相互リンク先の更新情報!

【友達】堀さんのラストラン 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


5堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)01:48:41ID:/174RJYtO

書きにきました。



あの日も確か今みたいな寒い日だったな。

学校の帰り。その日は別に友達と帰るわけでもなく、ましては堀さんと会うわけでもなかったので俺は近くのコンビニで時間を潰しながら、親が来るのを待った。

いつもなら自転車で学校まで行くのだが、その日は雪がいっぱい積もっていたので朝と帰りは親に頼んでいた。

親が仕事を終え、迎えに来るのが5時30分。でも学校が終わるのは4時。かなり時間がある。退屈だな〜と思いながらも携帯をいじったり、本を立ち読みしながら待ち続けた。





6堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)01:53:14ID:/174RJYtO

すると窓の向こうに、堀さんが友達と歩いてくるのが見えた。しかし、2人で会う時以外は喋らない事にしているので、俺は見なかったふりをしながら本を読んでいた。

何やら話しをしながら堀さん達が店に入って来た。俺が居る事は知っていると思うがやはり話しかけてはこない。今日は約束してないしな、って思って本を読んでいると堀さん達が俺の横に立った。

さすがにちょっと気になってたのでチラチラと俺は横を見た。堀さんも俺をチラチラと見ている。



すると次の瞬間。




「じゃあまたね〜。」

堀さんの友達が店を出た。友達の姿が見えなくなると同時に俺に話しかけてきた。

「ねっ!今から帰り?」

「まぁね。堀さんは?」

「私今日は暇なんだよな〜。」

流し目をしながら俺に言ってきた。





8堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)01:58:13ID:/174RJYtO

「きょ…今日は行かないよ。もう迎えが来るからさ。」

「え〜?人がせっかく誘ってあげてるのに〜。」

さっきまで早く帰りたくてしょうがなかったが、それを聞いた途端、そんな気持ちがなくなってきた。それどころかムラッとしてきた。

実は最近、俺と堀さんのバイトの日にちが合わなくてHは全然してなかった。

俺はとっさに携帯を取り出してメールを1通送った。

「今日は友達の家行って来るから遅くなる。帰りは歩いて来る。」親宛てのメールだ。





9堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:02:21ID:/174RJYtO

周りをチラチラ見ながら堀さんに言った。

「じゃあ…お邪魔してもいい?」

「もちろん。行こ。」

やっぱ堀さんの誘いには断れない。どうしてもムラムラしてきてしまう。



そして雪道をザクザクと歩いて行きながら堀さんの家へ向かった。雪道だったので、いつもより時間は掛かったが無事に着いた。お決まりで誰もいない。堀さんは知っていたんだと思う。

「う〜。寒い〜。」

少し早足で堀さんは階段をトントンと上って行った。俺も寒かったので早足で行った。





11堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:04:40ID:/174RJYtO

部屋のストーブが点くまでの間、堀さんは机の引きだしや、鞄の中に手を入れ何かを探していた。

「どうしたの?」

「ん?ゴムがなくってさ…。」

少し吹き出しそうになった。すごいやる気マンマンだ。俺は堀さんの探す姿をずっと見ていた。

「ん?あっ!あったあった!はいこれ。」

俺にゴムを手渡した。どう反応して受け取ればいいか分からなかった(笑)

部屋が暖まるまでは2人でストーブの前にくっついて座っていた。





12堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:10:39ID:/174RJYtO

「・・・・・」

会話がない。とは言っても何を話せばいいか分からないけど。堀さんも無言だ。

すると何やら横で堀さんがゴソゴソしている。

「黙ってても面白くないよ。やろうよ。」

ブレザーと首に巻いていたマフラーを脱いでいたのだ。

「う…うん。そうだね。」

久し振りなので少し緊張してきた。

「はい。」

堀さんは背筋を伸ばして俺の方を向いて座った。

「ん?何?」

「脱がしてよ。自分で脱ぐのめんどくさいもん。」

いつもしている事なのに緊張してきてしまった。焦りながらも慎重にボタンを1つずつ外していった。





13堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:19:10ID:/174RJYtO

「どうしたの?緊張してない?」

「うん、まぁ少しね。…キスしていい?」

ニコッと笑ってうなずいた。チュッと軽く唇を当てた。するとさっきのが嘘のように緊張がスーッと解けた。安心したのだろうか。

「大丈夫?」

「ありがとう。もう大丈夫だよ。」

再びボタンを外し始めた。さっきよりスピードを上げて。上半身をブラ1枚だけにすると、堀さんはスカートを脱いだ。

「じゃあ俺も脱ぐね。」

俺もパンツ1枚に。しかし裸になって分かった。…寒い。堀さんも体が少し震え始めた。でも絶対にやめないと思うので、ストーブの前から離れずに続きを始めた。





15堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:22:43ID:/174RJYtO

軽く下着の上から愛撫。上からでも柔らかい。すぐに生が見たくなってブラを外した。胸を触って気付いた。乳首が立っている。

「興奮してる?」

「寒いの!」

恥ずかしそうな顔をしていた。多分感じたんだと思う。胸を揉んで次は下。

「ちょっと腰を上げてくれる?」

「うん…。はい。」

膝を立てて座った。体を密着させて手を伸ばしてパンツの両端を持ち、そのままスルスルと手前に引いていった。

いい眺めだ。目の前には全裸の堀さん。やっぱり恥ずかしいのだろう、手でマンコを隠していた。

「毎回見てるもん。手どかしていいよ。」

「じゃあ早く脱いでよ。私だけはやだ。」

俺もさっきから張って痛かったパンツを脱いだ。俺が何も隠してないのを見ると堀さんも手をどけた。

久し振りに見る、少し黒見がかかった堀さんのマンコだった。





16堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:26:45ID:/174RJYtO

「久し振りだから舐めてもらってもいい?」

「いいよ。」

俺は手を後ろに置き、堀さんがフェラしやすい格好を作った。

堀さんは体を低くし、俺のチンポを右手で軽く握った。最初はゆっくりと上下に擦って、次に舌を使った。裏筋をタマの所から先っぽにかけてペロッと舐めた。舌の感触が良い。

口に咥えずに、カリや裏筋を入念にペロペロと舐める。俺の気持ちいい箇所を知っているようだ。そして最後は先っぽを舌で舐めた後、そのまま口の中へ。

ゆっくり、早くと変化をつけながらピストンをしていった。時々抜いては、先っぽを舌で左右にペロペロを舐めたりもして。

「気持ちいい?」

「う…うん。やっぱうまいね。」

しばらくは繰り返し行った。「出そう…。」限界がきた。堀さんはフェラをやめ手コキに移った。ティッシュを左手に持ち、発射と同時に押さえてくれた。





17堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:32:40ID:/174RJYtO

「ふ〜。気持ち良かった…。次は俺がするよ。」

堀さんを床に寝せて、足を開脚。周りは黒っぽいが、中はきれいなピンク色。手マンはせずに、そのままクンニ。

少し臭ったが懸命に舐めた。「ピチャピチャ…」舌で全体を舐め回すように。

「んぁ…くふぅ……」

声が出てくるとマンコから汁も溢れ出た。

「気持ちいい?」「うん…。」小さな声で堀さんは呟いた。堀さんは指はそうでもないが、クンニだとすぐに濡れる。





19堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:36:21ID:/174RJYtO

堀さんの足を開いたままの状態で俺はゴムを付けた。

「入れるね?」

黙って頷いた。マンコにチンポを当ててゆっくりと前に腰を押していった。

「ギチギチギチ…」堀さんのマンコにチンポが入っていく。体はストーブで暖められ、チンポは堀さんのマンコに暖められていた。

暖かさを味わってピストン開始。してる事はいつもと変わらないのに、すごく気持ち良く感じた。早漏気味なので長くは保たないと思うが、堀さんにも気持ち良くなってもらいたいと必死だった。

俺の懸命のピストンに堀さんも応えるかのように声をあげていた。

「あ…ん…ああぁ…んん…」かわいい声。興奮も高まる。





20堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:41:47ID:/174RJYtO

早く終わってしまうと思ったが何故かいつもよりも保った。

長い分、快感も続いた。

「ジュブジュブ…」結合部からすごい音が漏れていた。すると限界が。まだ出しまいとゆっくり動かしたりしたが、あまり意味がなかった。

最後は毎回のように堀さんを抱き締めフィニッシュ。すると堀さんのマンコにも力が入ったのかチンポがキュウッと締め付けられた。これはすごかった。



する前はあんなに寒かったのに、した後はかなり暑かった。ストーブの前でしたのもあると思うけど。

「久し振りだからかなり良かったよ。」

「私も。気持ち良かった(笑)」

そんで汗を拭いてから服を着た。確か8時くらいまで喋ってから家に帰った。雪がさらに積もってて帰るのが大変だった…。



以上で終わりです。久し振りに書いたので文章が変かもしれないけど、許してね。





22堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)02:47:44ID:/174RJYtO

読んでくれた方、支援してくれた方ありがとう。また書きに来ますよ。

早ければこの連休にでも。





24堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)10:52:10ID:/174RJYtO

卒業しても春休みには何度か会いました。でもその後はそれっきり会ってません。

というのも堀さんが県外に出てしまったので会いたくても会えません…。寮で暮らしてるらしく、場所もいまいち分からないので。





41堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/09(土)19:14:08ID:/174RJYtO

25

遅くなりましたが、今年で20歳です。もちろん俺も。

寮に住むって言ってたんだけど今は何をしてるか分からないです。もう連絡も取ってないので。

どうでもいい事ですが、一応書いておきました。





48堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)02:32:17ID:cMZmmbKnO

これが最後です。。



最後は春休みの学校の帰りだった。本当なら休みなんだけど俺は学校で使っている自分専用のロッカーを取りに行っていた。

その日は俺以外にも何人かの人もロッカーを取りに来ていた。その中には堀さんの姿もあった。次々にみんながロッカーを持って帰って行った。すると堀さんもロッカーを重そうに両手で持ちながら、俺のところに来た。

「大丈夫?俺が持とうか?」「大丈夫だよ。それにA君だって持ってるんだから私の持てないでしょ。」

あまりに重たそうに持っているので心配して声を掛けたが、よく考えたら俺も持って帰らなきゃ行けなかった。





49堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)02:35:11ID:cMZmmbKnO

「来月にはもう社会人だね。」

「そうだね。てか堀さんってどこ行くの?」

「う〜ん…教えない!」

圏外に出る事は知っていたが、働く場所は教えてくれなかった。

帰り道。堀さんがもう会えないと思うから最後にうち来ない?って言って来た。もちろん行く事にした。

その日も雪がすごくて、しかも重いロッカーを持って歩いたからかなり時間が掛かった。いつも着く時間の倍近く掛かって堀さんの家に着いた。でも休日なので、時間はたくさんある。





50堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)02:37:46ID:cMZmmbKnO

堀さんの部屋は少し暖かかった。聞くとストーブを消してすぐに家を出たらしい。堀さんはロッカーを置き、ベッドに腰掛けて俺に言った。

「ねぇ。もう会えないかな?」

久し振りに堀さんの暗い声を聞いた。

「大丈夫だよ、連絡取れるんだから会おうと思えば会えるって!」

励ますよう感じで俺は言い返した。

変なきっかけでなった関係だが、俺にとってみれば手放したくない関係だ。これからの人生でこれほど最高の関係は多分もう出来ない。





51堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)02:40:32ID:cMZmmbKnO

「…ここ来て。」

俺は立ち上がり堀さんの横に座った。

「私達…今までどれくらいしたかなぁ?」

「かなりの回数したよね。」数えてないが回数は前に付き合っていた彼女を軽く越えている。100回はいってないと思うけど。

いつもは部屋に入るなりすぐにH!だったんだけど最後は違った。何故か今までの事を色々と喋っていた。どれくらい喋ったかな、時計は見てないが結構な時間が経っていたと思う。

そして遂に堀さんが言った。「最後に…やろうよ。」

「もちろん。」

これが高校生活最後のエッチだった。





53堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)02:42:32ID:cMZmmbKnO

最初はキスから始めた。俺から唇を離すと堀さんはまた唇を当ててきた。5分くらいはずっとしていた。

キスを止めると堀さんはマジマジと俺を見ていた。脱がしてのサインのようだ。最後の制服姿。慎重にゆっくりと1枚1枚丁寧に脱がした。スカートも靴下も脱がした。

「ダメ。全部。」

「もう?早くない?」

「いいの。」

堀さんの言われるままにブラもパンツも一気に脱がした。見てられず、俺も全部脱いだ。あんなに早く脱いだのは初めてだ。





54堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)02:44:57ID:cMZmmbKnO

脱いだのが早かった分、前戯が長かった。指もクンニもいっぱいしたのに、堀さんは中々入れさせてくれなかった。もうバシャバシャに濡れてて、いつでも入れられる状態なのに。

「もっと強くして…。」

一向に前戯が終わらないので、俺も本気になり指で思いきりした。

「ジュブジュブジュブ!」堀さんのマンコからすごい音が出ていた。

「あぁぁぁぁぁ…!!!あんっ…あぁ…!」声も一段と大きい。

「堀さん…まだダメ?もう限界かも…」

「まだ…舌も…」







55堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)02:48:09ID:cMZmmbKnO

マンコからはダラダラと汁が流れていた。その汁を舐めとるように俺はクンニをした。舐める→吸うを繰り返し行った。マンコはすごい状態。堀さんも感じまくり。

「いいよ…入れて。あと…付けないでいいから。」

「え?大丈夫なの?」

黙って首を縦に振った。俺はかなり興奮していたのでそれ以上は聞かずに、生でやってしまった。

少し腰を前に出すだけでニュルッと中に入っていった。マンコのヌルヌルがいつもより多かったので、気持ち良かった。締め付けと、暖かさとヌルヌル感。この3つが合わさって最高の快感だった。





56堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)02:51:07ID:cMZmmbKnO

体も暖かいが、チンポが1番暖かみを帯びていた。トクントクン…と脈を打っている。動かしたら速攻でイッてしまうのではないかと思うくらい。早くイッてはダメだと思いながら、ゆっくりと腰を上下に動かした。

「ジュジュジュ…スブブブ…」

生は2〜3回体験したが、これが1番気持ち良かった。包み混んでくる感じがたまらなく良い。

「はぁはぁ…これやばい。」「私も気持ちいい…!もっと早く動かして!」





57堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)03:01:16ID:cMZmmbKnO

すぐに終わるのは仕方ないが、とにかく中に出さない事を考えて腰を振った。

「はぁ…はぁ…」

俺も自然に声が出てしまう。「あっ!…んっんっ〜〜!」堀さんも気持ち良さそうだ。動かしてすぐに限界が来て、抜いた。

そして1〜2秒後くらいに発射。勢いもそうだが、量が半端なかった。真っ白なドロドロの液がシーツと堀さんの足に飛んだ。とっさに手で押さえたが止まらない。

「堀さん、ゴメン…。シーツにめちゃ掛かっちゃった…。」

「はぁ…はぁ…洗えばいいから。」

そう言ってベッドに沈んだ。

俺は手に付いた精液とシーツに落ちた精液を出来る限り拭き取った。あと、堀さんの性器も。





58堀さん◆EKwHaA83h2sageNew!2006/12/10(日)03:05:53ID:cMZmmbKnO

最後は2人で裸のままベッドの中にいた。

「また会えるよね?」

「会えるって!」

みたいな感じの会話をしながら。堀さんはずっと聞き直していた。

喋ってる間に俺達は寝てしまったようだ。起きて時間を見ると、7時を越えている。慌てて堀さんを起こした。

「ん…?」

少し寝ぼけたような感じで堀さんは目覚めた。

「俺行くよ。…じゃあまた会おうね。いつになるかは分からないけど、連絡は絶対にするからさ。」

「絶対だからね。次に会った時もエッチしようね。」

眠たそうな顔で堀さんは言った。

俺は着替えてロッカーを持ち、堀さんの家を後にした。



パターンが同じような文章もたくさんありましたが、これで終わりです。間を空けたのに今更になってこんなにいっぱい書いてすいません…。



今まで支援してくれた方ありがとう。嬉しかったです。『堀さん』これで終了します。





出典:高校時代のえっちな思い出Part26

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【友達】堀さんのラストラン 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ