相互リンク先の更新情報!

【妹】妹 久美と美樹 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


私の妹は一卵性双生児である。

難産だった為に多少ながら精神・知能ともに同年代の子達より遅れている。

今年は高校に入学したがその高校の生徒の半数以上は妹達と同じ様な

理由ありの生徒で占められ福祉の盛んな学風が特徴の高校である。

しかしその高校にも一応ながら入学テストもあり、私は去年より

2人の妹にずっと勉強を教えてきた。

私は大学1年生だったので比較的に時間の猶予もあり不幸な妹達への同情と愛情も手伝い

かなり情熱的かつ献身的に受験の成功に協力していた。

父母共々、働いている為に私は中学の頃より2人の親代わりみたいな生活は続いていたが

勉強を教えているうちに健気に努力する妹達によりいっそうの愛を感じる様になっていった。



久美と美樹という名の妹達は体の発達は素晴らしく胸はFカップ、

ヒップや太腿などははちきれんばかりにピチピチとしていて

ベビーフェイスとのアンバランスが兄である私からもSEXYには感じ、

実は2人が中学1年の頃から思春期真っ盛りの私は性欲の対象として




みてしまう事もしばしばあった。

私も高校の半ばには彼女が出来て2人を変な目で見るような事は無くなり

可哀想な妹たちを守り助けて行こうという立派な兄の気持ちになっていた。

久美も美樹も本当に私になついていてたまに甘えられると私の方が照れるくらいで、

精神年齢は小学生の低学年のようだった。

あまり体などをくっつけてこられると私の方がドキドキしたりもしていた。



そして毎晩のように深夜まで勉強を教えていたある日の事。

久美は昨晩より体調がすぐれなく今日は早寝をした方が良いという事で先に自室で休んだ。

美樹は勉強が面白いとまだまだ頑張ると意気込んでいた。

2人きりで勉強をしていると美樹は問題を把握し理解する度に

「お兄ちゃん、ありがとう!」と体を摺り寄せ甘えながら感謝を表現した。



最初はあまり気にせず可愛いという感情の方が大きかったのだが

幾度目かに美樹の大きな胸の感触を腕に感じて好色な感情を持ち始めてしまい

美樹の肉体を観察し始めてしまった。

白のシルク地のパジャマの美樹はムッチリとしたヒップからはうっすらと

ピンクのパンティーラインが見え太腿の地肌の色や乳房の重量感や

ピンクの乳首の色までもがわかった。

私がそのような好色な目で見てるとは露知らず美樹は相変わらず

肉体を無防備に擦りつけていた。

私は自分の物がどんどん硬くなり理性では勃起を抑えられない事を悟った。



少しづつ理性を失い、また妹達はまだ精神的には子供だから多少の大胆な行為も

気付かないという認識が私を行動に移させていった。

私は美樹の背後に立ち両肩から腕を回し胸の近辺に所在なさげに掌を置きながら

美樹のうなじや耳元で息を吹きかけるような囁き声で勉強を教えていった。

美樹は無邪気に私とくっついて仲良く勉強しているのを喜んで

「今日はお兄ちゃん優しいんだぁ〜美樹も甘えようっと」

ホッペを摺り寄せ乳房を揺らしていた。



その時もう私は完全に兄という気持ちより1人の男の気持ち欲望が強く湧き上がり

更に大胆な行動にエスカレートしていき、美樹の耳元に吐息や舌などを触れさせ喋り

所在なさげだった掌は乳房を中心に弄るような動きをしていった。

美樹も少し変な感じを察知したのか

「くすぐったいよぉ何かお兄ちゃん変な感じだなぁ」

興奮している私は

「美樹が可愛いからだよ、お兄ちゃんいっぱい美樹に抱きつきたいんだよ」と言い

更に強く引き寄せ頬にキスをした。



指は美樹の乳首を転がし舌は耳の穴にまで侵入しエレクトしたペニスは

美樹の背中に擦りつけていた。

美樹の白い肌が徐々に朱に染まり始めていた。

何をされているのか判っていないのか美樹は「何か勉強が頭に入らないよぉ」と

ハァハァと息を荒げ出した。

私は美樹の唇を塞ぐ様にキスをした後に

「集中出きる様にお兄ちゃんが治してあげるからね、おとなしくしてなよ」と言い

美樹のパジャマのボタンを外して言った。



「ウン、ありがとう」

美樹は言うと素直に為すがままにパンティー1枚の姿になった。

私が美樹の乳房を揉みディープキスをすると美樹の体がピクッと反応するのが分り

興奮度は加速した。



美樹は私に乳首を舐められると

「ああっ!お兄ちゃん、くすぐったいけど何か・・何か変だよぉ・・

美樹ねぇ変な感じぃだよぉ」

とはちきれんばかりの肢体をくねらせ悶え始めた。





とうとう妹であるしかも知的障害のある美樹に本格的に性的悪戯をはじめてしまった私は

罪悪感と焦燥感との狭間で無我夢中にはなりきれないものの

かなりの興奮はしていて理性はほとんど無かったと思う。

美樹のたわわな乳房を舐めしゃぶりながら

「美樹、くすぐったい?少し我慢してな、ねっ分った」と問いかけると

美樹はやや荒めの吐息を漏らしながら

「お兄ちゃん、ア・・アン大丈夫だよ、変な感じだけど気持ち良いよ〜」と

私の後頭部に手を回し喘いでいる。

私は片手を美樹の白桃の様なヒップに移動させ撫で回し、ふと美樹のピンクの

パンティーの中心に目を落すとはっきりと分るほどの濡れた染みができていた。



「美樹、椅子は危ないからな、ベットに横になりな」と有無を言わせず

美樹をベットに運び私は自らの衣服を脱ぎ全裸で美樹と横たわった。

無邪気に「何かお風呂でもないのに変だな〜」と言う美樹を私は強く抱き寄せ

「美樹、この事は絶対に内緒だよ!久美にもママにもパパにもねっ美樹だけのご褒美だからね」と

隙間無く体を密着させた。



「分った内緒ね〜美樹とお兄ちゃんの秘密ねっ」



私は美樹のお腹・背中・太腿・脹脛・脇の下とあらゆる箇所に舌を這わせ

美樹の反応を楽しんだ。

美樹はア〜ンア〜ンと小さい声で喘ぎながらも腰をむず痒そうにくねらせては

恥ずかしそうに両目を閉じている状態だった。

そしてパンティーの上から美樹のクリの辺りに吸い付き舌を立てると

美樹はビクッと痙攣し「お兄ちゃん、そこおしっこする所だよ、ばっちいよ〜」

構わずにパンティーを脱がし直に唇を当て陰部一帯を舐めしゃぶり尽くした。

美樹は肉体を小刻みに震わせ言葉にならない呻き声を出し

両腿で私の頭を挟み込み自らの顔を両手で覆いながら



「お兄ちゃんアッ!美樹・・美樹ねっ漏れちゃうよっ、おしっこ漏れちゃうかも〜変だよっ!」



私は美樹の言葉を無視して舌と唇を縦横無尽に動かしクリへの攻撃速度を速めた。

美樹の体が硬直するのと同時に



「お兄ちゃん!いじわるっ!アアッアン漏れちゃう!アウッアァンン」



私は美樹が絶頂を迎えた事を認識した。

知的障害の妹2人を持つ私はその分野の書物はかなり読み込んでいて、

ほとんどの本に性欲に関しての項目に精神年齢が低くとも肉体やホルモンの関係で

性的本能は覚醒し理性的な部分が欠如している分SEXに対してストレートで

動物的になると言うような事が書かれているのを思い出した。

ボリュームのある肢体をかすかに波打たせ荒い息をしている美樹に私は尋ねた。

「美樹、内緒だよ,これで勉強できるだろ」

すると意外な答えが返ってきた。



「ううん、まだ久美ちゃんといじりっこする時はもっと沢山なの、

やっぱりね〜お兄ちゃんは男だから久美ちゃんと美樹と違うね、ここ」



そう言って私のガチガチのペニスを見ている。

そして、平然とその物を握った。

不審に思い美樹によくよく聞くと驚いた事に既に2人の妹は性的に目覚めていて

自慰行為を小学5年の時に、2人でのさわりっこはその後にすぐ覚えていて

更に数人の男性に内緒だよと言われ悪戯されていたらしい。

私は強烈な怒りと嫉妬を覚えた。

美樹も久美ももう既に処女ではないかも・・・



聞くのが怖くて黙っていると美樹が私のペニスを扱き始め

「こうすると気持ち良いんだよね?後でソフトクリームみたいに舐めてあげるね」



私は愕然とした、このあどけない美樹が他人に色々と陵辱されていたとは・・

しかし美樹の白魚のような指で扱かれている私は欲望の高まりを押さえられず

「美樹、美樹・・舐めてくれお兄ちゃんの美樹のもまた舐めてあげるから・・」

驚きの連続だった。

美樹は手馴れた様子で私の顔の上にヒップを持ってくるとペニスをペロペロと舐め出した。

私は内心で誰が美樹にこんな行為を教えたんだ!と葛藤しながらも

美樹の舌技に我を忘れていった。

どんどん溢れる美樹の愛液を飲み干し舌を秘穴に挿入すると美樹は腰を振らして



「お兄ちゃん、アァンンァァ好き・・美樹ねお兄ちゃんの事ね好きぃ〜」



私はその言葉を聞き狂ったように美樹の秘部を食べ尽くしながら

「美樹、兄ちゃんも愛してるぞ!美樹の事愛してる!」

私が叫ぶと美樹の手・指は竿と玉袋を器用に刺激しながら唇と舌は

ペニスの先端にねっとりと絡みつきつつ激しい吸引を繰り返す。



2人の肉体は無言のまま激しい痙攣を起こして口淫を仕合ながら同時に絶頂を迎えた。

美樹は私の液体を飲みながらも愛撫を止めずに全てを吸い尽くすかのように吸引している・・

全部出たのでは?と思うくらい放出した私は少しの冷静さを取り戻し、

美樹との話を再開した。



衝撃的な事実が次々と判明した。

やはり妹2人の処女は90%奪われているのでは…

2人は野菜などを使用して遊んでいると言う事だ。

ナスやキュウリを出し入れしていたのだ!

勇気を振り絞り男の人のコレを入れた事があるのかと言う問いに美樹は



「う〜ん ずっと前に入れようとした友達がいたけど美樹がね痛くてダメだったよ」



私は胸を撫で下ろした。

どうやら美樹達は指を入れあっているうちに野菜までエスカレートしたらしい。

そして美樹のバージンは誰にも渡せないと思い再び美樹に体を絡め濃厚なキスをした。

そしてふやけるのではないかと思う程濡れている美樹の秘唇を撫でながら

「約束だよ美樹、お兄ちゃん以外の人とこういう事はしたらダメだよ、

美樹のこと嫌いになっちゃうぞ!」



美樹はコクリと頷き既に完全に復活したペニスを握る、

私は美樹の上に覆い被さりペニスを美樹の入り口にあてがい

「痛かったらすぐに言いなよ、分った?」



杞憂であったので徐々にゆっくりと出し入れしながら挿入していると

美樹はもどかしそうに喘ぎ自らの腰を押し付ける



「アッ!お兄ちゃんアアァァッ!ナ・・ナスさんよりコレの方が・・

お兄ちゃんのが・・気持ち良いよ〜アンッアン!」



完全に奥までペニスを収めると私は美樹の痴態を目の当たりにして腰を激しく動かした。

ボキャブラリーの貧困な美樹は可愛らしくも淫靡な嗚咽とお兄ちゃん気持ち良い、

好きという単語を繰り返しながら幾度も痙攣を繰り返す。

私は美樹を四つん這いにして後ろから貫いた桃のようにピンクに染まったヒップを

鷲掴みながら美樹の名前を叫び突きまくった。



美樹は野獣の様な声をあげてすすり泣き

「もっと!もっと!お兄ちゃん」



実の妹の貪欲な蜜壷に自分のペニスが出し入れしている様に私の限界は急速に近づき

「美樹!美樹!美樹!」と絶叫しながら体液を美樹にぶちまけた。

その日は朝方まで幾度と美樹と交わった。





翌日からも隙を見て美樹とHをしようとは思うものの久美といつもセットの為

チャンスは訪れなかった。

少しの間にキスをしたり陰部を弄りあう程度の事しか出来ず余計に欲求が溜まっていった。

5日後の夜に美樹が父母と外出した。

久美は風邪が治りかけなので大事を取り私と留守番になった。

私は美樹と結ばれたあの日以来は久美の事も欲望の対象として見ていた。



久美は美樹と見分けがつくように髪形をポニーテールにしていた。

私はすぐに久美の部屋に行くとベットに座り久美に話しかえる。

久美は制服のまま無邪気に体育座りで私との会話を楽しんでいる。

いつもの事だが久美のパンティーや太腿は露出され私の目は釘付けになる。



隣に移動すると久美は甘えてくる。もう私のペニスは勃起していた。

私は久美の肩に手を回し抱き寄せブラウスの上から久美の乳房を撫で回した。

くすぐりっこの感覚で久美は纏わり付いてきた。

私は執拗に乳房を愛撫し続け久美の性的な欲望の発生を待った。

ペニスを押し付け乳首を擦るような感じで刺激すると久美の吐息が荒くなってきた。

ブラウスを脱がしブラを外すと久美は「お兄ちゃん?内緒の事するの?」と聞く。



私は久美と美樹が2人で悪い事をしていると言う事を説明して、

久美はどんなふうにしているのか私に見せるように促した。

久美は無邪気に「うん、これ悪い事なの?内緒って事は知ってるよ」

私は「美樹とお兄ちゃんとしかダメだよ」と諭し乳首を転がしながら

久美の手をパンティーに導きオナニーを強制した。



久美の指はパンティーの中でグチュグチュと音をたてて動いている。

私はペニスを出し「お兄ちゃんのを舐めながらしなねっ」と久美の小さな唇に押し付けた。

すると久美は美樹と同じく慣れた様子で舐めしゃぶり自らの手の動きも激しくなり

白い乳房が朱に染まり息も絶え絶えで脚を開いて体をくねらす。

私はこのシュチュエーションに絶えられる程の経験豊富な男ではなく、

腰を揺らし「久美!兄ちゃん出るよ!」とかすれた声を発して射精していた。

久美は目をトロンとさせて美味しそうに精液を飲み込み自らも足を突張りながら

痙攣して果てていた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【妹】妹 久美と美樹 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月24日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ