相互リンク先の更新情報!

【教師・先生】清楚なきよみ先生 【告白体験談】

カテゴリー:教師・先生との告白体験談
tag:


それは合意の上でのことでした。



 僕の名前は菅原敬。函館にある中学校の、理科の教師になって三年目。まだまだ新米です。昨年の夏、北海道の教育委員会主催のセミナーに理科主任の佐藤清美先生と出席することになりました。佐藤先生は43歳、美人ではないけれど細身で明るい性格で生徒達にも同僚の教師達にも人気があります。頭も良くて包容力があるというか、誰の意見でも真っ向から否定することはなく、理解しながら的確なアドバイスを下さる点は新米教師の私としても見習わなくてはいけない点だと思います。それに学校ではいつも白衣を着ていますが佐藤先生が実はすばらしいプロポーションの持ち主であることは僕は知っていました。

 セミナーは室蘭のセミナーハウスで三日間にわたって行われ、三日目の夕方にはいちおう閉幕したのですが、道内でも遠くから来ている人は、もう一泊泊まりその日の夜打ち上げパーティーをやることになりました。一次会の後、他の先輩先生達は室蘭の町へと繰り出して行きましたが、僕と佐藤先生は彼女の部屋で飲み直すことにしたのです。



         



 40半ばの大人の女性と30前の男、話は佐藤先生(セミナー期間中は〇〇先生と言うのは厳禁でしたから、清美さんと呼びましょう。)が独身男性がさも珍しいかのように色々と質問してきて私がおどけて答える、そしてお互いに笑い合う、時に私の反応を試すような意地悪な質問をぶつけてきくると、私も清美さんの期待に応えておどどと話にくそうに答える、そんな姉弟のような会話が続いていました。SEXの話をし出したのは清美さんの方でした。

と言っても女性の好みや独身の男性はどうやって処理してるの?とか聞かれ、僕も大げさに困ったように答えていました。

「敬ちゃん、彼女はいるの?」

「いないですよ、知ってるくせに」

「あら、だってみんなに隠して可愛い彼女がいるかも知れない、って」

「そんなことないですよ。」

「そうなんだ。もてそうなのにね。わかった、女の人に興味ないんだ!」

「何いってるんですか、ホモじゃないですよ、ひどいなあ。」




「ごめんねー、あははっ」

 清美さんは、そんなに笑わなくてもいいじゃないか、と思うくらい楽しそうに笑いころげていました。僕は、いじわるな質問にちょっとムッとしたけれど、それ以上に、いつもの責任感から解放されてか、心からリラックスしている清美さんを、かわいいな、と思ったのです。

 ひとしきり笑った後、何か思い付いたような顔で、清美さんが質問してきました。

「じゃあ、彼女いないと、困るでしょ?」

「困るって…」

「男のひとって、たまっちゃうんでしょ?」

「え…ええ、まあ…」

 セックスのことを聞かれているんだと気が付いて、僕はしどろもどろになってしまいました。いくらお酒が入っていても、憧れの清美さんと話すには、あまりにも恥ずかしい話題だったからです。でも、そんな僕の困った様子は、むしろ清美さんを喜ばせたようでした。

「じゃ、自分でしてるんだ!」

「…してますよ。しょうがないじゃないですか…」

 僕が拗ねたように言うと、清美さんは、ますます嬉しそうに追及してきます。

「毎日してるの?」

「…毎日ってほどじゃないけど…」

「2日に1度?」

「…そのくらいかな…もっと多いかも…」

 本当は毎日のようにしていました。それも、ほとんど清美さんを想像しながら…でも、そんなこと、とても言えません。

「そうなんだ、じゃあ、研究室でマジメそうな顔してるときも、ほんとはエッチなこと考えてるのね。」

 図星をさされた僕は、もう何も言い返せずに下を向いていました。清美さんのむっちりした腰が目に入ります。憧れのお尻が、手を伸ばせば届くところにあるのに、僕には、その手を伸ばすことができませんでした。僕は悔しくなって聞き返しました。

「清美さんも自分でしたりするんですか?」

「わたし?…ま、人妻になんてこと聞くの、いけない子ねっ」

 けらけらと笑いながら、清美さんは氷を取ろうと立ち上がろうとしたのですが、足がもつれて、座っていたソファに深々と尻餅をついてしまいました。その拍子に足が開き、スカートの奥の太腿が見えました。ストッキングの色が変わるあたりまで、そう、もう少しで清美さんのパンティが見えるところでした。白い、匂いたつような肌が目に入って来て、僕はもう、たまりませんでした。

「あー、酔っちゃった。敬くんは若いんだから、もっと飲みなさい」

 そう言いながら、清美さんは僕のグラスにウイスキーを注いで、氷を入れてくれました。マドラーに揺れる氷を見ながら、僕は、あることを思いつきまいた。

 



「清美さん、生徒に教わったんですけど、こういうこと出来ます?」

そう言うと、まず僕がテーブルの上に人差し指を二本並べておいてみせました。

「なにそれ、なにかのおまじない。」

「いいからやってみて、」

佐藤さんは何かおもしろいことが始まるのかと期待しているような表情で、僕と同じように人差し指を二本並べてテーブルの上に置きました。

「指をそのままにして、下に正座してみて、こういうふうに。」

「はいはい、なんのおまじないかしら。」

 彼女は一人用のソファーから腰をはずし、下の絨毯にひざまづきました。僕は彼女の並んだ両方の人差し指の上に今飲んでいた水割りのグラスを置き。驚いている彼女に向かって笑顔で

「はい、これで貴方は動けません。」

 と言いました。

「こらっ、なにくだらないことやってんの。」

 初めのうち彼女はまだ笑っていました。

「動こうとすると、グラスの水割りがこぼれて、テーブルの上の資料もブ

ラウスも水びだしになっちゃうでしょ。」

「あーっ、ひどーい。それで、どうするの。」彼女はまだ余裕で笑いながら質問してきました。

「清美さんの身体を、あちこち色々触っちゃうの、」

 僕は笑って、冗談めかして、両手で清美さんの躯をまさぐるしぐさをしました。そう、冗談のつもりだったんです、この時までは。

「敬ちゃん、いつもこんなことやってるの?早く取ってよ。」

 僕は何も言わずにほほえみながら彼女の目を見つめました。よく見直してみるとすごく卑猥なかっこうです。いつも明るく、いかにも仕事が出来そうに振る舞っている佐藤さんが、いつもと同じ仕事用の白のブラウスとグレーのタイトスカートのまま、犬のちんちんみたいなスタイルをして動けないでいるのです。そしてこの時の佐藤さんはとても魅惑的でした。普通佐藤さんぐらいの年齢の魅力的な熟女というと、化粧の濃いグラマーな女性を思い浮かべますが、彼女はそういった類の女性ではありません。年齢が作り上げた大人の女性の魅力がありました。今まで何人もの人に会ってきて、いくつもの難しい仕事をこなしてきて、家庭ではY火災海上の部長さんだったご主人の貞節な妻であり、一家の嫁であり、二人の子供を立派に育て上げた母でもあり、そんな自信が質素だけど上品な服装にも、決して厚くないのに隙のない化粧にも現れていました。眉はすっと引かれ、まばたきしたときだけわずかに確認出来る程度のアイシャドウ、明るいピンク色の口紅も佐藤さんの薄い唇には上品に映っていました。若くて奔放なヤリマン女とは対局にある、そんな上品で貞節な女性だからこそ僕が淫乱な女に変えることが出来たら、どんなに素晴らしいだろう。そんなことを考えていました。

「こんなおばあさんの身体いたずらしてもしょうがないでしょ。」

「おばあさんじゃないですよ、すっごく魅力的ですよ。」

 そう言いながら彼女の後ろに廻り、ブラウスの襟の部分についていたネッカチーフをすっとひきぬきました。幅5センチほどの、ブラウスと同じシルクで出来たそのネッカチーフを伸ばしながらすばやく彼女の後ろに廻り、軽く目隠しをしました。

「あー、ひどーい。」

 佐藤さんはおどけて言いましたが、目隠しをした瞬間ふと漏れた驚きとも快感ともつかないため息を僕は聞き漏らしませんでした。

「では、一つずつボタンをはずします。まずは・・・・。」

そう言いながら僕はゆっくり彼女の横に廻り、ブラウス胸のボタンをはずすような仕草をしながら・・・、

「ここをはずさなきゃね。」と言って袖口のボタンをはずしました。

「前に大失敗してさ、胸のボタンを全部はずして脱がしたのに、ここをはずし忘れて大騒ぎになったことあったからね。」

「あっはははは、それで学習したのね。」

 一瞬戻った彼女のくったくのない笑い声が終わった後、僕がしたのは沈黙でした。

















 僕は黙って清美さんの全身を眺めました。

 いつもは彼女に気づかれないように、と覗きみるように眺めていた肢体を、今日は彼女の視線を気にせずに、好きなだけみることができるのです。

 いつもはスレンダーに見えていた身体もこうして前かがみに正座すると乳房が重みで垂れ下がり、その大きさを再確認しました。タイトスカートに包まれた下半身は、はち切れんばかりに充実して、その下に肌色でキラキラ光るストッキングに覆われた長い足が見えました。二分ぐらいそのまま沈黙が続いたでしょうか、僕に各部を見られているのを感じたのかだんだんと彼女の呼吸が荒くなってくるのがわかりました。そしてがまんできなくなったのか。

「ねっ、もういいでしょ、冗談はここまでにしましょ。」

 その言葉にも僕が沈黙していたので、こんどは少し怯えた声で、

「敬ちゃん、ねっ、もうやめましょ。ねっ、やめて。ねっ。」

 だんだんと真剣になってきた彼女の言葉が終わらないうちに、僕はグラスから取った氷を彼女の首筋にそっとあてました。

「あっ。」

 彼女の身体全体が一瞬ふるえて、口紅に塗られた薄い唇が吐息の混じった悲鳴をもらした。

「感じた?」

 僕はわざと優しく聞いてみたました。彼女はしばらくそれに答えることができず肩で息をしながらうつむいていた。

「ひっ、ひどいよ。心臓が止まるかと思った。」

 言葉はまだおどけているもののその声には真剣さが現れていました。

「そう。止まるかどうか、もう少し試してみようか」

 今度は氷ではなく、マドラーの先の丸くなった部分を清美さんの首筋に当てました。彼女はまた躯を震わせたけれど、なんとか声を立てずに耐えています。僕は、マドラーの先を首筋から顎の方に滑らせ、そして顎から胸元へ、ゆっくりと降ろしていきました。

「んんっ…だめよ…ねっ、やめようよ…んっ…」

 清美さんは、マドラーから逃れようと躯をよじりますが、指先が抑えられているので、逃げられません。胸の谷間から引き返したマドラーの先を、僕は彼女の二の腕から肩、背中、脇腹へと滑らせていきます。彼女が震えながら躯をよじらせていく姿は、とてもエロティックに見えて、僕はものすごく昂奮してしまいました。白いブラウスに残る水の跡が、美しいものを汚しているように感じられて、ゾクゾクしたのです。僕は、マドラーをグラスに入れて濡らすと、清美さんの髪をかきあげて、白いうなじをむきだしにして、襟の内側に水滴を落としました。

「やンっ…だめっ…」

 一滴ごとに、彼女は背中をそらして激しく反応します。

「そんなに動くと、グラスが倒れちゃうよ。じっとしてなきゃ」

「だって…そんなこといったって…あンっ…敬ちゃんがそんなことするから…あッ…」

 いつもは豊かな髪の下に隠れているうなじの吸い付くような白さに、僕はみとれていました。またマドラーをグラスに浸して、水滴を落とす位置を、背中から前の方にずらしていきます。

「いやあッ…ねえ、おねがい…」

 清美さんはもがくけれど、両手をグラスの下から動かそうとはしません。

襟元から、ある匂いが漂ってきていることに、僕は気がつきました。いつもの香水でもなく、お酒を飲んだ時の香りでもない。それは、彼女のおんなの匂いともいうべき体臭でした。いつもの彼女の匂いよりも、ずっと強く、なまなましい匂いが、僕の鼻孔から身体中に、そして、下腹部に熱い物をわきたたせます。

(佐藤さんも昂奮してるんだ!)



すでに、お酒の上での冗談というには異常すぎる雰囲気が2人を包んでいます。本当に嫌なら、グラスをひっくり返してでも、立ち上がって逃げ出すことができるはずなのに、清美さんは、決してそうしようとはせず、僕の暗示にかかったように、両手を揃えたままで、躯をよじり続けていました。冗談半分で始めたルールが、本物の手枷のように彼女を拘束していたのです。おそらくは、彼女の心を。僕はこの時はじめて、自分がほんとうに彼女を自由にできるのだ、ということに気が付いたのです。

 最初のうちは、彼女が怒り出したら、いつでも「冗談だよ、ごめんね」と言ってやめるつもりでした。でも、彼女は動けませんでした。僕が決めたルールが、彼女を縛っている。僕が清美さんを支配している。そんな自信のようなものが、僕の心の中にみなぎってきたのです。

僕は後ろから彼女の肩を両手で抱くと、耳許に顔を近付けて囁きました。

「清美先生、動いちゃダメですよ。水がこぼれたら大変なことになるんだから。」

 清美さんは、うつむいてしまいました。構わず、僕は続けます。

「何をされても逃げられないんですからね。いいね」

 しばらくためらった後、清美さんは小さくうなづいて、

「はい」

 と囁き、切なそうに、ため息をつきました。自分が決定的な言葉を口にしてしまったことを、彼女も理解しているのです。僕は満足そうな声で、

「そう、それでいいんです」

 と囁き、彼女のブラウスのボタンに手をかけて、ひとつづつ外していきました。

 息を詰めていた彼女は、ボタンが外されたことに気づくと、はああっ、と震えるような息を吐きました。清美さんの白く、たおやかな胸が、ブラジャーに包まれた部分まで露になりました。水色のカップの大きなブラジャーには、細かな刺繍がほどこされ、大人の女性らしさを感じさせました。僕は、ブラジャーの縁に沿って、彼女の白い肌に、ゆっくりと濡れたマドラーを滑らせていきます。

「…だめ…そんな…」

 清美さんは、震える声で弱々しく抗議しますが、もちろん、僕は取り合いません。マドラーをブラジャーの肩紐の下に差し込むと、左肩の紐を外しました。そのまま、ゆっくりと紐を引くと、カップが彼女の豊かな小山からだんだんとずれて、そして、とうとう、ぷるん、と揺れて、清美さんの乳首があらわになったのです。

(これが、佐藤先生の乳首なんだ…)

 僕は、ものすごく昂奮していました。この時間がもっと続いたら、頭の血管が切れてしまうだろうと思うほど昂奮していました。それでもいい、と思いました。清美さんの躯を、心と躯を自由にできるのなら、どうなっても構わない。本心からそう思いました。













 今だから白状します。僕は清美先生の人柄に憧れていたのですが、それと同じくらい、あの胸元の曲線に心を奪われていたのです。歩いたり身体を動かすたびに揺れる膨らみ。清美先生が笑って身体をのけぞらせた拍子に、ぐっと突き出されて、ブラジャーの模様がくっきりとブラウスに浮き出るのを見ると、僕は頭がおかしくなりそうでした。清美先生が前屈みになれば、つい胸元に目がいってしまいます。ブラジャーに覆われた部分までの、小山の裾野の白さを、いつも思い出していました。教員室の入り口で清美先生とぶつかり、偶然に触れてしまった彼女の胸の弾力。僕は我慢できずに、すぐにトイレに駆け込んで、手の感触を思い出しながらオナニーしてしまったのです。



 それほど憧れた清美先生のおっぱいが、今、なにも遮るものがなく、僕の目の前にある。手を伸ばせば触れることができる。僕は、喜びで頭がおかしくなりそうでした。

「はずかしいよ…ねぇ、敬ちゃん、ゆるして」

「だめだよ、動いちゃ」

 僕は清美先生の儚い抗議にとりあわず、もう一方の肩紐も外して、両方の胸をあわらにしました。締め付けていたブラジャーから解放されても、垂れることもなく、むしろ大きくなったように見えるおっぱいの頂点に、淡い色の乳輪と、そして、こぶりな乳首が、きゅっと収縮したように硬く、尖っていました。

「清美先生、おっぱいの先が硬くなってますよ」

「いやぁ、そんな…」

「ほら、こんなに」

「あっ、だめッ、よして、ねえ、敬ちゃん」

 僕が背中から両手を回して、双球の乳首をつまむと、さすがに清美先生は身体をよじって抵抗しようとしました。でも、僕がぐりぐりと指先を動かすと、身体の動き方は、抵抗というより、むしろ、その少々乱暴な愛撫に反応しているように変わっていきます。

「あンっっっっ!」

 指先にぎゅっと力を入れて乳首をつまむと、清美先生は思わず両手を引っ込めて、胸をかばおうとしました。その拍子に、指の上に乗っていたグラスが倒れ、氷と水が机の上にこぼれました。流れた水が、机の端から、彼女のスカートに水滴となってこぼれています。

「あ…ご、ごめんなさい」

「あーあ、僕の書類がびしょびしょになっちゃったよ」

「ごめん、ごめんなさい、どうしよう、どうしよう…」

 どうしようもなにも、どう考えても彼女に責任があるはずがないのですが、誠実な清美先生は、自分の失敗だと感じて、うなだれています。実際には、彼女に目隠しをした後で、濡れては困るものを机の上からどかしてしまったので何の被害もないのですが、もちろん、目が見えない清美先生にはわかりません。

「清美さん、困りましたよ」

「ごめん、敬ちゃん、ごめんなさい…どうしたらいいの…」

「濡れちゃったものはしょうがないけど、粗相をした人にはお仕置きをしなくちゃね」

「え…おしおきって…」

 僕はネクタイを外すと、グラスから解放されて自由になったはずの清美先生の両手をつかみ、宙ぶらりんになっていたブラジャーを腕から抜き取ると、身体の前で手を合わせさせ、手首を縛ってしまいました。

「え、あ、そんな、ちょっと待ってよ」

 清美先生が何をされているのか気づいた時には、もうしっかりと両手が結ばれていました。

「悪いことしたんだから責任はとってもらうよ」

 そう言うと、僕は今度は清美先生の手を床につかせます。目隠しをされたまま、清美先生は床に四つん這いになりました。グレーのタイトスカートに包まれたお尻が、後ろに突き出されます。ブラウスの前が開き、大きなおっぱいが垂れ下がっています。縛られた手が身体を支え切れずに肘をついてしまいましたから、乳首が床の絨毯に触れそうでした。

「やだ、こんな恰好して、どうするの」

「お仕置きといえば、こうでしょ」

 僕は平手で清美先生のお尻を軽く叩きました。

「やンっ」

「清美先生だって、お子さんが悪いことしたら、こうやってお仕置きするでしょ」

 僕は、やわらかいお尻の感触を楽しむように撫で回しながら、また、ぱちっと叩きます。

「やだ…そんな、いやよ」

「『いやよ』って、反省がないなあ。そんなことじゃ許してあげるわけにはいかないな」

 ぱちっ。僕はだんだん力を強くしながら、叩き続けました。叩くたびに分厚い腰がびくっと動き、清美先生の息遣いが荒くなっていくのがわかります。

「ああッ…おねがい、敬ちゃん、もうやめましょう。ひどいことしないで。ねッ、今なら何もなかったことにしてあげるから」

 僕は叩く手を止め、冷たい声で言いました。

「清美さん、自分の立場がわかってないようですね」

「立場って…どういうつもりなの…」

「僕に向って『してあげる』なんて言える立場じゃないんだよ。まだわからないんだね」

 そう言うと、僕はタイトスカートのホックを外し、ジッパーを下げると、スカートを膝まで脱がしました。

「やめ、やめて、ダメっ、それは…」

 いつもはスリップやストッキングに覆われているはずですが、今日の清美先生が素足であることはわかっていました。ブラジャーとお揃いの水色のパンティに包まれた大きなお尻がむき出しになりました。

「清美先生、自分だって判っているんでしょう?」

「わかってる、って、なんのこと…」

 あのメスの匂いは、叩いているうちに、どんどん強くなってきていました。硬く尖っていた乳首、喘ぎ声のような荒い息遣い、そして、見ようによっては乳首を絨毯にこすりつけているような身体の動き。スカートを脱がせる前から、僕は確信していたんです。

「まだ、そうやって気取って知らないふりをするんですね」

 そう言いながら、僕は彼女の後ろに回り、お尻の方に顔を近付けました。彼女のいちばん恥ずかしい部分に、僕が顔を近付けていることが判るように、わざと喋りながら。

「しらないふりって…」

 彼女の声がか細くなっていきます。清美先生だって、判っているのです。

 僕は彼女の両膝の内側に両手をかけ、一気に力を込めて広げました。

「いやッ!」

 清美先生が悲鳴をあげた時には、僕は彼女の足の間に手を挟んで、閉じられないようにしていました。

「やめて、ねえ、おねがい」

「ほら、濡れているよ」

「いやッ、見ないで、おねがい、敬ちゃん、見ないで」

「お尻の真ん中に、ほら、おしっこを洩らしたみたいにびしょびしょだ。中まで透けてみえちゃってますよ」

「いやあああっ、いやっ、だめっ」

「中の方の赤い肉とか、びらびらとか、いやらしい毛も透けて見えてるよ」

「やめてえっ、ひどい、ねえっ」

「ううん、いい匂いだね。清美先生のいやらしい汁の匂いなんだ」

 僕はわざと音を立てて息を吸い込みました。

「ああ〜っ、ああん〜」

 僕をとめることができないと知った清美先生は、手の上に顔を伏せて、泣き声をあげています。

 僕は後ろから彼女に覆いかぶさるようにして、彼女の耳許でささやきました。

「清美先生、叩かれて感じていたんですね」

「ブラを外した時から乳首が立ってたよ」

「グラスなんてひっくりかえして逃げちゃえばよかったのに、どうしてブラを外されるまでじっとしてたんだろうね」

「縛られると感じちゃうマゾなんだね、清美先生は」

「あの真面目で優しい清美先生が、叩かれてこんなに濡らしちゃうエッチな人だなんて、びっくりするね」

 僕は、思い付く限りのいやらしい言葉を、耳許で囁き続けました。清美先生は、まともに答えられず、肩で大きく息をしながら、泣き声を上げたり、弱々しく首を振ったりするだけです。でも、僕の言葉の一言一言が、彼女の身体の中の淫らな部分に食い込んで、着実に彼女を狂わせているという手ごたえを、僕は感じていました。

「ほんとうは、いじめられたかったんだろう?手にグラスを乗せられた時から、こうやって弄ばれたいと思っていたんだろう?」

「そんな…ちがう…そんなことない…」

「そう。正直に言えないのなら、またお仕置きだ」

 僕は身体を起こすと、彼女の後ろに座りました。膝からスカートを抜き去り、ブラウスをまくりあげて背中をあらわにします。ほぼ裸でパンティだけを身に着けた清美先生の姿が、そこにありました。

 僕はパンティの縁に手をかけて、ゆっくりと引き降ろしていきました。



   つづく





 清美先生の白くてむっちりとしたお尻に、ぴったりと張り付いたパンティ。その中央には、お洩らししたように大きな染みが広がり、赤黒い肉に食い込んでいます。

 僕は、ゆっくりと、ゆっくりと、パンティを引き降ろしていきました。大きなお尻の割れ目がだんだんと深まって、そして…。

「お尻の穴もかわいいですね、清美先生」

「…いや…みないで…おねがい…」

 震える声で、清美先生は弱々しく言います。もうそれは、拒否というよりも、吐息まじりのうわ言のように僕には聞こえました。なぜなら、口ではそう言いながらも、清美先生は四つん這いになったまま、じっと動かずに、僕にされるままになっていたからです。心の底では、次に僕にされることを想像して興奮しているに違いない。ただ清美先生の理性が、先生としての、母としての、妻としての理性が、それを認めることを拒んでいました。

 僕はさらに布をおろしていきます。お尻の穴に続いて、ぷっくりと膨らみ、毛が生えた部分があらわになっていきます。僕は、濡れて張り付いた下着を、そこから引き剥がすように、ゆっくりと、ゆっくりと、清美先生のいちばん恥ずかしい部分をあらわにしていきます。

 「…はあっ……ああっ……」

 肩で息をしながら、清美先生は吐息を洩らします。もちろん、自分が何もかも僕の目の前に晒しつつあり、それをもう止められないことを、清美先生は、よく分かっているのです。小さなぴったりした布に締め付けられていた濡れた襞は、空気にさらされて、ひんやりとした感触を感じていることでしょう。

 僕は、清美先生の性器がむき出しになったところで、手を止めました。パンティは、太腿の付け根のあたりで止まっています。中途半端で不安定。そういう状態で、清美先生は置き去りにされました。

 「ちょっと待っててくださいね。動いてはいけないよ」

 僕は清美先生の身体から離れて、自分の荷物の中から、あるものを取り出しました。

 何をされるのだろう…。清美先生の頭の中は不安で一杯のはずですが、さっきまでのように、それを口に出すことができずにいます。いつのまにか、僕のすることを受け入れる準備ができているようです。心も、からだも。



 カシャッ。

 鋭く重い機械音に、清美先生の身体が、びくっと震えました。

 カシャッ。

 「…何?…やめて…まさか…」

 清美先生は、不安げに身体をよじります。

 「あんまりいい眺めなんで、記念に残しておこうと思ってね」

 カシャッ。

 「いやッ…やめて、おねがい、だめよ、そんなの」

 さすがの清美先生も、我に帰って叫び、身体をよじります。

 そう、僕は、清美先生のあられもない姿を、写真に撮っていたのです。

 カシャッ。

 「そのおまんこの濡れ具合、たまらないな。汁が垂れた太腿が光ってますよ」



 カシャッ。

 清美先生は、身体を丸めて、レンズの視界から逃れようとします。

 でも、縛った両手をベッドの足に縛りつけられ、

 胸もお尻も丸出しになった状態では、どんな姿勢をとってもすべてを隠すことはできません。

 「いいなあ、そうやって恥ずかしがる姿がたまらなく色っぽいですよ、先生」



  カシャッ。

 「お願い…ねえ、やめて、お願いよ…ううっ…」

 清美先生の懇願は、泣き声のようになっていきます。

 「でもねえ、清美先生。乳首は硬くなってますよ」

 カシャッ。

 「おまんこだって、さっきより濡れて来ましたね。汁が溢れだしている」

 カシャッ。

 「清美先生、写真撮られて感じてるんでしょう?」

 カシャッ。

 「ああっ…そんな…」

 そう。僕は見逃しませんでした。シャッター音が響くたびに、清美先生の身体はびくっと震え、唇からは溜め息が洩れ、顔は泣きそうに歪むのです。

 カシャッ。

 「そんなこと…」

 「じゃあ、どうしてこうなってるのかな?」

 僕はカメラを置くと、清美先生のお尻に太腿にひっかかっていたパンティを、一気に引き降ろして抜き取りました。そして、冷たい声で言いました。

 「足を拡げてごらん」

 カシャッ。

 「拡げてごらん、清美先生」

 カシャッ。

 「…できません…」

 「拡げてくれなければ、この写真がどこにばらまかれるか、わからないよ」

 「そんな…ひどい、ひどいわ」

 「僕の言うことを素直にきいてくれれば清美先生を傷つけるようなことはしませんよ」

 もちろん、そんなつもりは最初からありません。すでに僕は確信していました。

 「ひどい…」

 そう言いながら、清美先生はゆっくりと、ためらいながら、太腿を開いていきます。

 「もっと広く。膝を立ててくださいね」

 床に横たわった清美先生は、両手は縛られて万歳した形になり、両足は、ちょうど正上位で男性と交わる時のように大きく拡げられて、僕の前にあらわになりました。

 「そう、それでいいんです。素晴らしい眺めだ」

 カシャッ。カシャッ。

 清美先生は、放心状態で横たわり、何もしゃべろうとしません。しかし、大きく胸を上下しながら息をして、シャッター音が鳴るごとに躯のどこかがぴくっと動くのは、さっきまでと変わりません。むしろ、より深く感じているはずです。



 「いい子にしてくれたから、ご褒美に楽にしてあげましょう」

 そう言って、僕は清美先生の両手を縛ったネクタイをほどき、ベッドの縁によりかからせました。清美先生はぐったりと僕にされるがままになっています。

 両手が自由になったにもかかわらず、清美先生は、豊かな胸も、ぬるぬるに濡れた襞も、隠そうとせず、カメラの前にすべてを晒していました。

 さあ、仕上げだ。

 僕は思いました。

 「清美先生。目隠しをとってごらん」

 「…えっ?」

 「目隠しを外すんだ。自分の手で」

 清美先生は、のろのろと両手を頭の後ろにまわすと、目隠しを取り、まぶしそうにこちらをみつめました。うつろな目でした。

 カシャッ。

 先生の目が悩ましげに歪みます。僕はこのうえなく興奮しました。まさにカメラで彼女を犯している気分でした。

 カシャッ。カシャッ。

 僕は夢中になって清美先生に近づき、シャッターを押し続けます。抵抗する意思を失い、カメラの前にすべてを晒した清美先生は、どんどん昂っていくように見えます。

 「両手で、おまんこを拡げてごらん。指で拡げて中を見せるんだ」

 清美先生は、恨めしそうな目で僕をみると、足を拡げ、指で大陰唇を拡げます。

 「綺麗なピンク色だね。クリトリスも見せてごらん」

 カシャッ。カシャッ。

 彼女のもっとも敏感なところにストロボの光が浴びせられると、まるでそこを舐められているかのように、彼女は口を半開きにして、あえぎはじめます。

 「感じてるんだね。おまんこの写真を撮られて感じてるんだ」

 「…ああっ…ああっ…」

 「きもちいいんだろう?言ってごらん」

 「…きもちいいの…どうして…どうしてきもちいいの…」

 カシャッ。

 「どこが気持ちいいんだ?」

 「…おまんこが…」

 カシャッ。

 「誰の?」

 カシャッ。

 「ああっ…きよみの…きよみのおまんこがいいの…」

 「どうされて気持ちいいの?」

 「しゃしんを…しゃしんにとられると感じるの…」

 カシャッ。

 「ああっ…きもちいい…ああっ…ああっ…」

 「そう。じゃあ、クリトリスを撫でながら、言ってごらん。『きよみは、おまんこの写真を撮られると感じてイッしまう露出狂です』って」

 カシャッ。

 「ああっ…きよみは…お、おまんこのしゃしんを…ああっ…とられると、かんじて、かんじて、ああっ…いってしまう…ああ、いいの…いいの…ああっ…かんじる…きよみは、きよみは露出狂ですうっ…」

 いい終わると、清美先生は右手で激しくクリトリスをこすり、腰をくねらせてあえぎだした。もう彼女を抑制するものは何もなかった。先生であること、妻であること、母であること、年下の友人の前であること、すべてを忘れて、一匹の雌となって、快楽に溺れていた。

 「ああっ、あああっ…きもちいい、いく、いくうっ、きよみ、いくの、いっちゃうううっ…」

 もちろん、僕は一部始終をカメラに収め続けた。この写真を使って、次は彼女をどう弄んであげようか。

 だが、今はそれよりも、僕の下半身でいきりたったモノを、きよみ先生の熱くたぎる蜜壷に捩じ込む時だった。



引用元、「銀月書房」



 


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【教師・先生】清楚なきよみ先生 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月24日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

このページの先頭へ