相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】キス 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


去年の冬の夜の話。 踏み切りが近い公園で、彼女とマターリしていた。初彼女で、しかも2人

きりなので凄い緊張していた。彼女は学校でバレー部、そして学校のマドンナであった。俺は・・・まぁ凡人。国仲涼子似の彼女と付き合えたのは奇跡的なわけで。(同級生の視線が痛い)



そんな俺にも、人生のある意味節目が突然おとずれた。 

「遅いからそろそろ帰る? 沙紀のパパさん恐いし。」(マジで恐い。)

「そうだね。今日は楽しかった。ちょっと寒いけどw」

ココだ!チャンスを伺ってた俺は勇気を振り絞って「・・・・・・」何も言えなかったw

が、しかし。 手を曳いて抱き寄せる事に成功!

彼女は俺の胸に顔を埋めて「ビックリした〜。ふふふw」と不敵な笑みをうかべた。

まぁそのときの顔といったらもぅ・・´ゝ`

髪の毛の匂いがシャンプーじゃない香水?みたいな高貴な香りが鼻を覆う。

「俺、今日これやって帰るって決めたんだ・・」(キスのこと。勿論、初)

「えっ?・・・・これのこと?w」彼女が目をつむり顔を見上げる。

「ん・・・はぃw」  待て・・心の準備が↓↓俺はヘタレ?

「ぅん・・・」俺からくちづけをした。彼女の体が少しそった感じになるのが分かる。




その仕草に萌。そして、おめでとう、俺。

5秒くらいした後に「帰ろ(‘ε’)?」という感じで言った。

そしたら、、「チュウってまだあと1つあるんだよw」と彼女から爆弾発言。

!?そそそそれは、あの大人のキスじゃないですか。。

「何それ?」とぼけるなって俺w

「してみる?」

「うん・・・どうすれば?」

「いいの。任せてw ビックリしないでね。いい?」

「いいよ。」

「いくよ・・・んっ・・・」

「!!くぁwせdrftgyふじこ!」

尖った、濡れてざらついた舌が入ってきた。彼女の鼻息が俺の鼻のしたに当たる。

じょじょに俺の舌に絡まっていき、俺もそれにこたえ、彼女を感じる。

卑猥な音でまめいがした。2分くらいしてキスが終わった。彼女の舌が離れていく。

「ん・・・・・・・ふふっw可愛いw」

「えっ?  かわいくねぇしw」

「帰ろっかw ね!」俺の手を曳きチャリの方へ向かう。

「うん!」 俺は彼女を家まで送っていった。





この数日後に卒業式を迎えます。(童からの!)


告白体験談関連タグ



【彼女・彼氏】キス 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月24日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ