相互リンク先の更新情報!

【芸能人】リアル鈴木有二伝説 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


ガッツ石松、本名は鈴木有二。デビュー当初は、鈴木石松というリングネームだったが、試合で少しでも形勢が悪くなると、試合放棄に近い行動を取ることがしばしばだったので、ガッツのあるボクサーになってくれるようにとの思いを込めて今の名前に改めた。因みに「石松」の由来は「死んでも直らないほどのおっちょこちょい」という森の石松から。三度笠の潮来スタイルでのリングへの登場にも迫力があった。



ボクシングの試合後、握りこぶしを握った状態で上へ向けて万歳をしたような独特の勝利のポーズをしたことから、そのポーズが「ガッツポーズ」と名づけられたといわれている。ガッツポーズは、右手が自分のための喜びを示しており、左手が観客に対する喜びという意味があるらしい。



一般にはかなりの天然ボケキャラクターとして広く認識されているが、これはテレビ出演(主にバラエティー番組)向けの演技である。事実、ボクシング解説や講演活動などでは論理的かつ正確な分析を行なうなど人生経験で培った聡明さを持っている。



現役時代、池袋の路上で弟にからんだヤクザ8人を相手に喧嘩をし、たった一人で全員KOしたという伝説的な事件を起こした(この事件の新聞の見出しは「石松、場外で8人KO」だった)。ただし現行犯逮捕された(後に正当防衛を認められ釈放された)。その時の事情聴取でガッツは「チャンピオンは“いついかなる時でも誰の挑戦でも受けなければならない”と賞状に書いてある」と言い訳したため、これ以降チャンピオンに渡される賞状からその文言が削除されている(本来は「組まれたマッチメイクを受ける義務」の規定である)。ちなみにさすがのガッツでも8人と同時に喧嘩をしても勝ち目はないと判断したのか、細い路地に誘い込み8人に対して常に「1対1」で勝負して勝ちを収めた。「1対8」ではなく「(1対1)×8回」を選んだ戦術的には正しい判断であり、格闘センスの高さを窺わせる。



ワイドスクランブルにおいて、興毅がアウェーでの試合を一度も経験していない事が議論になり司会に意見を求められた際、「アウェーって何?」などという、プロボクシング経験者とは到底思えない質問をして周囲や視聴者の笑いを誘った事もある。



「アップダウンクイズ」のゲスト解答者として出場した際、小池清が「そして、問題を出すのは…」と言った時点で早押しボタンを押し「佐々木美絵」と答えた。





出典:ウィキペディアより抜粋

リンク: 


告白体験談関連タグ

|

【芸能人】リアル鈴木有二伝説 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ