんのマ〇コが全開になってしまった!

オレもできるだけ下は見ないようにしたつもりだったけど、やっぱり自分にウソは

つけず、結構長い時間、〇美ちゃんのマ〇コを拝ませてもらっていた。

「もぉー、恥ずかしい」と言いながら、またタオルを巻く〇美ちゃんを見て、オレの

息子(〇〇ちゃんではない)は絶好調になってしまい、ミニタオルではかえって目立つ

くらいギンギンになってしまった。

〇美ちゃんはそれに気づき、少し頬を赤らめたが、

そんなことよりオレは勃起してることを嫁とアニキ(義理)に気づかれないように

必死に手で前を隠すフリをして、息子を押さえつけたのであった。

長文、お付き合いいただき、サンクス。


告白体験談関連タグ

|||||||

【人妻・熟女】ちょっとー!【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年4月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ