相互リンク先の更新情報!

【友達】仲の良い4人(完全版) 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


30名前:尻好き投稿日:03/01/2116:39ID:GSQ7hqo2

その仲の良い4人で飲むことになり場所は比呂さんのアパートでと決定しました。

比呂さんのアパートは築20年ぐらいで表は鉄筋だったのですが中は畳にボットン便所と

昭和のニオイが残っている  感じでした。

みんなで買出しに行き部屋に入りました。 12月だったので寒くみんなでコタツに入りました

僕の隣は友美、比呂さんの隣に藍と言う位置関係でした。



31名前:尻好き投稿日:03/01/2116:40ID:GSQ7hqo2

みんなでカクテルドリンクを飲みワイワイしているとだんだん酔いが回ってきたのか

みんなハイになってきました。

友美が口にポッキーを咥え僕の方を向きました。 僕は何のことかわからずキョトンとしてました

すると友美が「そっちから食べて」 と言ったので

言われるとうり食べ始めました



32名前:尻好き投稿日:03/01/2116:48ID:GSQ7hqo2




徐々に友美の唇が近づいてきます。 僕はドキドキしながら少しづつ食べました

怖くなり最後は目をつぶってしまいました。 その時唇に柔らかい感触がしました

ほんの短い時間でしたがたしかに触れたのです。

僕にとって初めてのキスでした。   のこりの2人が冷やかしました。

「今キスしたやろ」  「え、何初めてなん」



33名前:えっちな21禁さん投稿日:03/01/2118:12ID:XrhVdkUo

続きキボンヌ



34名前:えっちな21禁さん投稿日:03/01/2118:30ID:BpfOYvVn

30-32

こっちは、もう全裸で二時間まってるんだぞ



7名前:尻好き投稿日:03/01/2117:09ID:GSQ7hqo2



僕は恥ずかしそうに 「そうだよ」と答えました。

「じゃあ俺達もやるか」そう言うと比呂と藍もポッキーゲームを始めました

2人の唇は完全にくっ付いており何処からどう見てもキスでした。  二人をだんだんエスカレートし

ついにはディープキスをし始めたのだ



すると友美が○○君(オイラの名前)にも本当のキスを教えてあげようかなと言いました

すると友美は消毒と笑いながら言い  お酒を飲んだのです

「目をつぶって」  僕は言われるとうりつぶりました

ドキドキ最高潮になりました。





すると友美が○○君(オイラの名前)にも本当のキスを教えてあげようかなと言いました

すると友美は消毒と笑いながら言い  お酒を飲んだのです

「目をつぶって」  僕は言われるとうりつぶりました

ドキドキ最高潮になりました。



突然、口の中で何かが動いた何が起こったのか一瞬わからなかった

友美の舌が入ってきて動いていたのです  かなり酒臭かったのですがそんなことはどうでも良かった

友美の舌が僕の口の中を縦横無尽に暴れまくる  初めての感覚にかなりビックリしました



友美はキスを終え  「どうだった?」

僕はテレながら   「すごいね」 と答えました

そうやってキスを繰り返しているうちに自然と2対2に別れました

僕はもちろん友美です。  コタツだったので対面になり寝そべりました。

お互い寝そべると当然、向こうの様子はわかりません僕らの様子も向こうのカップルにはわかりません



向こうの方からチュチュチュチュと言う音が聞こえて来ました。

僕は「凄いな」と言った後キスをしました。 初めて自分の方からしました。

友美の唇に吸い付き舌を動かしました、しかし初めてのせいか上手く舌を使えません

すると友美が 「こうよ」と言い 舌を動かし始めた



友美の舌の動きは凄く、舌と舌が絡み合い歯、歯茎などあらゆるところを舐めていった

口元、口の中はお互いの唾液でベロベロでした。

キスを終えた後も、口と口が糸で繋がっていました

その事に僕は驚きました、本当に繋がるんだな〜と 



その後、唾液の交換やお酒を口移しで飲ませたり色々やりました

友美のコーチのおかげもありどんどん上達していったような気がします

はっきり言ってキスに狂いました。

 

しばらくして友美が僕の手をとり自分の胸に導いてくれた

「どう はじめてでしょ」

僕は 「うん」  恥ずかしそうに言った

柔らかい友美の胸を服越しとはいえ初めて揉んだ

「そうじゃないよ、こうだよ」とやさしく揉み方を教えてくれた



突然、比呂と藍が買出しに行くと言い出した。

「留守番よろしくね」

二人は出て行った。 二人で何をするつもりだと思いながらも

僕はぼくで楽しもうと思った。

 

二人きりになり僕はあるお願いをしてみた。 それはパンツを見せてと言うことだ

ぼくは一度も生パンを見たことがなかったのだ

友美は「いいよ」とOKしてくれた

友美は茶色のロングスカートとをゆっくりとめくりはじめた



友美の細く透き通った足が見えおいしそうな太ももが目の前に見えてきた

そしてついにパンツが姿を現した。  色はなんと黒だった

「黒なの?」

「たまにはそう言う日もあるの」 とあまり意味のない会話をした

友美は恥ずかしかったみたいで、すぐにスカートを元に戻した



それから5分ぐらいして2人が帰ってきた。

その後も二手に分かれて行動した。 僕はもっと過激な事をしたく

「チークタイムです」と訳のわからない事を言い電気を消した。

「なんだそれ」そう言いながらも誰も電気をつけようとしなかった



真っ暗な部屋のなかチュチュチュと音が響く

「すごいね」と友美と言いながら、僕もやりたかった事を行動に移すことにした

友美の手を僕の股間に導いた、そして直接触らせる事にした

僕はコタツのなかでズボンのボタンとチャックをはずした



完璧に反り返ったチンポが出現した。 友美に触らせる事にした

「凄い硬くなってる」と驚いていた。

そして僕はオッパイを揉んだりキスをしたりして楽しんだ

そしてついに本題に入る事にした



チンポを扱いて欲しいと言うことだ

友美は 「どうしたらいい?」 ぼくは上下に擦ることを指示した

友美が擦り始めた、だんだん気持ち良くなって行く

その時だった



比呂が「コタツが揺れてんぞ、お前ら変な事してんじゃないか」と笑いながら言った

やべ と思った僕は  「もう、いいよ」と止めさせた

「なんでもないよ」と誤魔化した



そして今までどうりキスとぺッティングだけを楽しんだ

夜も10時ぐらいになり終電があるからそろそろ帰ると

友美が言い出し、宴は終わりを迎えた。

しかし僕はこのとき友美なら、上手くやればセクースできるのではと思った



そして今までどうりキスとぺッティングだけを楽しんだ

夜も10時ぐらいになり終電があるからそろそろ帰ると

友美が言い出し、宴は終わりを迎えた。

しかし僕はこのとき友美なら、上手くやればセクースできるのではと思った



  僕は考えた、とりあえず二人きりにならなければ話は始まらない

友美に相談したい事があると言い家に来るように仕向けた (今となってはそれが何だったのか思い出せない)

僕のアパートは学校から近く内装は比呂さんの家と同じような感じだ。

ぼくは家で友美が来るのをまった

当時携帯はまだ高くあまり流通してなく、ベルで連絡をとりあっていた



ぼくはあまりに遅いのでベルをうった

すると今、駅の近くと返事があった。 家まで約20分てとこだ

しばらくすると窓から友美がみえたので僕は手を振った、友美も振りかえしたくれた

すぐに友美はアパートに到着した。

僕は親切にドアを開け友美を入れロックをかけた(学校の近くのためイツ友達が来るかわからないから)



部屋に入りとりあえずコタツに入った。

「音楽でもかけるよ」そう言うとオイラはスピードのアライブをかけた

そして僕は友美に何かを相談した。

そして買い込んでたカクテルドリンクを出し、「まあこれでも飲もうよ」と勧めた

はじめは拒否していたが「まあいいじゃん、いいじゃん」とおしきり飲ませた

 アルコールに弱い友美は案の定すぐにヨパラッタ



僕は心の中で「酒と押しに弱い女だな」と思いながらも、冗談ぽく「チューしてもいい?」

と聞いた

すると友美は「もうなんでもいいよ」と答えた。

僕は友美にキスをした、しかもいきなり舌を入れねじ繰り回した お互いが舐めあい吸いあい

それを何度も繰り返した。  もうお互いの唇はビロビロで口元はベトベトだった

友美の口元が僕の唾液で濡れ糸を引いてるのを見ると、なんとも言えなかった



僕は「ねえ、駄目」と言いながら友美を押し倒した。

友美は「ん、まあいいよ」と答えた。僕は友美の胸を触りはじめた、柔らかい感触が手に伝わる

僕は直接触りたくなり服を脱がす事にした。

友美の服装はコートとその下に服二枚でしたはスカートだった。 コートは部屋に入った時点で脱いでいる

服のボタンに手を掛けゆっくりと外した一枚脱がし2枚目に入った

この下にはブラが有るかと思うとドキドキしていた



そしてついに服をぬがした、真っ白のブラだった。

僕は後ろのホックに手をまわし外そうとしたが上手く外せない

すると友美が「こうだよ」と自分で外した。 僕の目の前にオッパイが現れた

生まれて初めて生で見るオッパイ、すごく感激した

友美のオッパイは小さかったが(Aカップ)すごく綺麗だった

白い肌に浮き出る青い血管低い山の上にピンク色の乳首今でも覚えている



ぼくは直接触った、服の上から触るよりさらに良かった(当たり前だが)そしてオッパイを

舐めることにした。とりあえず唇を乳首につけ軽くキスをした、その後舌を出し乳首を舐めた

舐める面積もだんだんと広がり乳首からオッパイ全体を舐めていた。

音を立てて激しく吸いたかったのだが当時の僕は恥ずかしくできなかった。(今思えば悔やまれる)

そして僕はキスを顔から順番にする事にした。  唇、耳、首筋、オッパイ、お腹

お腹まで来た時僕は「これいい」とスカートを掴んだ



すると友美はまたしても自分からスカートを外したくれた。 目の前に純白のパンツが

僕はつばを飲んだ。 さっそく脱がそうと思ったら友美はパンストを履いていたのだ

オロオロしているとまた友美が脱いでくれた。

僕はさっそくパンツに手を掛けた、女のこのパンツは男のトランクスなどに比べゴムがきつい

なかなか脱がせない、それでも少しづつ下へ降ろしていった。

ついに友美の陰毛が見えた濃さは普通だった。 「女の子でもかわらないな」と思いながらパンツを完全に脱がした



目のまえに友美の生マンコが現れた。

僕は正直びっくりした「なんだこの形は気持ちわるいな、何かニワトリの鶏冠のような物があるぞ」

ビックリしつつも舐めて見ることにした、マンコに吸い付き舌をはわせ舐めまわした

その時ぼくは先ほどのニワトリの鶏冠のような物の正体に気が付いた。

「あれがビラビラか」 しかし本で見た小陰唇、大陰唇、クリトリスなどはどれがどれか解からなかった

「まあ、いいか」と思いつづけて舐め回し膣の中に舌を入れはじめた



友美が腰をクネクネさせる

「くすぐったいよ」と言うがかまわず続けた。友美の口から「あっ」と声が漏れる

よくよく考えると僕は一枚も脱いでないので取り合えず上半身裸になった

その後マンコの観察をはじめた、正体のわかったビラビラを右左丁寧になめた

そして指でマンコを広げ中を見ることにした。 中は綺麗なピンク色で広げたまま

舐めまわし指を入れてみた。



はじめに人差し指1本その後中指を足し2本いれてみた

「指2本はいったよ」僕が嬉しそうに言うと

「もうそんな事言わないの」と笑いながら答えてくれた。

僕はすでにビンビンだったため友美に「僕のもやってよ」とお願いし丸裸になった

友美の前にチンポをだし友美がフェラするのを待っていた

髪をかきあげチンポに手を掛けた、その時だった友美が僕の視線に気づき

「こっち」といい僕の顔を横に向けた



しょうがなく横を向くと、すぐにチンポに快楽が走る

もういいかなと思いチンポの方を見ると友美が目をつぶり咥えてたのだ

「うひゃ〜これがフェラ」最高だねと思った 友美の口の中は温かく感触も最高だったのだが

友美のフェラはそれほど上手くなく歯が何度もあたる  痛いと思ったが友美に悪いTと思い

我慢していた。

しかし余りにあたるもので思わず「痛い」と漏らしてしまった



友美はすぐにチンポから口を離した。 離したチンポが友美の唾液により濡れ光りしてたのがエロく感じた

「痛かった」申し訳なさそうに友美が言う

「ちょっとね、大丈夫だよ」 ぼくは笑って答えた

そして「僕もやりたいからさ」と69の体勢に持っていった 友美が上で僕が下だった

目の前に友美の可愛らしいお尻が!!この体勢になるといままでよく見えなかった

友美のアナルが丸見えだった皺の1本1本まではっきりとわかる



僕は友美のアナルにむしゃぶり付いた。 少しウンチの臭いがしたがかまわず舐めまわした

皺もひろげ丁寧になめた あえて唾液をだしアナル近辺をダラダラにした

奥の方まで舐めたかったので両手で尻を広げたら、お尻の割れ目からペーパーのカスがでてきた

僕はそれを手で摘み、机の上においた 

「記念に取っとこう」と思っていたので(後から見たら飛んで無くなっていた)

そして先ほどと同じようにマンコも舐めた。

「しかし凄い体勢だな」とずっと思っていた

友美の方も歯があたらないように丁寧にフェラしてくれていた だんだん勃起してきたので

「入れたい」と僕は言った



とりあえずゴムを付ける事にしたが上手く付けられない

友美にお願いしたが、いつも彼氏が付けてるので解からないとのこと

苦戦しながらも何とか付けた、しかし今度は挿入が上手くいかない これにはかなり焦った

僕的には友美にリードしてもらいたかったのだが友美の話しによると今までのHはほとんどマグロ状態だったらしい

僕は苦戦しながらも先っぽだけ入った、だがうまく腰を動かす事がでずイケナイ

こまったので騎上位でいれ友美に動いてもらった



全神経をチンポに集中しイク事のみを考えた だんだん気持ちよくなってくる

「ごめん、でそう」そう言ってしばらくするとゴムの中に大量の白濁液をだした

そして友美にゴムをとってもらった。 チンポが精液で汚れていたので

「口できれいにして」とお願いしたら綺麗に舐めてくれティッシュで拭いてくれた

その後フェラ、手コキ(友美のコートにかかった)で1発づつ計3発し

夕食を共に食べ、最後は駅まで送った







79名前:尻好き投稿日:03/01/2317:57ID:pghTfcE1



とりあえず 終わりです

もし希望であれば後日  その後フェラ、手コキ(友美のコートにかかった)で1発づつ計3発し

を詳しく書きますが今日はもう勘弁

後そのごの4人が今何をしているんかなど  希望があれば、、、



88名前:尻好き投稿日:03/01/2416:17ID:2sYSnXmg



では書きます

「口できれいにして」とお願いしたら綺麗に舐めてくれティッシュで拭いてくれた

その後しばらく休憩した後プレイ再開、今までと同じようにお互い舐めまわした

そして「これやってよ」とフェラをお願いした。

友美のフェラは右手はチンポを添えているだけで口だけでやっていたので

手も同時に擦るように指示した



見る見るうちに気持ち良くなって行く 「うっうっ」思わず声が漏れる

「出る出る」と言ったあとすぐに口に大放出してしまった

僕は気持ち良さから「はぁ〜と」と息を漏らす  友美を見ていたらなんと飲み込んでいた

「えっ出したらいいのに」僕が言うと 

「何か悪いし、それにいつも飲んでるもん」との事 僕は友美の彼氏を知っている

「上手いこと調教してんな」と心の中で思った



その後2人で風呂に入る事にした。  湯船にゆっくりつかりキスしたり触りあったり

僕のチンポはすぐに回復した。 お風呂の中で友美の陰毛がワカメのように揺ら揺ら揺れていたのが今でも印象に残っている

お風呂から上がるとご飯を食べのんびりした。

夜も遅くなり「そろそろ帰るよ」と立ち上がる

「最後にもう一回だけ抜いて」お願いするとOKとのこと僕は下半身のみ裸になり

友美の前で足を開いた



友美は玉袋、竿、アナルと全て舐めてくれ唾液でベトベトになった。

「手でやってよ」と言うと友美は激しく上下に擦りはじめる 唾液があるので滑りは良かったのだが

如何せんすでに2発ぬいている  なかなかイケナイ

「もっと強くやってよ」 と言うと  さらに激しく擦り始めた

もう友美はチンポを見ていない擦る事のみに集中していた

僕は少々チンポが痛くなりながらも射精に成功



しかし量は少なくほとんどが透明な液体だった。

友美のコート袖にかかっており染みになっていた。 「ついてるよ」僕が言うと

ティッシュで拭き「大丈夫、大丈夫」と言った  

そして駅まで送っていき別れた

    おわり







出典:★生涯忘れることができないセクース【part2】★

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【友達】仲の良い4人(完全版) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月29日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ