相互リンク先の更新情報!

【看護婦】少し冷たいですよ〜 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


昨日の夜から痛みはあったのだが、今日起きてみると下っ腹に激痛が・・・。

病院に行き、受付で症状を話すと泌尿器科にまわされた。

どうやら尿管血石らしい・・・。

エコーをとった後、レントゲンを撮りましょうと言われたエコー診察のときの話。



薄暗いエコー室に入り待っていると、若い女の先生が出てきて

「患部を出して横になっていてください」と言い出て行ってしまった。

患部・・・?

下っ腹なのでズボンを脱ぎ、息子の付け根までパンツを下ろしてみるも息子に跳ね返されてパンツがずり上がってしまう。恥ずかしかったがパンツをモモまで下げ、先生を待った。

1〜2分くらいの時間だったが待っている間に余計な事を考えてしまい、半勃ち一歩手前。

さっきの若い女医が入ってきた。丸出しの姿に一瞬たじろいだかのように見えたが薄暗くて先生の目までは追えなかった。

すぐにモニターの前に座り

「少し冷たいですよ〜」と言い、腹全体から息子の付け根までゼリーみたいなジェルを塗られた。薄いゴム手袋はしていたがひんやりしたジェルと手の感触で一歩手前だった息子も半勃ちに・・・。

モニターを見ながら腹部周辺をローラーで回すものだから手の甲が息子に当たる。

恥ずかしい〜と思いながらもいつのまにかフル勃起状態。




反り帰った息子が下腹部の診察にじゃまだったのか

「ちょっとごめんなさい」と言い、息子をつかむと足の方に折り曲げ、パンツのゴム部分で亀頭あたりを押さえこまれてしまった。

ローラーを持つ手が腹部と付け根周辺を徘徊する・・・。

露出している竿に手が触れる・・・。

ピクピクしていたのは先生にも判っただろう・・・。

ひと通り検査が終わったところで

「腰を上げてくれますか?」とのこと。

何も考えずに腰を上げると、引っ掛けていたパンツを一騎にひざあたりまで下げられた。

「えっ?」と思っていたら息子を片手で掴み、もう片方の手で腹部のジェルを拭きだした。もちろん息子の根本付近についていたジェルも丁寧に拭いてくれた。

亀頭を指でつまむように持っていたので息子のビクンビクンに先生の手も揺れていた。

「ハイ、終わりです。泌尿器科の前で待っていてください」と言い、出て行こうとしたので

「すみませんでした・・・」と俺。

「いいえ」ニコっと先生。

ちょっと消化不良だったけどいいズリネタができた。









出典:あああ

リンク:


告白体験談関連タグ

||

【看護婦】少し冷たいですよ〜 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年6月30日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ