相互リンク先の更新情報!

【看護婦】診察での出来事 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


究極に恥ずかしかった体験を書きます。



当時僕は中学2年生で、オナニーも覚えて毎日のようにしていました。

ある日、いつものようにオナニーしていると、亀頭のカリの部分に小さなプツプツが

たくさんできていることに気づきました。

性病というものはどんな病気か知らなかったけど、自分が性病になったんだと思って

恐くなり、病院へ行くことを決めました。



ところが、親に症状を話すのも恥ずかしい年頃で、相談する人もいないので、どこに

行けば良いのかさえわかりませんでした。

本で調べた結果、性器の事はどうやら「泌尿器科」というところへ行けばいいとわかりました。



当然学校を休んで行くわけだけど、学校をサボった事がバレると親に叱られるので

風邪をひいたことにして、親が仕事に出たのを見計らって行くことにしました。






場所は近所の病院に行くのは恥ずかしいので、電車で2駅程離れたとこへ行くことにしました。



そこは泌尿器専門の病院で、最初は恥ずかしくて入るのをためらってましたが、患者が

何人も入って行くところを見て「結構患者さんいるんだな」と思って、意を決して入って

行きました。



中に入るとほとんど、いや、僕以外全員女性の患者だったのにびっくりしました。

後で知った事なんですが、そこの病院は女性の先生が経営してるので男性はほとんど

来なくて、女性の患者さんばかり来る病院らしかったのです。



そんな事も知らずに入りましたが、受付の人は普通に対応してくれるので普通に手続を

済ませて、待合所で待ちました。



そして名前を呼ばれて中に入ると、椅子には40台くらいの女性の先生と24〜25歳

くらいの看護師が一人いました。



・・・えっ?・・・女性・・・??・・・



僕の頭には先生は男性、看護師は女性という固定概念がありましたので、正直驚いたと

同時に恥ずかしさが込み上げてきました。



緊張しながらも椅子に座り、症状を話すと、当然なのだけど恐れていた事を言われました。

「下半身の着ているもの脱いでベッドに横になってください。」



多分、顔は恥ずかしさで真っ赤になってたと思います。

女性どころか男性にすら見られたことのない性器を女性二人に見せなくてはいけない。

最初に見られるのは彼女であってほしいとさえ思いました。



渋々ズボンとパンツを脱いでベッドに横になりました。

最後の悪あがきとして手で性器を隠してました。



そして、診察が始まるかな?と思っても先生は僕に背を向けて、デスクに向かって何か紙に

記入しています。

すると頭の方から看護師がガーゼ片手に歩いてきました。

僕の所まで来ると手馴れたように

「消毒しますね〜」と言って、僕の手をどけられ、ついに初めて女性に性器を見せて

しまいました。



そして看護師さんはおもむろに僕のペニスを掴みました。

「あっ・・」声が出てしまい、ピクンっとしてしまいました。

看護師さんは僕の仮性包茎のペニスを掴むと、皮をグイッと下まで下ろしました。



このときです。僕のペニスが意識に反してゆっくりと硬くなってきたのです。



僕はオナニーのやりすぎが原因でこうなったと思って、1週間オナニーを我慢して

いたのです。

そのせいもあって、僕のペニスは過敏に反応してしまったんです。



そして、半勃ち状態のペニスのカリの部分をガーゼで一拭きされたときに思いっきり

ビクンッとしてしまい、一気に硬くなるのがわかり、これはまずい!と思って

思わず両手でペニスを隠してしまいました。



看護師さんは「ん?どうしました?」と言って、僕の手をどけようとしましたが、

僕は勃起したペニスを見られまいと手をどけませんでした。



看護師さんは困った顔をした後、どういう状態になってるかわかったようで

「大丈夫ですよ〜。男性の方は全員そうなるからそれが普通なんですよ〜」と

笑顔で言ってくれました。

なんて優しい人なんだと思いました。



「さ、消毒しますね〜」と言いながら僕の手をゆっくりどかしました。

僕も安心して抵抗しませんでした。

看護師は僕のペニスを掴むとアルコールガーゼで全体を消毒し始めました。



とは言っても、看護師の目は僕のペニスをじーっと見てるので恥ずかしかったです。



そしてカリの部分の消毒が始まりました。そこはいつもは皮で隠れているので、

とても敏感な部分で、拭かれる度に腰がビクンビクン動いてしまいます。

「あっ」とか「うっ」とか声が漏れてしまいます。



ここで問題が発生したのです。

初めて女性に性器を触られ、初めて女性に性器を刺激され、初めて味わう刺激に

耐えられなくなり、射精感が込み上げてきたのです。



僕にも男としてのプライドがあるので、見ず知らずの女性の前で射精する訳にはいきません。



もう駄目だ!と思ったので起き上がり、看護師の手を払いました。



「え?どうしたの?」と聞かれましたが、まさか射精しそうですなんて言える訳がなく、

自分のペニスを隠したまま無言で俯くことしかできませんでした。



「もう終わるから」と言われ、再び寝かされ、手をどけられました。

看護師さんは僕のペニスに目をやると、何かに気づいたようで、ガーゼでペニスの

先端部分をチョンチョンっと拭き取りました。

そうなんです。僕のペニスの先からは我慢汁と少し精液が漏れていたのです。

もう射精寸前で最高潮にカチカチになっていたのです。



看護師さんも触るとやばいと思ったのか、ペニスには触らずにガーゼでチョンチョンと

拭き取るだけにしてました。



ここでまた恥ずかしいことが起こりました。

看護師さんが「消毒終わりました」と先生に告げて、先生がこっちを向きましたが・・



そう、先生がこっちを向くと今にも爆発せんばかりの僕のペニスがあるのです。

先生は一瞬「え??」みたいにびっくりして目を見開いていました。



もう恥ずかしくて目をぎゅっと瞑っていました。



すると先生の薄手のゴム手袋をつけた手が僕のペニスに触れました。

思わず「あっ!」と声が出てしまって、身体がビクンっとなってしまいました。

それがまた恥ずかしくてカーっと頭に血が昇ってくるのがわかりました。



次に片方の手で僕のペニスを支えたまま、もう片方の手の指でカリの部分をなぞって

きます。

何度も何度もなぞるので、再び射精感が徐々に込み上げてきます。



・・・どうしよ・・このままだと・・・

そう考えていると先生の手が離れ、ホッとしていると、何やらどろどろの液体がペニスに

塗られています。

「薬塗っておきます。」と言って、先生の手が、親指と人差し指で輪を作って、ペニスの

先端部分から下に向かってツツーっと下りてきました。

そして、カリの部分でぎゅっと締めて、横にきゅっきゅっと捻ったんです。



突然の予想もしない動きと快感にどうすることもできず、一気に精液が外に向かって

上がってきました。



「やばい!出ちゃう!!」と言おうとしたんだけど、突然の事に言葉が出ず、

「あっ!あっ!あっーー!!」と訳のわからない言葉が出て、



ピュッ!ピュッ!ピュッ!・・・と思いっきり射精してしまいました。



その精液は先生の衣服や、髪の毛にまで飛びました。

先生も看護師もびっくりした表情です。

髪の毛や衣服に精液をかけられた先生は固まっていました。

もう、どうしたらいいのかわからず涙がこぼれました。

その泣いている僕を見て看護師さんは

「だ、大丈夫ですよ、男性ならよくあることですから」と苦笑いで慰めてくれます。



先生は「(薬を)塗りなおすから拭いておいて」と看護師に伝えると、奥に歩いて

行ってしまいました。



看護師さんはガーゼにお湯を湿らせて「気にしないでください」と笑顔でペニスを

拭いてくれてます。

当然ペニスを拭いてくれてるのですが、ペニスも精液だらけで、ガーゼでペニスを

包んで上下に扱く形になってるのです。



ガーゼのザラザラ感が、射精を終えたばかりの敏感な部分に擦れて、僕は身体を

ビクンビクンさせながら耐えていたのですが、1週間オナニーをしていない僕の

ペニスは萎えることなく、扱かれているうちに次の射精の準備をしていたのです。



拭き取りも、もう終わるだろうと思っていたのですが、なかなか終わらず、再び

射精感が込み上げてきたのです。



・・・ああ・・駄目・・出ちゃう・・・



これ以上弄られるとやばいと思って、看護師さんの手を掴んで、動きを止めさせました。

看護師さんは「え?」という表情で僕を見ます。

僕が涙目で看護師さんを見て、顔を横に振りました。



看護師さんは

「もしかして・・また出そう・・?」と聞きにくそうに聞いてきました。

僕は無言でコクンと頷きます。



「もうちょっとだから、もう終わるから我慢して」と言って、僕の手をどけます。



そして、あまり刺激しないように拭いたつもりなんでしょうが、ちょっと拭かれただけで

再び射精感が込み上げてきて、看護師さんの手を掴みます。



看護師さんは「・・・駄目?」と聞いてきて、僕はコクンと頷きます。

困った表情の看護師さんは、ちょうど戻ってきた先生に

「先生、無理みたいです。吐精したほうが・・・」と言いにくそうに話してます。

このときは「トセイ」という意味はもちろん、言葉すら知らなかったので何を話してる

のかわかりませんでした。



先生は爆発寸前の僕のペニスをチラッと見ると、少し呆れた顔をして

「そうね・・吐精お願いします。」と看護師さんに伝え

「はい・・・」と返事をしてました。



看護師さんはお湯で湿らせたガーゼを持ってきて

「吐精しますね」と伝えると、僕のペニスをガーゼで包みました。

何をされるのかわからず、看護師さんに身を任せていると、

包んだガーゼの上から僕のペニスを握って、上下にシュッシュッと扱きだしてきたのです。



突然の初めて味わう強烈な快感に思わず

「え?あっ!ちょっ!!」と訳のわからない言葉を発して、戸惑ってる間もシュッシュッ

と扱き続けるので、一気に射精感が込み上げてきてしまい、看護師さんの手を掴んで

「駄目です。出ちゃうっ!」と恥ずかしさを堪えて言ってしまいました。



看護師さんは笑顔で「大丈夫ですよ〜。私の手を握ってて」と言うと、僕の手を握って、

もう片方の手で再びシュッシュッと扱いてきました。

そしてすぐさま射精感が込み上げてきて、歯を食いしばり、腰が浮いて、ビクンビクン

と痙攣しながらガーゼの中に射精してしまいました。



射精が終わるまでゆっくりと扱いてくれて、僕はただ「はぁはぁ」と息を荒くして

快感の余韻に浸るだけでした。



精液を拭き取ると「吐精終わりました。お願いします。」と先生に伝えました。



そして先生が少し診察した後、薬を塗り始めました。



ここで再び悪夢が訪れました。

射精を終えた僕のペニスは半勃ち状態だったのですが、先生の手で薬を塗られているときに

再び硬くなってきたのです・・・



そして、薬を丹念に塗ってくれてるのですが、2回射精したばかりなのに、再び射精感が

込み上げてきたのです。



僕は泣きながら「ごめんなさい・・出ちゃいます。」と言うと、先生は困った顔をして

手を離して間を開けます。

そして、ちょっと時間をおいて再び塗り始めるのですが、ちょっと塗られるとまたすぐに

射精感が込み上げてきて



「だ・・だめです・・・」と言って止めてもらいます。

そしてまた時間を置いて寸止め状態で5回くらい繰り返したときに、やっと

「終わりましたよ。薬だしておくのでそれで様子見てください。」と言って立ち上がると

「次の患者さんが入ったら呼んでね」

と言って奥に行ってしまいました。



そして看護師さんが来て、「終わりましたよ。服着ていいですよ」と言ってくれたのですが、

ずっと寸止め状態にされた僕は、もう射精のことしか考えられず、涙目で看護師さんを

見て、目で訴えました。

看護師さんは僕のビンビンで我慢汁ダラダラのペニスを見ると、僕が何を求めてるのか

わかったようで、隣の部屋を覗き込んで、再びこっちにガーゼを持って来ました。



「出したい?」と聞かれ、黙ってコクンと頷くと

「そうよね、あれは男の人には辛いよね。」と言って、僕のペニスを握って

「絶対内緒にしててね。」

と言って上下にシュッシュッと扱き始めました。



ものすごい快感に思わず声が「ああっ」と出たのですが、

「駄目!声出さないで!」と言われ、歯を食いしばって声が出るのを我慢しました。



シュッシュッと扱かれるとあっと言う間に射精感が込み上げてきて

小さい声で「出そうです」と言いました。



看護師さんはコクンと頷くと、ペニスの先端にガーゼを当てて、スピードを増して

シュッシュッと上下に扱きました。

そして腰が上がり、ビクンビクンと痙攣すると同時に

ピュッピュッピュ!とガーゼの中に射精しました。



射精が終わるまでゆっくりと扱いてくれて、全部出し終わると綺麗に拭いてくれました。



「どぉ?すっきりした?」と笑顔で聞かれ

「うん。ありがとうございました。」とお礼を言いました。



そして最後に再び笑顔で「お大事に」と言ってくれました。



なんていい看護師さんだと思いました。









出典:病院で

リンク:嘘のようで本当なんです


告白体験談関連タグ

||

【看護婦】診察での出来事 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月27日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ