相互リンク先の更新情報!

【レズ】潔癖症の私が・・・(レズ編) 【告白体験談】

カテゴリー:レズの告白体験談
tag:


前回のつづき)

後日、Yちゃんからメールがあり、「旦那が浮気してるかも・・・女の勘で。旦那の様子がおかしいから相談に乗って。」と。

今度、私の部屋で飲みたいっ、て言ってきたのでカラダで慰めてほしいパターンなんですよね、いつものパターンだと。

私が原因なのにそのYちゃんをカラダで慰めることになっちゃうなんて複雑・・・。

ではYちゃんのところへ行ってきま〜す。またレポします。





Yちゃんを部屋に招くと泣きながらの相談が始まり、飲みながら早々とキス・・・。

今日は自分が火種となっているので長い時間、じっくりねっとりとしたキスを・・・。

舌を奥のほうまでお互い入れて感触を確かめ合う私たち。

「アキちゃん、私、精神的にまいってるから今日・・・めちゃくちゃしてほしい・・・」

私の部屋は少しクーラーの調子が悪くて暑い。

Yちゃんの首筋はじんわりと汗ばんでいる。

Tシャツとブラを脱がせるとYちゃんの大きなオッパイが・・・。

Yちゃんの大きいオッパイ画像は()こちら。




私は小さい(貧乳)ので()この大きさがうらやましい。

Yちゃんみたいにオッパイの下側(下乳)に汗が溜まるなんて私ではありえないです。

オッパイの下側に溜まった汗をYちゃんの乳首に塗り愛撫開始。

私が寝転がり仰向けになり、Yちゃんが乗りかかるように大きな胸を垂らす。

私が下からYちゃんの乳房を口に含む。

そう、まるで赤ちゃんがお母さんからお乳をもらうように・・・。

「アキちゃん、乳首・・・下から乳首噛んでぇ・・・んはぁっ、そう・・・すごっ・・・いい・・・」

Yちゃんの大きな乳房を揉みながら、乳首を甘く噛んだり強めに噛んだりしてYちゃんを気持ちよくさせる私。

少し強めに乳首を噛むとビクッとカラダを動かすかわいいYちゃん。

じっくりとアソコを指でいじり、じわじわとYちゃんのアソコを濡らして

クンニへ移行。

唾液をしっかりと絡めてクリトリスを激しく舐めていくとYちゃんのアソコは

ぐちょぐちょ、挿入の準備はバッチリでした。

電気を間接照明だけにしてクローゼットの中から二人で買ってあるオモチャを

取り出しました。

まずは自分でペニスの形のバンド(ペニスバンド)を巻きました。

次にローターでYちゃんのクリトリスを愛撫してYちゃんのアソコを濡らす。

濡れた液体をお尻の穴のほうへ持っていってお尻の穴用の細長いバイブ(

いわゆるアナルバイブ)で肛門入り口付近を愛撫。

滑りが良くなってきたら一気にYちゃんのお尻の奥まで入れる私。

Yちゃんのあえぎ声とローターとバイブのブイイィィン・・・という音が

部屋に響きわたりました。

アナルバイブをYちゃんのお尻の穴の奥まで挿入して固定(根元がおおきな球のようになっているので奥まで入れると抜けにくくなります)、振動をマックスにしてお尻の穴への刺激を最大にしました。

次にペニスバンドのペニスをYちゃんのアソコへ挿入、腰をゆっくり動かします。

最後に右手を使ってローターでYちゃんのクリトリスを押しつぶすように愛撫。

「ア、アキちゃん、こ、壊れちゃうよっ!!あっああんっ・・・んはぁっ!!」

「だってYちゃん、今日めちゃくちゃにしてほしいって言ってたじゃん。

お尻の穴もアソコもクリちゃんも壊れるくらいめちゃくちゃ感じてるでしょ?」

Yちゃんの旦那さんのKくんを寝取った私が、たった一週間でその奥さんのYちゃんの

カラダをもて遊んでる・・・。

その二人のカラダを手玉に取ってるようで私は興奮しちゃいました。

「アキちゃん、すごぉい・・・イケそうなの・・・もっと強く、強くしてぇっ!!」

お尻の穴のほうは最大だったので腰を強く動かし、ローターをYちゃんのクリトリス

にさらに強く押し当てて(「壊れちゃえ!!」)くらいの勢いで上下左右に押し付けると

「ああっー・・・いっ」「いっ・・・」「く・・・ぅん・・・」「・・・んぅ・・・」

と激しくオナカと胸をびくんびくんさせながらYちゃんはイッてしまいました。

しばらくして「交代だよ、アキちゃん。」とYちゃんがペニスバンドを付けて

私を愛撫してきました。

ここで!!衝撃だったのがいままでYちゃんと私でしたことのない格好でHしたこと!

私を横向き(右腕が下)に寝かせて左足をクイッと私の胸元まで押してペニスバンドを

挿入してきたんです。

(もしかしてYちゃんが他のオンナと浮気!?)とも思いましたが、

この格好(体位)ってどっかで・・・???

(私の彼氏だっ!!私の彼氏がよく私とHするときの格好だ!!)

今までこんな格好でYちゃんとしたことなかったのに、急にこんな格好で私とするなんてすごくあやしい・・・。

結局私は悶々と考えすぎてイクことができず、その日はそのまま二人で同じ

ベッドで寝ました。

次の週末にYちゃんがまた夜に遊びに出かけるということを聞いたので

Yちゃんの会社(地元同士なので私の勤務する会社から近い)から尾行すると

とんでもない事実が!(Yちゃんと誰が会い、何をしたかはみなさんの想像の通りです・・・)

またレポします・・・。





出典:潔癖症の私が寝取ってしまうなんて

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【レズ】潔癖症の私が・・・(レズ編) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

このページの先頭へ