相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】眠る娘に 2 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


幸運とは、ある日突然にやってくるものです。

娘の夫は、大変に忙しい男です。

予定外に、家を1日留守にする事になったのです。

不幸な男です。

それが仇となって、自分の妻を、他の男に寝取られる事になったのですから。

何も知らない事が、彼の唯一の救いなのでしょう。

それに、浮気ではなく、妻と妻の父との近親相姦です。

同じ遺伝子を持っているもの同士ですから、他の男よりは汚れないでしょう。

緊張しながら、睡眠薬を勧めてみました。

前から、もう一度睡眠薬を欲しがっていたので、予想通りに受け取ってくれました。

それまでは、飲みすぎはダメと言って渡さなかったのですから。

うまくいって嬉しかったです。

娘も育児で疲れているのですから、優しくしてやろうと思いました。

孫のマイを、我が妻に預けました。妻も喜んで引き受けました。

後は、娘とセックスを楽しむ時を待つだけです。




数時間後、私は娘の寝所へと足を忍ばせました。

そこには、以前と同じく気持ち良さそうに眠りつづける娘がいました。

完全に眠っている事を確認してから、娘の隣へ寝転びました。

しばらく娘の寝顔を見ていました。成長しても、子供の面影が残っています。

しかし、体は26才の女で、しかも人妻となり、何度も男を受け入れています。

知らぬうちとはいえ、実の父親とも性交した経験を持つこの肉体。

その肉体を、右手で確認しました。胸も、太股も、股間も。

もう子供の体ではない娘を、右手で感じ取りました。

父に体を弄ばれているのに、表情一つ変えない娘。

褒美として、その唇に父の愛がたっぷりとこもったキスを与えてあげました。

私は、娘の股間を手であさり、娘の唇を唇と舌でむさぼったのです。

そして、娘の着衣に手をかけました。

丁寧に脱がせていく興奮も楽しいものでした。

いつも自分の夫に、こうして脱がせられて、この体をむさぼられているのか。

それとも、自分から全てを脱ぎ捨て、激しく男を求めているのか。

私の脳裏に、夫に体を激しくむさぼられ、声を荒げて昇天していく娘が現れました。

妄想とはいえ、私の娘をあれほどよがらせた夫に、私は嫉妬してしまいました。

だが、娘は私に辱めを受けている最中です。

この姿を見せたら発狂するでしょうか。

娘の夫をせせら笑いながら、娘の腰に手をかけ、最後の一枚を引き摺り下ろしました。

早速、股を開いてマ○コに挨拶のキスをしました。

私の舌も挨拶させてやりました。

すぐにも挿入をしたくなったが、しばらく親子水入らずの時間を楽しむ事にしました。

娘の成長を、この目で確かめました。

頬擦りするのも暖かくて気持ち良いものでした。

私も、裸となりました。

娘と、肌と肌を重ねて、抱きしめてあげました。

娘の陰部を、じっくりと味わいました。

陰毛も口にくわえて、モシャモシャと楽しみました。

当然、マ○コを開いて舐めまくりました。

舌で挿入までしてあげました。

そして、今度は私が下になって、娘の体を自分の上に乗せてみたのです。

娘は眠っているので、当然ながら私の上に乗っかっているだけです。

しかし、これが以外に気持ち良かったです。

娘の体が私に引っ付いてくる。

まるで、娘の方から私に抱きついてきているようでした。

娘の方から、胸やお腹や太股をくっつけてくる幸せ。

私は、目を瞑りしばらくこの状態を楽しみました。

重さなど嬉しさで吹き飛んでいきました。

嬉しさのあまり、このまま挿入してしまおうと思い立ちました。

興奮で勃起もしています。

娘の顔を、両手で持ち上げて、挿入する事を伝えました。

そして、キスをしました。

思い立って、娘とキスしたまま、娘の頭を重力に任せてみました。

嬉しい事に、娘の方から積極的にキスをしてくる感触を味わえました。

しばらく、娘に唇を奪われる自分にウットリしました。

今度は、私の番です。娘の腰を動かして、挿入の準備をしました。

父親に挿入される事も知らずに、私に抱きつきながら、幸せに眠る娘の表情を見ました。

やはり、人妻への挿入は格別な興奮が感じられます。

これから奪う人妻の、所有者である夫を知っていれば尚更です。

娘の顔を見て、近親相姦である事を確認してから、私は実娘への挿入を開始しました。

体位関係もあり、すんなりとは入れられなかったが、ゆっくりと入れていきました。

最後まで挿入をしきって、娘の夫を私は嘲笑いました。

最愛の妻の肉体を、自分以外の男に奪われてしまった彼を。

しばらく、挿入感と娘からの抱擁を私は楽しんだのです。

そして、体の上下を入れ替えて、ゆっくりと娘の中を往復しました。

時には変化しない娘の表情を楽しみ、時には親子で交じり合うお互いの陰部を見ました。

見慣れた自分の男根が、人妻となった実娘の中を何度も出入りしている光景は圧巻。

柏原芳恵(今でいう藤原紀香?)も良かったが、私の娘は、それ以上かもしれない。

近親相姦と人妻略奪という付加価値が付いているのだから。

前回と同じように、最後にコンドームを装着しました。

本当は、中で出したかったのですが。

そして、娘に挿入したまま、射精感を楽しませてもらいました。

父親と性交をしたというのに、何事も無く眠っている娘が愛しく思えました。

また娘と性交したくなるのは分っているので、裸のままにしておきました。

その間、娘の体を隅々まで研究したのです。娘の性器は、特に念入りに。

そして1時間後、私は娘との性交を再開しました。

処女を相手にするように、ゆっくりと、そして優しく出入りを繰り返しました。

2度目の性交は、私を満足行くまで楽しませてくれたと言って良いでしょう。

最後には、部屋に腰が打ちあう音が響くくらいに、私は娘に腰を振ってしまったのです。

意識はないだろうが、娘も父親との性交を、夢の中で満足してくれたでしょう。

きっと娘は、抱かれている夢を見ていたのでしょう。朝になれば忘れている夢を。

服を着せた後、この近親相姦不倫娘にお別れのキスをしました。

激しくはなかったが、私にとっては官能的な娘との性交でした。

後は、膣内射精がやっぱりしてみたいです。妊娠しない時に。

娘を睡眠レイプした翌日は、やはり娘とは顔を合わせにくかったです。

しかし、娘の夫が帰ってきて、娘と話をしている姿を見て、略奪を実感して嬉しかったです。

男とは、歴史上戦争があるたびに女を奪い取る行為を繰り返してきました。

これが男の本能なのだろうと、私は密かに思っています。近親相姦は別にしても。


告白体験談関連タグ

||||||||||

【近親相姦】眠る娘に 2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月30日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ