相互リンク先の更新情報!

【看護婦】巨根の友人T(前編) 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


大学一年の頃、ボロボロの学生寮の隣の部屋にTという奴がいた。

四国の山奥から出てきた、身長185センチ体重85キロ、村の相撲大会で

無敵を誇った男だったが、中学から一番近くの町にある全寮制の男子校

に放り込まれ、親族以外の女性と話すと顔が真っ赤になってしまう

かわいい奴でもあった。



そんなTがある日、BMWに吹っ飛ばされて右手と右足骨折の大けがをした。

運転していたのはお金持ちのおばさんで、後で状況を聞いたらTじゃなきゃ

死んでたんじゃね?という感じだった。

おばさんはもう半泣きで、連絡を受けて上京してきたTの両親に、ご主人と2人で

もう土下座して謝っていた。

「こいつは末っ子だし男ももうぎょうさんおるし死なんかったら別に・・」

と両親ともまったく気にしてないのはさすがに俺もびびった。

こちらでのホテル代も食事代も全て持ちますので、という金持ち夫婦の申し出も、

「ヤギとニワトリの世話がある」という理由で早々に四国に帰ってしまった。






一回目の手術後、病院に見舞いに行くと、大部屋にTの姿がない。

ナースセンターに言って「すいませんTの部屋は・・」と聞くと、

そこに居た数人の看護士さんが一斉に振り返り、お友達?と何やらニヤニヤ

しながら、個室に移ったわよ、と教えてくれた。

俺は看護士さんのニヤニヤの原因を想像して、少し興奮した。

もしかして、、やっぱり、、



俺はTと初めて銭湯に一緒に行った時の衝撃を思い出した。

あれがでかいのだ。それも尋常じゃなくでかい。もちろん平和な状態でしか

みたことがないのだが、ズルムケのカリデカ、未使用の癖に妙に黒光り、という

お宝だった。

絶対看護士さんの間で、それが話題になっているにちがいない、と俺は確信した。

個室にいくと、看護士さんとTがしゃべっていた。お邪魔かな、と俺は

一瞬躊躇したが、Tがうれしそうに、おおいK君・・と言ったので部屋に入った。

年増の色っぽい看護士さんは、バイバーイとTに手を振って出て行った。



「お前モテモテじゃん」

「そんなことないよ」とTは言い、冷蔵庫にポカリあるから飲んでね、といった。

相変わらず言い奴だ。

「凄い豪華な部屋だな」

と俺が言うと、すごい高いんだけど、車のおばさんがお願いだからこのくらいはさせて

くださいって言うんで、とTは言った。

学校の話などをして、俺は一番気になることを聞いた。

「お前、トイレとか風呂とかどうしてるの?それじゃやりにくいだろ?」

Tは、そうなんだよ、それが困ってて、とせんべいを食いながら話し始めた。

完全介護なので、トイレも風呂も看護士さんが手伝ってくれるらしいが、血気盛んな

年頃のTは、そのたびに巨根がマックス状態になってしまい非常に恥ずかしい

思いをしているらしい。

俺は恥を忍んで、やっぱり、、抜いてもらったりしてくれない?と聞くと、Tは

真っ赤になって手を振り、アホか、と怒った。

「でもお前超でかいじゃん。頼んでみたら案外喜んで・・」

「アホなこというな、ここの看護婦さんはむちゃくちゃ親切やぞ。そんな申し訳ない

こと言えるか」

田舎モノはこれだから、と俺は笑ったが、すべてエロに変換する自分を少し恥ずかしく思った。



二ヶ月でTは出てきたが、ある夜酒をもって現れて、相談がある、と妙に深刻な

顔をして俺の部屋にやってきた。

入院中、聞かれるままに教えた携帯に、「退院のお祝いしよ(はあと)」みたいな

メールが看護士さんから来ていると言う。それも何件も何人から。

「自慢か?」

違うよ、俺、女とメールとかしたことないし、ご飯食べにいっても話できんし、と心の底から

困惑しているTをみて、俺は「チ○ポがデカいのがそんなに、、」と理不尽な怒りを感じた。

まあ、Tは結構男らしい、格好いいといってもいい顔でもあったけどね。

「お前、、ナースだぞ、、エロいに決まってるだろ(偏見)」

「そんな、、AVじゃないし、、」

俺は自分のことのように熱く語り、とりあえず誰かにあうべし、と熱弁を振るった。

「お前童貞だろ(俺もだよ・・)やりたくね?」

「そりゃ、、、」

「じゃあ会えすぐ返事しろ」

Tはううん、、と渋っていたが、とりあえずメールの返事をするといって部屋に戻った。



ある平日に、Tはついに看護士さんの1人に会うことになった。27歳でいとこのエミちゃんに

少し似ているらしい。わかんねーよ。

昼前に出て行ったTを見送ると、俺はTとエミちゃん似(俺の中では小野真弓)とのセク−スを

想像しながら、AVを見て1人で抜きまくった。学校行けよ。

すると、Tから電話がかかってきた。

「今から寮もどるし」

「はあ?」

「いや、、やっぱり2人じゃ話もたねーよ。K君とだったら盛り上がるし」

バカヤロウ、と俺は言ったが、もう近くまで来ているらしい。

俺は尊敬する孔明の教えを必死で思い出し、Tの部屋のドアに「用事ができた朝まで帰らん」

と張り紙をすると、田舎モノの癖で開けっ放しのTの部屋に入り、わざとAVを机に置き、

安いパイプベッドの下にもぐりこみ2人の帰りを待った。



あまりにほこりっぽいので一回出てタオルを巻いていると、ギシギシと階段の音と、女の人の

声が聞こえてきた。

あれ・・・おかしーな・・と困ったTの声が聞こえ、2人が部屋に入ってきた。

黒のストッキングの小さな脚とTのでっかい足しか俺からは見えない。

「お友達いない?っていうか今誰もいない?」

もともと空いてる部屋ばっかりなんです、ボロボロだし風呂もないし、、とTの声が

聞こえる。

「鍵閉めないの?」

「え?あ?大丈夫ですよ」

でも、、と女の人は立ち上がり、鍵をしめて、なんか落ち着かないじゃん、とハートマークが

見えてきそうな声でしゃべった。

この声は、、そうだな、、小野真弓じゃなくて若槻千夏だな、と常にイメージトレーニング

を欠かさない俺は瞬時に判断した。もちろん顔なんて全く見えないんだが。



あーー、と女の声がした。はまりよったな、と俺は自分の軍師の才能が恐ろしくなった。

「エッチなビデオだー」

え?あれ?なんで?と戸惑うTの声。すまん親友。

「若いもんねー。入院してたときもさ、トイレの時とか、ね?」

いえあれはそのすいません、、。俺の未来日記(古い)通りのセリフを続ける二人。

「・・さんとか○ちゃんとか×とかからもメール来てたでしょ?」

「ええまあ、、皆さん親切で嬉しかったです」

奥深くベッドの下に潜む俺からは、崩した脚の黒いストッキングとTの太いジーパンが

見える。何やら距離が縮まっているようだ。

「なんで私にメールくれたの?」

それはその、、というTに女の人は「もしかして、一番ヤレると思った?」

事態は俺のシナリオよりもスピーディーに進んでいるようだ。

口篭もるTに女の人は抱きついてキスをした模様だ。

そのまま倒れこむ二人の姿が俺の目にも確認できた。残念ながら首から上は俺の視界

に入らない。

男の本能なのか、Tは身体を上にして、ピンクのキャミソールの女の人の身体を

まさぐり始めた。

ひらひらしたスカートがまくれ上がり、黒のストッキングの太ももがバッチリ見える。



「俺、その、、はじめてで、、」

そこで告白するか!

経験豊富そうな女の人は、大丈夫だよ、、と夢のようなセリフを言うと、責任重大だね、

などとほざき、Tをベッドに座らせた。

俺の視界には、女の人の両膝と、開いたTのふくらはぎが見えた。

こ、、この体制は、、全童貞男子の夢、おフェラチオではないのか!

事態は俺の予想通りの展開を見せた。

Tのジーパンがおろされ、たくましいふくらはぎと、足元のジーパンが見え、細い

女の人の腕と白い手のひらと一緒に、黒いトランクスも俺の目に入った。



「もう、、、凄すぎる・・」と言って女の人はくすくす笑って、ごめんごめん、、

誉めてるんだよ、といい言葉が途切れた。

「ひょわあ・・・」

なんちゅう声だすんだTよ・・。

じゅぶ・・・うつつ、、となんとも表現しようのない音が聞こえる。

フェラだ!!!尺八だ!!ナースがフェラチオ!!

俺は見えない部分を必死で想像したが、ないより音だけで充分に興奮MAXになった。

(少し休憩します。イラネかもしれませんが最後まで書かせてください・・)







出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

||||

【看護婦】巨根の友人T(前編) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ