相互リンク先の更新情報!

【外国人】ピッツァ 【告白体験談】

カテゴリー:外国人との告白体験談
tag:


 あるフランスの街にH・イラノというピッツァ職人がおりました。 彼の作るピッツァはこの世のものとは思えないほどの美味しさで、長く続いている冷戦で苦しんでいる街の人々の心の支えになっていました。 



 そんなある日、軍から彼の元に、入隊を命じる電報が届きました。 そのころ軍は、戦場に一人でも多くの兵士を送りたかったのです。 彼は大好きなピッツァ作りに未練を残したまま、しぶしぶ入隊しました。 軍での生活は決して楽とは言えませんでしたが、彼はいつかまたピッツァ作りに打ち込める日を夢見て必死に絶えていました。 



 そんな彼にも、戦場に送られる日が来ました。 戦線に送られる車の中で彼は、自分の作ったピッツァを食べて、世界一のピッツァだと言って喜んでくれた街の人々の事を思い出していました。 必ず生きて帰って、みんなの為にピッツァを作りたい。 そう決心して、彼は戦線に着いた車から降りました。 戦場は、彼が入隊したときよりも激しさを増し、彼は死に物狂いで戦いました。 憎しみの込められた銃弾と兵士たちの怒号が戦場を行き交いました。



 彼が戦場に送り出されて3週間が過ぎました。 戦いは彼の軍の劣勢で、 敵軍の兵士の数が、彼の軍の兵士の数を上回っていました。 敵軍は、彼の軍が今日にも降伏するだろうと考えていました。 そして、敵軍は、彼の軍に奇襲攻撃を仕掛けました。予想外の攻撃に、彼の軍は手も足も出せませんでした。 



とうとう彼は、敵軍の兵士に捕らえられてしまいました。 そして敵軍の兵士の銃口は、彼に向けられました。 彼はピッツァ作りの未練と死への恐怖から、命乞いを始めました。 若い敵軍の兵士は、彼の話に耳を傾けました。 彼の生い立ちや兄弟のこと、両親にピッツァ作りを反対され、家を飛び出したことなど、彼の話は、マシンガンの銃弾のように尽きることはありませんでした。 



こうして、この世界に「マシンガントーク」が誕生したのです。 戦場で生まれたこのテクニックは、H・イラノの子孫を通して現代にまで受け継がれました。 もしかしたら、このテクニックを継いだ子孫は、あなたの近くにいるかもしれません。





ここまで読んでくださったみなさん、すみませんでした(;;;´Д`) 読み返してみると、とてもくだらない物のような気がします┐(´д`)┌ この小説の最大のオチは、こんだけこだわった「ピッツァ」が、結末に1%も関わってない事だと思います。゜゜(´□`。)°゜。








出典:b

リンク:log


告白体験談関連タグ



【外国人】ピッツァ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月28日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

このページの先頭へ