相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】5年後に【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


秋絵さんと最初に交わったのは、彼女が22歳で、僕は29歳で営業部の係長をしていました。

その夜の事は今でも鮮明に覚えています。

秋絵は22歳で、身長は155㎝位、でも小顔で、B88、W57、H88のグラマラスな体型で、全裸になると赤い沼は、細く薄いヘアの列に挟まれて、きらめくように光っていました。

繊細な襞の折り重なった中心に、透明な蜜が溢れていました。

僕は秋絵の豊かな乳房を揉み立てていた手を、股間に差し向けて、左右の手で亀裂を限界まで押し広げました。

あの時、大きなベッドの鏡の前で、赤い噴火口のような割れ目を見せてやりました。奥はつやつやと光ったサーモンピンクの肉片が複雑に重なり合って見えます。

「係長は私が結婚しても時々は逢ってくれますか」と突然聞きます。

まだ性交を始めてもいないのに、そんな事を聞かれます。

僕の陰茎はそのときには松こぶしのように、にょっきりと逞しく姿を現しています。

それは赤銅色に艶光って、茎根は脈打ち熱い血を滾らせていました。

「結婚って?秋絵は結婚するの?」「22歳で早いと思うのですが、高校時代からの同級生で大学時代に結ばれて、本当は婚約しているのです、本当は今年の秋か、来春には結婚を考えているのです」

「えっ、それじゃこんな事してちゃ不味いんじゃないの」と聞くと、全裸の秋絵は「私は彼以外には今まで誰ともSEXをしたことがないのです。私が最初に営業部に配属されたときに、この人なら一度は抱かれてみたいと思ったのです」

秋絵のふたつの足首を掴み、自分の肩に担ぎあげます。

ほこらを作っているぬかるみの入り口に、勃って脈打つ上反りの陰茎を、蕩けた割れ目をこじ開け、みりっと重圧をかけます。はかなく身をよじる秋絵にとどめをさすように、奔馬のように押し込みました。

「丸太ん棒が入ったみたいだわ〜」掠れ切った声で言い、両手で僕の背中の筋肉を強く掴みました。




秋絵の女芯が僕の欲棒を強烈な力で締め付けます。

白い喉を見せて女体が仰け反ります。その上に身体はさらに引き付き、弓なりに反ります。

「あ〜ん、あ〜んっ。いいよ〜、いいっ、いいったら〜、いいい〜、いっちゃう〜、いく〜、いく〜っ、イクイクイク〜」

あっけなく達した秋絵の鋭い悲鳴が部屋の中に、響き渡ります。

秋絵は眼を閉じ、美貌を震わせるようによがり泣きました。

下肢が痙攣し、僕のデカマラを食い切るように圧搾します。

「イったんだね。僕も出すぞ〜、うああああ〜っ、締まってくるよ〜、逝っちゃうよ〜」

彼女の唇から洩れる喜悦の喘ぎに、僕も目も眩むような吐精感に負けて、おのれを引き抜いてドクドクと射ち放っていました。

うちの奥さんが実家に帰り出産の用意をしている時に、婚約者のいる美貌の若い女性の性器を開いて射精していました。それもこれは2回戦目なんです。

23歳で結婚して僕も結婚式で、お祝いのスピーチを言わされました。

無事新婚生活は進んでいるようでした。

でも5年経っても、赤ちゃんが出来たという話は聞いていません。

2,3年は会社で共働きでいましたが、いつの間にか、僕は他の支社に転勤になり、秋絵との関係は途切れていました。

そして今年の夏休みに、妻と子供を連れて、田舎のある博多に出かけました。

日航ホテルで夜食を食べて帰る時に、同じエレベーターで秋絵に逢ったのです。

「あっ、先輩お久しぶりで〜す。結婚式ではお世話になりました。あれからもう5年も経ちました。

奥さまはお綺麗な方ですね。」身長は155㎝に対して167㎝ですから、大分違います。

でも相変わらずオッパイはDとBでサイズは違います。

妻も40歳を過ぎ、かなりオバサンになってきました。

普段の生活での性交渉も時々思い出す程度に、月に2,3回はしますが、以前のような1時間などは掛けず、イクとすぐに引きぬ抜いて隣で寝てしまいます。

前戯や後戯は全くせずに、ティッシュでチンポを拭いて直ぐに横でいびきをかいて寝ます。

前よりは仕事がハードで、ストレスが溜まり、セックスは疲れマラの時に勃起するのでするだけです。

「今度一度ご連絡するよ、まだ引っ越しはしていないんだろ」と聞くと、「前と同じ所に住んでいます」という返事でした。

妻には内緒ですが携帯の番号も、メルアドも知っています。

帰る飛行場で妻がトイレに行った時に、秋絵にメールを入れました。

「ぜひ今度一度会って下さい」という直ぐに返事がきました。

週の終りの金曜日に連絡をすると、ご主人は北海道に同窓会があり今夜は帰らないことが解りました。

妻には今夜は友人と飲み会をして、夜は遅くなると思うので先に寝ていてくださいと、連絡しておきました。

大崎の彼女の部屋は、結婚しているので、寝室には夫婦のハワイでの新婚旅行の写真が、飾ってあります。

彼女は慌ててそっと写真を裏返して、気を使ってくれました。

頭を抱えて小柄の顔を抱えて、濃厚なキスをしました。

もうお風呂に入ったようで、薄いネグリジェだけで、大きな乳房はいまだに健在で、両腿も細く、すんなりと伸び、その付け根は飾り毛に覆われて、陰阜にはわずかに脂肪が乗って丸みを帯びています。

その下はほとんど真っすぐに縦線に近い陰唇へと続いています。

私はその裂け目に唇をつけると、舌を出して縦溝を上下に舐めました。

「ひぃ〜っ、ううう〜っ、ヒヒヒ〜」花弁からは湧き出した蜜が、ポタリポタリとシーツに染み込みます。

むっちりとした量感あふれる大腿に挟まれて、腰を抱え込み。恥毛の丘に鼻をギュッと押しつけました。

「お願い、もう欲しいの〜」彼女はもう一度溜息をつくと、両足を左右に広げてデルタゾーンを見せます。

長大なペニスをもてなす秋絵の緩めの内奥が鬩ぎ合うように、喘動を起こし、僕の淫棒を微妙に締めつけてきます。

「前の時から知ってはいたけど、課長の陰茎って硬くて素敵、誰かがサオ師だと噂していましたが、本当ですね、前に潮を洩らしたのを思いだすわ〜」

特大サイズの肉の狂器を侵入させようとしたその時に、ベッドサイドの電話が鳴り始めました。

札幌からの夫の電話でした。

蜜に塗れた花弁が、ピンク色の亀頭を待ち受けています。

もう我慢できずに、巨きな王冠を秋絵の美しい膣門にあてがい押し込みました。

電話では「今夜は一人で昔のDVDを見ているの、かなり際どいものなので、貴方のアレガ欲しくなるわ〜」と甘え声で話しています。

ぐいぐいと巨砲を膣の根元まで押し込んで、肉の杭を打ち込みます。

「あうううう〜っ、いいわ〜」受話器の前で呻き声を出しています。

エロDVDをご主人は信じているのでしょうか?

枕の横に電話を置いたまま、鼻から抜けるようなセクシーな声を上げて、自分から熱く滾った絶頂のラブジュースを、僕の肉傘に降り注ぎます。

ズルッと引き抜いて、蜜にびっしょりと塗れた肉はひどく淫らに見えます。

手で「あの電話をもう切れよ」と合図します。

彼女はもう電話のことなんか忘れていて、性交に夢中でした。

「今いいところなのでゴメン、切るから」といきなり電話を切りました。

「あううううっ、いいよ〜、私もう我慢できませ〜ん、いっちゃいま〜す、貴方も同時にイって〜」

またも枕もとの電話のベルが鳴り響きます。たぶんご主人でしょう。

ベルの音に合わせてピストンを強烈をつけて、前後に動かせます。

「秋絵イきま〜す。本当にダメよ〜、イクから〜、イクヨ〜」

頭の天辺から突きぬけるような声を張り上げて、ガクンガクンと身体を揺さぶりながら絶頂に達しました。

終わってすぐに受話器を取り、「オナニーをしていて濡れたマンコをお風呂場に洗いに行っていたの、ごめんね」などと、本当に人妻の弁解は恐ろしい言い訳です。

確かに結婚式で祝辞を述べた男性と、性交をしているなどとは口が裂けても言えませんものね。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【人妻・熟女】5年後に【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ