相互リンク先の更新情報!

【おっぱい】性の家庭教師2【告白体験談】

カテゴリー:おっぱいの告白体験談
tag:


ふとしたことから従姉と中3で性のレッスン受けるようになった。

従姉が生理のとき以外は(生理のときも我慢せず、フェラチオをしてもらっていたが、)

ほとんど毎日レッスンを2回していました。俺が学校から帰ると、大体4時ごろで従姉は既に待っていてくれて、

俺がいきなりすっぽんぽんになり、勃起した息子を見せ付けると、「元気ネエ!」と従姉・・・・・

俺「オネエとやりたい、レッスンして!」と言います。

俺は従姉に抱きつき、ディープキッス・・・そこでノーブラのおっぱいをもみもみ、

従姉は大抵ノーブラだし、Tシャツとホットパンツを俺がするっと脱がせます。

そのまま、大抵69して、お互いに感じまくって、俺が従姉の口に大量に発射・・・・それを飲む従姉・・・

一発出して落ち着く俺と従姉は、次のレッスンはセックスです。

濃厚なレッスンで、いろんな体位を試しました。全ての体位を教えてもらいました。

共働きの両親が帰ってくるころには、すっかりお互いにすっきりして、何食わぬ顔で、勉強しています。

土日は両親がいるので、とりあえず我慢我慢・・・・・

その代わり月曜日は従姉のほうから求めてくるくらいでした。

初めて迎えた夏休みには、従姉はノーブラ・ノーパンのワンピースだったので、朝からやりたいときにハメ狂ってました。

俺なんかほとんど裸族で、服を着るのがめんどくさくて、勃起するごとに従姉のあそこか口に入れてました。




中学卒業して、高校に入ったんですが、迷わず帰宅部を選びました。帰宅部の顧問はもちろん従姉・・・・

3年間帰宅部でみっちり教えてもらいました。合言葉が「レッスン」でした。

俺が「レッスン」やりたいと言うと、いつも応じてくれる従姉・・・・

考えたら、オナニー代わりに「レッスン」してました。


告白体験談関連タグ

||||||

【おっぱい】性の家庭教師2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月29日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

このページの先頭へ