相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】もうついてゆけません【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


今私は28歳、結婚してまだ5年目です。主人は30歳、それなのにもうセックスレスなんです。

 大手の食料品輸入関連の会社に勤めて3年目にプロポーズされて結婚しました。

 最初の2年ぐらいは週一でセックスもしていました。彼は真面目人間で私以外の女性とのSEXの関係があまりないらしく、本当に自分本位の性交ばかりでした。

 時間も約10分で、長くても20分で射精するので、私は”イク”という感覚が解りませんでした。

 友人と旅行に行きセックスの実態を知りました。

 結婚して子供のいる友人は本当の快感を知っており、最近は週一のセックスで必ずエクスタシーを感じるそうでした。

 他の2名も不倫と恋人とのSEXでアクメを体験していて、私だけが”蚊帳の外”状態でした。

 最近はその10分のSEXまでが「疲れたから」の一点張りでしてくれません。私はオナニーでその不満を解消していました。

 家のそばの産婦人科でアルバイトを募集していたので、週に3日はそこで朝9時から午後の5時まで働いています。

 2名でしていますが、もう一人の方も30歳ぐらいで、矢張り夫との性生活に不満があるそうで、ダンスに凝っていて週に2回は踊りに行って、不満を解消しているといいます。

 私はその方の紹介で、ダンススクールに入りました。「シャル・ウイ・ダンス」の影響でかなりの人が習っています。

 でも私みたいな若い人は少なく、40歳以上で60歳ぐらいの人が多いですね。

 男性は若くて45歳ぐらいで、70歳ぐらいの方もいます。

 一応パートナーを決めなければいけないとかで、50歳ぐらいの、自家営業の男性をお願いしました。

 かなりの身長で178cmもあり、私は158cmなのでかなりの背の開きがあります。でもスポーツマンで筋肉は隆々な感じで嫌いなタイプではありません。




 もう半年ぐらいで、試合形式で他所のダンスクラブに行き出しました。

 そのために週に3回ぐらいお逢いして練習をしました。

 帰りはいつも午後の7時頃になるので、「たまには夕食でもご一緒に如何ですか」と誘われて、お酒も入り色んな会話をしました。

 私の私生活の会話になり、酔った勢いで夫の不満をぶちまけました。

 彼も奥様とあまり会話も少なく、まして夜の営みは全然ここ2,3年は無いという暴露までされました。

「これからシティーホテルに踊りに行きませんか」と誘われ新宿のナイトクラブのあるホテルに行きました。

 ダンスタイムには完全に恋人気分で抱き合い踊りました。激しいラテンミュウジックで踊りつかれ汗みどろになりました。

「部屋を取って汗を流しませんか」といわれると思わず頷いてしまいました。部屋に入ると抱きしめられて思い切り熱いキスをされました。

「本当は前から君の事が好きなんだけど、奥様だし私も結婚しているので言い出せませんでした、でも今夜は貴女を抱きたいのです」

「ええ、私も前から気にはなっていましたが、お互いに結婚しているので言い出せませんでした」と本音を告白しました。

 お風呂にお湯を入れて、部屋を暗くしてもらい洋服を脱ぎだしました。まだ下着の時に抱きしめられて、濃厚なキスをされました。ショーツが濡れているのがわかりました。

「慌てないで下さい。裸になりますから」押しとどめて全裸になりました。

 でも今日は勝負下着ではなく普段着なのでそっとしまいました。

 お風呂に入る前にベッドに押し倒されました。

 彼の陰茎は天井を見るように勃起しており、私のビーナスの丘は、薄い毛に覆われて、お饅頭のような大陰唇は少し捲れて、赤いトロのような秘肉を見せていました。

 彼は割れ目の上の尖ったクリをそっと舐めだしました。

「お風呂に入れさせて〜、だって汚いわよ〜」というのに、ペロペロと舌で渓谷を舐め、敏感なクリトリスを吸い続けました。

「アアアアン、ダメよ、そんなことされたら直ぐにイッチャウから」と泣き声になっています。

 Cカップで釣鐘型の乳房や、小豆代の乳首を吸われるともう「ダメ〜、早く入れて〜」と叫びました。

 頭の髪を掴んで掻き毟りました。本当に挿入されないと直ぐにイッチャイそうでした。

 いきり立った肉棒を掴んで、自分の秘所に押し込みました。

 松茸のような男根は濡れて光り私のマンコ目掛けて挿入されました。

「アウッ、もうダメ〜、奥まで入れるとイッチャウよ、熱いわ〜、主人とは比べ物にならないわ」と直ぐにもエクスタシーに達して、アソコを震わせて、淫核を彼の腰に押し付け両足を腰に巻きつけてグイグイと振り続けました。

 もう完全にアクメに達して、潮まで吹いていました。

 彼の陰茎はまだ硬直したままで、膣の奥深くで暫らくは我慢して動きませんでした。

 これが愛情でしょうね。相手の気持ちになって自分は射精を我慢しているのです。

「中に出しても構いませんよ。私は子宮後屈で子供は出来ませんから」と安心させて射精を促しました。

 それからは30分ぐらいのピストン運動や、後背位や、騎乗位に変化をさせて性交を続けました。

 多分10回以上はイキマシタ。本当に、友達が言ったように性交の快感とはこの事だったのです。

「生まれて初めてこんなにイキマシタ、一度もこの快感を感じた事が無いので、今後は貴方以外とはセックスしません」とまで言いました。

「ジャアそろそろイクか」と腰を滅茶苦茶に振り出して、思い切り精液を放出していました。

 1時間半も性交するなんて考えられませんでした。彼のペニスも私のマンコもかなり赤く腫れてお風呂では染みるくらいでした。この後ももう一度お願いして、帰宅したのは午前3時頃でした。

 主人はぐうぐう寝ていて、私は別の茶の間に布団を敷いて寝ました。

 もう主人と同じ部屋には寝ません。本当に離婚も考える一夜でした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【人妻・熟女】もうついてゆけません【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月26日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ