相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】お兄ちゃん愛してる 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


結構前からのはなしなんですけど、はじまりを話します。

私が16歳の頃、SEXフレンドだったY君が転校しちゃって、私は欲求不満でした。

毎日1人えっちをしていましたが、やっぱりチンポがなくては物足りませんでした。



ある日に、私のお兄ちゃん(私との年の差は3歳)が、彼女に振られて帰ってきました。

お兄ちゃんはすごくかっこよくて、きれいで、人気者でしたが、純粋な彼女に、お兄ちゃんの激しいえっちは合わなかったそうです。

私は沈んでいるお兄ちゃんを慰めようと思ってか、無意識にこんな発言をしてしまいました。

「私を・・犯してもいいよ」

「お兄ちゃんのチンポちょうだい!」

お兄ちゃんは驚いていました。でも私は本気でした。

欲求不満だったのはたしかだし、なによりこの、美しい顔で激しいえっちと噂のお兄ちゃんと、一度やってみたかったのです。

私はお兄ちゃんに近づいて、お兄ちゃんにディープキスをしました。

もちろん私がリードです。

10秒ほどキスしてたらお兄ちゃんが苦しそうだったのでやめて、お兄ちゃんの顔は真っ赤で、吐息もそうとう荒くなっていました。

「・・・お兄ちゃん、、だめ?」と、やや上目づかい気味に言ってみると、やっとお兄ちゃんの理性は切れたらしくて、私をベットに押し倒しました。




お兄ちゃんは私の服をやぶりました。

高かったし、大事なものだったけど、その時はえっちがしたくて、そんなことどうでもよかったです。

お兄ちゃんは私のマン○を舐めて、指を一気に3本入れてきました。

そして中でぐちょぐちょ音を立てながら、ぐりぐりと壊れるくらい指を動かしました。

私はあまりに気持ちが良くて、

「あ、っん・・ああんっは・・」などと、喘ぎ声を出して、どうやらマン○はぐちょぐちょのぬるぬるでした。

そして突然おにいちゃんは予告無しにチンポを入れてきました。

お兄ちゃんのチンポは大きくて熱くて、信じられないくらい元気でした。

私は今までにないくらい気持ちが良くて、

「あ、っん、チンポイイの、チンポ、チンポ、チンポイイ!!、ああんっは・・」などと喘ぎまくりました。

そのあとも何も言わずに2人とも快感に溺れて、何時間も何回もやりました。



それからずーっと、お兄ちゃんとはえっちがしたいときする、というかんじです。

すごくいいです。噂どおりお兄ちゃんは激しくて、毎日でもやりたいです。

このあいだお兄ちゃんと終わった後に、

「愛してる?」って聞いたら、

「愛してるよ」って言ってくれました。

すごく嬉しかったです。


告白体験談関連タグ

||

【近親相姦】お兄ちゃん愛してる 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月28日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ